2002WC騒動・ウリナラマンセー編2


おおまかな流れと国内記事記事はこちらこちら
ウリナラマンセーその1はこちら
その他諸外国の記事はこちらこちら
総括はこちらです。

7月18日
【李天秀、3億2000万で蔚山入り】朝鮮日報
 ‘ヒディンク師団の皇太子’李天秀(イ・チョンス/21/高麗大)が結局、蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)入りを決めた。 蔚山現代のシン・フンギョン事務局長は14日「近く李天秀の入団調印式と関連した報道資料を発表する」と明らかにし、入団契約を既成事実化した。
 李天秀の一次的な入団条件は新人選手の上限額である契約金3億ウォンと年俸2000万ウォン。蔚山現代と李天秀側は最大の争点だった海外進出時の条件に関しても合意に至った。海外のチームにレンタルする場合、レンタル料の全額は李天秀側が受け取り、完全移籍の場合には7(李天秀側)対3(蔚山現代)で比率を調整した。
7月16日
【アン・ジョンファン代理人多くて混線】スポーツトゥデー
 所有権問題でペルージャの力強いタックルを受けている ‘指輪の帝王’ アン・ジョンファン(26)が委任状を濫発,接触中の球団から不信を受けている。(中略)アン・ジョンファンが委任状を濫発したことは自分の去就に対する不安が最大の原因だった。
7月10日
審判が不公正だったとの意見に憤怒する韓国人
 キム・ヨン・ホーは言う、「韓国がおこした第二の奇跡だ」。キムには韓国代表がイタリアとスペインから挙げた勝利は、公正とか正当という言葉からはかけ離れたものだ、などと非難する声が山ほどあるなどとうてい受け入れがたい。
「私たちはそういう嘘を聞いて、とても腹立たしいです」
 キムは小さい会社の社長で、韓国代表がスペイン代表に勝利したときには、数十万人の人々と同様に、我を忘れて喝采を叫んだ。
「どこの誰がそんな文句を言ってるんですか?」 「韓国の第一の奇跡は」、キムがいうにはハイテク時代の工業国として、世界のリーダーの一つになったことだそうだ。「ワールドカップでの勝利が第二の奇跡です」、とキムが叫んだ。
「言いたいことを言わせておけばいい。だが、我々の勝利を奪うことはできないんだ」
 韓国人にとって、勝利も審判の誤審によって色あせただとか、いわんや試合は八百長だったなどという当てこすりは、代表チームだけではなく国全体への侮辱なのだ。
「韓国人は過去に正しく評価されていませんでした」
 オフィス勤めのパク・ナン・グユーは大国に抑圧された歴史からくる国民のコンプレックスを表した。
「私たちは数多くの差別を受けてきました。スペイン、イタリアのほかにも多くの国から差別されてきたのです」
 韓国代表が準決勝に進み、ドイツ代表と火曜日にソウルで対戦するという痛快な気分の中では、韓国人は彼らにとって代表チームや国から勝利を奪うもくろみ、と思われる行為には憤慨せざるを得ない。国にとって最近こんなに栄えある時はなかったのだ。
 スペインとの試合をスタジアムで見た赤いシャツのファンたちと、公共の大型スクリーンで見た国中の数百万人から、審判が腐敗していたのではとの問いに対し返ってきた答えの中で、もっとも穏やかな返答は、敗者がそう言い訳するのは当然、というものだった。
「試合は公正だったし、韓国選手はベストを尽くした」、学生のキム・スン・ユンが言った。「彼らがなんと言おうと、そんなのは弱いと思ってた国に負けたチームがいいそうなことさ。韓国が負けてたら、僕たちが同じようなことをいってたかもしれない」
 韓国代表監督のフース・ヒディンクも同じような返答したことがある。ある外国記者が、「エジプト人のガマル・ガンデゥール主審が、試合中にあなたのところによってきて冗談を言い合っていたのを見たが、あなたが疑われることになりませんか」と質問したときだ。 「そうは思わない」、すかさずヒディンクは言い返した。見たところ、無礼な質問をされてあきれた、といった風情だった。「負けは負けと認めなければならない。負けたチームは自身を見つめ直し、失敗から学ばなければならないんだ」
 韓国代表のスポークスマン、フー・ジンは韓国外務省からの出向だ。最初にヒディンクに会ったのは在オランダ韓国大使館の一等書記官だったときで、そのころのヒディンクはオランダ代表監督だった。フーは韓国人にヒディンクの例にならうよう勧めた。
「私もそういう不正についての噂をイタリア戦の後に聞きました。そういう話は負けた国のマスメディアが作り出すものです。マスメディアと戦ってもどうにもなりません」
 外向的手腕をもって、フーは非難をまとめて見せた。
「ばかげた話ですよ。イタリア代表やスペイン代表が勝っていたら、彼らはそんなことを言いやしません」。そして、彼もまた付け加えたのが、「私たちがイタリア人やスペイン人の立場だったら、同じような主張をしていたかもしれませんね」。と言ってみても、韓国人にとってたいして慰めにならない。
 先進大国、とりわけかつての支配者にして抑圧者、現在はワールドカップの共催国である日本に対して、韓国の存在をワールドカップを通して誇示しようと努めている韓国人は、韓国を軽く見ようというたくらみを感じているのだ。
「私たちは疑わしいことなど何も見ませんでした」、最近ソウルでも有数の大学を卒業したキム・ヒエ・スーは言う。「試合が公正でなかったなんて、韓国人に対する侮辱ですよ」
 韓国人が敗者、まずイタリア人、次がスペイン人だったが、に対していくらかは理解かあるいは同情をしているかもしれない。いずれにせよ、彼女は韓国の外国人に対する伝統的な反応をして見せた。韓国人は外国人にかつて主権を踏みにじられたとの強い思いがあるのだ。
「私たちは言うんです。彼らは彼らの国に帰ればいい、って」
「負けたら審判のせいだと言うだろう」とは、その後の韓国チームがあらゆるスポーツ分野で示して下さいましたね。判定が正当であると思えば、どの国の選手だって判定にケチをつけたりはしませんが、韓国だけは例外のようですね。
日本が抑圧者だったとは笑わせてくれます。高麗朝や李氏朝鮮と比較してみなさいよ。元朝を相手に女性1人絹12匹で売って収入にしていた時代や、「耕しても租税で根こそぎ持っていかれるから」耕さなかった時代が抑圧の時代ではなく、人口も平均寿命も石高も併合前の2倍以上になった時代が抑圧の時代だったとでも言うつもりですか?それとも漢字は読めませんか?
無理に存在を誇示しようとするから軽蔑されるのですよ。図抜けた犯罪気質の民族であり、他民族を差別し、「自称被害者」の立場を利用した加害者になっているから、逆に差別を受けるようになるんですよ。
キム・ヒエ・スーさん、あなたのその最後の一言は素晴らしい。是非「在日同胞」にも贈ってあげて下さい。
7月7日
W杯が自殺を防いだ?】 文化日報
W杯期間中、自殺件数が大幅に減った事が明らかになった。特に、W杯の熱気と自殺率は反比例するものと分析された。
7月6日
【コラム ソウルからヨボセヨ 皮肉な?オランダ・ブーム】
 W杯サッカーでの韓国大健闘の背景にはオランダ人のヒディンク監督の指導があったということで、彼は今や韓国で英雄になっている。名誉国民として「次の大統領にどうか」といった冗談も出るほどだ。
 彼にあやかって「ヒディンク・ホテル」も登場している。旅行社は彼の故郷を訪問する海外ツアーを計画し、オランダ・ビールの「ハイネケン」も人気だ。テレビも競ってオランダ紹介をやっている。時ならぬオランダ・ブームなのだが、その中で「ヒディンク・ハメル記念公園」を作ろうという話がある。
 「ハメル」とは「ヘンドリック・ハメル」のことで、一六五三年に船が台湾から長崎に向かう途中難破し、韓国南部の済州島に漂着したオランダの船員である。韓国にとっては歴史上、最初に出会ったオランダ人である。
 ところが当時の朝鮮は厳しい鎖国状態でハメルは十二年間も幽閉され、最後は仲間七人と奪った船で命からがら日本に脱出し、日本経由で一六六八年オランダに帰国している。彼の「朝鮮幽囚記」(邦訳)は朝鮮を初めて詳しく西洋世界に紹介した文献として有名である。そして、このオランダ人に対する日韓の姿勢の違いが後の日韓の発展の差になったのだったが…。(黒田勝弘)
7月2日
【韓国 - ファンが選ぶ今大会ベストチーム】2002年 7月 02日, 18:40 ソウル - 東京 FIFAworldcup.com
今回のFIFA ワールドカップにおいて、韓国代表は見る者を楽しませる素晴らしいチームだった。これがファンによる公式見解である。共催国の代表チームは、FIFAworldcup.com で行われた今大会で最も魅力的なチームを選ぶ投票で、全体の61%の票を獲得した。
全世界の合計36万5,619人のサッカーファンが、「エンターテインメント性」と「フェアプレー」、そして「観客に与える興奮」という基準を最も満たすプレーをしたのはどのチームかという問いに対して、自らの意見を投票した。その結果、フース・ヒディンク監督率いる韓国代表がノミネートされた6チームの頂点に立った。
韓国代表はまた、今大会への貢献度に関してもトップクラスだった。
韓国 61% (226,636票)
トルコ 19% (70,300票)
ブラジル 8% (32,002票)
セネガル 5% (19,564票)
アイルランド 2% (10,071票)
ドイツ 1% (7,046票)
なんでそんなにあからさまな作為が好きなんだろうねえ、彼の国の人達は。
【世論調査】「対イタリア戦が最も痛快」 中央日報 今回のワールドカップ(W杯)で韓国国民は「韓国−イタリアの決勝トーナメント1回戦」が最も痛快な試合だったと考えていることが分かった。
 世論調査の専門機関「インサイトリサーチ」(朴修一(パク・スイル)代表)が先月30日、ソウルをはじめとする全国7都市の男女710人(13〜59歳)を対象に韓国代表チームの今回のW杯についての電話アンケートを実施した結果、最も痛快に戦い、最後まで手に汗握って観戦した試合として全体回答者の45%が対イタリア戦を挙げた。以下、スペインとの準々決勝戦(25%)、ドイツとの準決勝戦(14%)と続いた。
 今回のW杯で最高のゴールを問う質問には、全体回答者の22%が対ポルトガル戦で朴智星(パク・ジソン/京都)が記録したゴールと答えた。最も人気のある選手の上位3人は、安貞桓(アン・ジョンファン/ペルージャ/12%)、洪明甫(ホン・ミョンボ/浦項/11%)、朴智星(9%)の順だった。
 一方、レッドデビルのトレードマークである“赤いTシャツ”は71%が所有しており、街頭応援には55%以上が参加したと答えた。また、全体回答者の69%が今後、W杯よりも楽しいことはないだろう回答した。
 しかし、プロサッカーKリーグの試合にも必ず行くという回答は30%に過ぎず、今回のW杯のサッカーブームがそれ程Kリーグに影響を与えないことが分かった。
金載勳(キム・ジェフン)記者 2002.07.02(火) 20:39
イタリア戦・スペイン戦合わせて70%ですか…性格歪みまくりだな、この民族は。ドイツ戦と答えたのが14%もいるのが救いかもしれんが。
7月1日
イタリアが再戦を望んでるっつーのは結局止めたみたいだね。いや、たいぶ前からわかってたんだけどさ…。
【北朝鮮、韓国にW杯の祝賀書簡を伝達 日本共催については触れず】ZAKZAK
 【ソウル1日共同】韓国の統一省によると、北朝鮮は1日、サッカーのワールドカップ(W杯)で韓国の躍進を祝う李光根・北朝鮮サッカー協会会長(貿易相)の書簡を板門店の連絡官接触を通じ伝達した。
 書簡は、W杯韓国組織委員会会長の鄭夢準・韓国サッカー協会会長あてで、W杯で韓国が「立派な成績を収めた」とたたえた。日本との共催については言及していない。
 北朝鮮は30日の朝鮮中央通信で、祝賀書簡を鄭会長に送った、と全文を紹介していた。
( ´_ゝ`)フーン
【日韓関係向上が8割超 W杯共催で全国世論調査】中日新聞
 共同通信社が六月三十日と七月一日の両日、日本と韓国が共同開催して閉幕したサッカー・ワールドカップ(W杯)について全国電話世論調査を行った結果、共催が日韓両国の関係強化にプラスになったとする回答が合わせて82・6%もあった。開幕半年前の昨年十一月に実施した調査と比べると、韓国との共催を評価する回答と、韓国への親近感も大幅に高まった。
 サポーター交流などを通し、若い世代を中心に日韓新時代を開いたとされるW杯の共催意義を裏付けた。
 共催が日韓関係強化に「大いにプラスになった」は26・7%、「ある程度プラスになった」は55・9%あり、「あまりプラスにならなかった」は10・6%だった。大会ではアジア初のベスト4に進出した韓国チームの活躍に、日本からも応援する声が上がり、両国にこれまでなかった連帯感が生まれた。
 日本は招致段階では単独開催を目指していたが、歴史的な共催となった。韓国との共催については「共催してよかった」が63・6%で、昨年十一月に実施した日韓合同世論調査(日本側調査結果)での「共催になってよかった」31・9%からは倍増した。
 W杯を終え、韓国に対する親近感も「とても親しみを感じる」が16・3%(昨年十一月9・5%)「ある程度親しみを感じる」が53・4%(同43・6%)とともに増え、親しみを感じるとの回答は16・6ポイント高くなった。
 大会の成否を尋ねた質問には「成功したと思う」が80・1%と大勢を占め、「成功しなかったと思う」は8・5%にすぎなかった。
 日本が初めて決勝トーナメントに進出し、空前の熱狂を生んだ大会は、入場券のトラブルや審判員の誤審問題などもあったが、地球規模の祭典の素晴らしさが大半の支持を得た。
へえ。一体誰の世論ですか?
【韓国経済:5千億円超のW杯効果 政府系研究所が分析】毎日新聞( 2002-07-01-21:36 )
 「経済も世界のベスト4に」。W杯サッカー開催成功と韓国代表の活躍で、韓国政府は大きな経済的効果を得たとみている。これをきっかけに経済面でも日米欧と肩を並べる水準まで跳躍したいという意気込みだ。
 韓国政府系の韓国開発研究所は、W杯の付加価値が5兆3000億ウオン(約5300億円)に上ると推定、約30万人の直接、間接的な雇用創出効果があったと分析した。
 また、民間の経済研究所によると、97〜98年の通貨危機で損なわれた国家イメージがW杯で回復、100兆ウオン(約10兆円)と韓国の国家予算にほぼ匹敵する経済効果を得たとしている。特に韓国代表のベスト4進出では、30兆ウオン(約3兆円)の効果があったと推計した。
 主力の輸出も韓国企業のイメージ向上で10%程度の増加が期待できるという。W杯公式スポンサーの現代自動車は、日本での認知度が今年2月の32%から6月には67%に倍増したとの調査もあり、今後、対日輸出が増加するとみている。
 韓国政府は6月26日に、W杯後の経済分野での活性化策をまとめた。W杯を通じてアピールしてきた情報技術(IT)産業の発展ぶりなどを武器に、毎年6%成長を続けると予測。2010年には1人当たり国民所得を現在の3倍以上の3万ドルに引き上げるという野心的な計画だ。(ソウル共同)
へえ。じゃあついでに戦後補償の有償分5億ドルも一緒に返してくれないかなあ。
【W杯は最高の選挙運動? 大成功誇示した鄭夢準氏】(共同通信)
 韓国がFIFAワールドカップTMでベスト4まで勝ち残ったことで、韓国組織委員会会長の鄭夢準氏は代表チームを引き連れ、全国主要都市を転戦、ソウルに凱旋(がいせん)したことになる。「W杯大成功」を土産に、年末の大統領選に出馬表明するとの見方が強い鄭氏にとって、ベスト4は全国民に成果を誇示する最高の「選挙運動」だったといえそうだ。
 しかし、韓国チーム快進撃の裏で、鄭氏が出馬母体にする可能性があるとみられていた与党の新千年民主党(民主党)が統一地方選で惨敗、分裂説も出てガタガタになった。ここに新党結成の行方も絡み、鄭氏はW杯後の身の振り方が最も注目される1人となっている。
 鄭氏は韓国の大手財閥、現代グループの創業者、故鄭周永氏の六男。国際サッカー連盟(FIFA)副会長、韓国サッカー協会会長を務める無所属国会議員。
 各地での韓国戦後には、必ずピッチでヒディンク監督らと抱き合い、存在感を観衆にアピールした。鄭氏は中国戦を韓国で行えるよう事前に手を回しただけに、政界には「韓国戦の会場選びには意味がある」とのうわさもある。
 初戦は野党ハンナラ党の勢力下にある韓国第2の都市、釜山。現代グループの企業城下町、蔚山からも近い。昨年12月の組み合わせ抽選会に続き、歴史的なW杯初勝利でくさびを打ったとの見方もできる。
 第2戦も同党の拠点、大邱。小学校の同級生で、大統領選に向け連携を模索する故朴正煕大統領の長女で新党「韓国未来連合」代表の朴槿恵議員の地盤。
 決勝トーナメント進出を決めた仁川は首都圏の大都市。ベスト8入りを決めた大田は忠清道地域の中心都市で、選挙の重要ポイント。この地域の票がキャスチングボートを握ることが多い。
 ベスト4入りを決めた光州は民主党の牙城。仮に新党を結成するとしても、民主党の一部勢力との連携が不可欠な鄭氏にとって、ぜひとも攻略の必要がある所。準決勝のソウルは全人口の約4分の1が集中する全国1の大票田だ。(ソウル共同=角田卓士)[7月1日1時9分更新]
【韓国とセネガルが最高のチーム】中央日報
 2002ワールドカップ(W杯)“最高のヒット商品”は韓国だった。ブラジルが通算5度目の優勝を果たして頂点に立ったが、実質的な勝者は韓国だった。米国のワシントンポストとロサンゼルス・タイムズ、英国のBBCなど世界有数のメディアは、W杯決算特集を通じて一斉に “韓国賞賛”を行った。
 ワシントンポストは先月30日「アジアで初めて開催された今大会で、近来のサッカー史上最大の異変が続出した」と報じながら、韓国・トルコの4強進出と米国・セネガルの8強進出を例に挙げた。
 ロサンゼルス・タイムズも韓国とセネガルを“最高のチーム”に選出した。同紙は韓国がグループリーグD組最終戦で、ポルトガルに引き分けても16強進出が可能であったにもかかわらず、最善を尽くすスポーツマンシップを発揮して1−0で勝利するなど4強まで進み、セネガルもW杯初出場ながら8強まで進む旋風を巻き起こしたと報じた。
 W杯最高の名勝負にも韓国戦が選ばれた。ワシントンポストとロサンゼルス・タイムズは韓国がイタリアとの決勝トーナメント1回戦で、全世界のサッカーファンに最高の贈り物をしたと評価した。
 韓国は18日、大田(テジョン)で行われたイタリア戦でPKに失敗、先制ゴールを許してから後半終了間際に劇的に同点に追いつき、延長戦ゴールデンゴールで117分の死闘を終えた。
 BBCは先月4日、釜山(プサン)で行われたグループリーグD組初戦の韓国対ポーランド戦を印象的な試合として選んだ。数十万人が街頭に繰り出して街を赤く染め、それ以降、世界を驚かせる“街頭応援シンドローム”を触発し、韓国が2−0でW杯初勝利を収めたという点で意義深い試合だったと報じている
 韓国選手に対する評価も続出している。ロイター通信と英紙ガーディアン、日本のスポーツニッポンは、韓国代表主将のDF洪明甫(ホン・ミョンボ/浦項)を独自選定したベストイレブンに入れた。米国のスポーツ専門放送「フォックススポーツ」は柳想鉄(ユ・サンチョル/柏レイソル)と安貞桓(アン・ジョンファン/ペルージャ)をベストイレブンに選び、フース・ヒディンク監督を最高の名将に挙げて「天才」と賛辞を贈った。
成鎭赫(ソン・ジンヒョク)記者 2002.07.01(月) 20:41
強力な電波を感じます。
6月30日
トルコ戦での判定に関して韓国委員会が誤審を主張する動きは今のところないが、その代わり員数合わせが始まった。準決勝での韓国のフェアプレーポイントが1000点満点だとよ。
(゚д゚)ハァ?フェアプレーポイントってのはサポーターの姿勢も問われるんだろ?「ヒトラーの息子達は帰れ!」とかカーンやクローゼの遺影を作って持ってきてた連中のどこが「満点の応援」なんだ?しかも奴等はハーケンクロイツまで持ち出そうとしたんだぞ?そもそもファウル19や警告1は無視ですか?
【ドイツvs韓国、ナチスの横断幕を撤去】(2002.6.25)
ソウルのワールドカップ競技場で開催されているW杯準決勝のドイツvs韓国戦で、試合前にスタンドに掲げられたナチスのカギ十字マークの入った横断幕が警備担当者によって撤去されていたことが明らかになった。横断幕は韓国サポーター"レッド・デビルス"によって準備されたものと見られ、ドイツの選手たちがグラウンドに現れる前に撤去された。 FIFA(国際サッカー連盟)はスタジアムでの一切の政治的、民族的、宗教的プロパガンダを禁止している。 (AP)
「NO_NAZI」 「ヒトラーの息子達よ、去れ」 遺影1 遺影2
…ああそうか、今回はこっちに金を回して審判買収がお留守になったんだね?「トルコが相手なら実力でもまあ何とかなるだろう」とか思って。プッ

韓国ネチズンの捏造も留まるところを知らない。今度は国立の勇者たちが韓国人サポーターの手柄にされて、Yahooスペインの記事に紹介されたらしい。事実を確認する気はもう起きない。ただ1つ言えることは、「奴等ならやりかねない」。

決勝戦を前にして、天皇皇后両陛下と金大中韓国大統領夫妻、そしてドイツ首脳が貴賓席に入る。
と、ここでちょっとしたハプニング。なぜか天皇陛下の前を歩いていた金大中が最奥の席を空けて立ち止まり、さっさと手を振り始める。おかげで天皇陛下は先に進めず、金大中に「ちょっと道を開けて下さい」とジェスチュア。しかし金大中無視。結局陛下は金大中の後ろをこそこそとお通りになる羽目になった。それでも金大中気遣い一切ナシ!彼の国の輩はどこまでも傍若無人だな。国辱レベルの行為を平然とこなして恥じ入るところがない…。そんな事でよく「天皇陛下の訪韓を望む」なんて言えるな。つーかな、人として最低だよ。「前を譲る」「道を譲る」「道を開ける」こんな当り前の事もできんのか。こんな奴が大統領を務める国って一体…。
皇后陛下も似たようなことになったが、これは夫人が気を遣ってくれたので多少は救われた。
【鄭夢準閉会式にて】
 本日、閉会式を迎えるにあたり、選手としての高い栄誉と誇りを自覚し、FIFAの指導にしたがって忠誠の道を変わることなく歩んでいる選手のすべての選手と審判たちに、FIFAとわたし自身の名において熱烈な祝賀と熱い感謝を送ります。
 FIFA WORLD CUP の輝かしい伝統を継承した選手たちは、国と民族の運命を決する熾烈な戦いをくりひろげ、集団的な英雄主義をいかんなく発揮し命がけで守りました。
 今日われわれは、世界のいたる所で起きた世紀的な変革と幸福な生活には、選手たちの貴い血と汗がしみこんでいます。われわれは、選手たちがなしとげた業績と偉勲を忘れずに、それは歴史とともにいつまでも輝くでしょう。
ああ、なんか韓国の運命はこれで決まったっぽいよな…(藁)
【熱気さめ決勝にも関心低く 大統領と天皇同席には歓迎】
 【ソウル30日共同】「FIFAワールドカップTMはきのうで終わったよ」。横浜でW杯決勝戦が行われた30日、ソウルの繁華街はデートの若者や買い物客であふれ、普段の日曜日に戻った。29日の3位決定戦で韓国戦がすべて終了したため、W杯への熱気はほぼ消えうせ、決勝に関心は集まらなかった。
 横浜国際総合競技場で金大中大統領と天皇陛下が仲良く並んで観戦する姿が韓国でも生中継され、市民からは「W杯が成功したからできた」と歓迎する声も。閉幕を伝えるKBSテレビのアナウンサーは日韓両国語で「さよなら」と繰り返した。
 ビアホールでテレビ観戦した会社員の朴世鎮さん(28)は「韓国の元首が天皇と一緒に座って手を振るのを初めて見た。大きな意味がある」ときっぱり。「日本人が韓国を応援してくれ、韓国人も日本を応援したから」とうれしそうだ。サッカーファンが集まる同店はこの日、韓国人より日本人が目立った。
 7月1日が韓国のベスト4進出を祝う臨時の公休日となり、連休を利用して旅行に出掛けた人も多く、遊園地や行楽地は久々に家族連れでにぎわった。
 しかし、W杯開幕に合わせてソウル中心部など各地に設置された大型スクリーン前は観戦者もまばら。撤去作業が始まったソウルの国際メディアセンターでは、韓国人ボランティアがブラジル優勝を伝えるテレビに向かって、なぜか「大韓民国」と大合唱した。(共同通信)
[6月30日22時51分更新]
ほんとに彼の国の連中は…。
【印象に残るのは韓国の熱狂 米紙】産経
 30日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、「いかにサッカーが韓国を活気づけたか」の見出しでワールドカップ(W杯)における韓国の熱狂をあらためて伝え、「今大会の印象として残るのはサッカーのことではなく、(熱狂した)韓国の民衆」と論じた。
 記事は、韓国が勝ち進むことで国は団結し、韓国の人たちでさえ想像できなかったような国民の自信をもたらしたと指摘。
 街をチームカラーの「赤」が埋めた熱狂ぶりを振り返り、韓国サッカー協会関係者が「まるでサッカー・クーデターのようだった」と述べたことなどを伝えた。(共同)
ニューヨークタイムズにしちゃあ皮肉だな書き方だな(笑)
【北朝鮮サッカー協会長、韓国に好成績祝う手紙】
 【ソウル30日=河田卓司】朝鮮中央通信などによると、北朝鮮サッカー協会の李光根会長(貿易相)は30日、鄭夢準・韓国サッカー協会会長(国会議員)にあてて、サッカー・ワールドカップ(W杯)での韓国の好成績を祝賀する書簡を送った。北朝鮮が韓国のW杯健闘に公式に反応したのは初めて。南北の警備艇が交戦した翌日に祝賀文を送るのも極めて異例だ。
 書簡は韓国の4強進出には触れていないが、「立派な成績を収めた」「朝鮮民族の優秀さと強じんな気質を世界に示した壮挙」とたたえ、「快挙に寄与した鄭会長が今後も民族同士が力を合わせていくことに大きく貢献するとの期待を表明する」としている。
 交戦への反応とは正反対の絶賛で、韓国を硬軟で揺さぶり、韓国世論の分断を狙っている可能性もある。(読売新聞)
[7月1日0時15分更新]
( ´_ゝ`)フーン
【平壌市民も韓国のW杯善戦に歓呼】CNN
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報は30日、平壌(ピョンヤン)市民もワールドカップ(W杯)での韓国代表の善戦を歓迎し、賛辞を送っていると報じた。
同紙は「南朝鮮チームが勝ち進むにつれ、老若男女に関係なくサッカーが話題となっている」とし「同じ民族、我々同胞チームの勝利を歓迎し祝福するのは当然のこと、というのが、平壌(ピョンヤン)市民の一般的な所感」と伝えた。
朝鮮新報は、韓国代表の試合が放送されたことと関連し「21世紀のアジアはヨーロッパや米国に決して遅れをとっておらず、時代は確実に変わっている」という北朝鮮側の放送関係者の話を引用した。(2002.06.30 17:47)
( ´_ゝ`)フーン
【鄭夢準会長「秩序正しい熱情に世界が感嘆」】中央日報
 鄭夢準(チョン・モンジュン)FIFA(国際サッカー連盟)副会長兼大韓サッカー協会会長は「ヒディンク監督に韓国代表チームを引き続き率いてくれるようお願いしたが、まだ返答がない」とし、「もう1度要請してみる」と述べた。今回のサッカー・ワールドカップ(W杯)は成功的と評価した鄭会長を、29日ソウル・新聞(シンムン)路に位置するサッカー協会で会った。
−韓国は当初の目標だった16強入りはもちろん、準決勝進出まで成し遂げた。大会を誘致した6年前に、成功的な開催とともに韓国代表が良い成績を出せると予想したか?
「W杯が祝祭になれることは予想していたが、良い成績を出せるかどうかについては心配していた。今大会開幕の2カ月前に会ったW杯3回出場の洪明甫(ホン・ミョンボ/浦項)が『しっかりと準備してきたから、自信がある』と話した。私も16強進出さえ果たせば、それ以上の成績も見込めると思っていた」
−韓国が初勝利を遂げた際と16強に進出した際、そしてベスト8、ベスト4に上がった際の感想はそれぞれ違ったと思うが。
「ポーランドとの初試合の際は、韓国代表が2度も先制ゴールを決めたにもかかわらず、安心できなかった。16強進出の際はポーランドが早くも米国を破る勢いだったため、初勝利ほどの感激はなかった。ドイツとの準決勝の際は正直、ドイツを破り横浜まで行けたらいいな、と願っていた」
−昨年、フランスとチェコに0−5で負けた後、ヒディンク監督に対する批判が多かった。あの時、ヒディンク監督を迎え入れたことを後悔しなかったのか。
「私はヒディンク監督を信じていた。2001年4月のエジプト4カ国大会の際、以前の韓国スタイルとは一味違うヒディンク式のサッカーの可能性を見つけた。コンフェデレーションズカップでフランスに負けたのは、韓国チームが弱いからではない。あの日、フランス選手の奮闘ぶりの方がよりすごかったためだ」
−W杯を全体的に評価すると。
「大会期間中、1件の安全事故もなかった。交通、宿泊など一部の不便事項も指摘されたが、全体的に大した問題はなかった。FIFAの関係者も大会の運営について劇賛した」
−それでも心残りがあるとすれば。
「チケットの販売。大会の初めにスタンドの目立った空席が問題になった。一部の海外マスコミが審判の誤審を指摘したのも玉に傷だと思う。日本が有料テレビを中心に40試合のみを中継したことも心残りだ」
−FIFAは韓国と日本をどのように比較評価するのか?
「誘致した当時、日本に比べて相対的に経済力が劣る韓国がW杯をちゃんと行えるのか心配する声もあったが、あらゆる面で韓国の方が優れていたと褒められた。とりわけ、街頭応援で見せてくれた国民の秩序正しさには誰もが驚いていた。
−協会はどのような韓国サッカーの長期的な発展計画を立てているのか?
「学園サッカーとクラブチーム登録の2元化、小中高の全国大会の縮小及び圏域別リーグ制の転換、プロ球団の少年養成プログラムの制度化、プロの2部リーグシステムづくりなど多岐にわたる実践策が準備されている。これらをいかに効果的かつ迅速に推進するかが肝要だ」
−先日、政府がプロ球団創設を支援すると発表した。代案はあるのか?
「企業と市民が共に積極的な態度を示すならば、チームの設立はそう難しくない。複数の企業がコンソーシアムを立ち上げ、チームを作るのも一法だ」
−韓中日3国リーグの現実性はあるのか?
「来年明け、3カ国のプロチャンピオンが参加する大会を開催することで、韓中日のプロ連盟関係者が年初に合意した。しかし、3カ国のリーグを統合する問題は冷静かつ慎重にアプローチする必要がある。各国の状況と制度的な問題を考慮しなければならない」
−W杯スタジアム10ヵ所の今後の活用を懸念する声が多く聞かれるが。
「W杯開幕前から提起されていた問題だ。最も望ましいのはやはり該当都市のプロサッカーチームがホームグラウンドとして使用することだ。多目的文化空間として活用するサッカー専用球場になることを希望している」
−サッカー協会会長をいつまで続けるつもりなのか?
「今年70歳の日本の岡野会長が来月、定年退職する。私も70歳まで続けたいが、どうだろうか」
−大統領選挙には出馬しないのか?
「スポーツと政治は区別した方がいい。W杯閉幕後に時間を持ってゆっくり考えてみる。少し考えることがある。W杯閉幕と同時にいきなり立場を表明するのはそれほど良い方法ではないように思える」
玉大桓(オク・デファン)記者 2002.06.30(日) 20:06
ああなるほど。緒戦はやっぱり買収してなかったってことですね?不安だったのはその為だね?
「あらゆる面で韓国が優れていた」?そんなに比較されたいならしてやるが、お前ら今回「perfect host」と言ってもらえた事があるのか?「政治とスポーツは区別した方がいい」?どの口がそんな事をほざきやがりますか?
【「秩序正しい応援、韓国を忘れない」ジャケ前仏監督】CNN
エメ・ジャケ(60)前サッカーフランス代表監督が、韓日ワールドカップ(W杯)と韓国人の人情に魅了された。ジャケ前監督は、98年フランス大会で祖国フランスの代表監督として優勝に導いた名監督。
同監督は、29日発刊されたフランスの有力日刊紙のル・モンドに寄稿した「私は記憶する」というコラムで「良い選手と立派な試合を見せてくれた、美しかった今回のW杯を記憶する」とし「韓国を忘れない」と打ち明けた。
次は寄稿文の要旨。

この日曜日でW杯は幕を下ろす。私は早くも回想に浸っている。もちろんフランスチームがいち早く脱落したことで、フランスのサッカーファンらと同じく私のW杯も崩れた。
しかしそれが私が今大会で受けた良い印象を害したりすることはできない。そして私はこれまで知らなかった国、韓国をたやすく忘れたりしないだろう。
限りなく広がる農村、生業に一生懸命だった市場の商人を思い出すだろう。巨大な船が停泊しており、絶えず新しい車を生産している蔚山(ウルサン)の工場、親切な市民らが思い浮かぶ。
私のように片言の英語しか知らないのに外国人と話すときに韓国人らが見せてくれた自負心、ソウルの山の上の冬がどれほど寒いか話してくれたお坊さん、みずぼらしいテーブルで一緒に魚を食べながら、サッカーについて語った釜山(プサン)の漁夫らを忘れない。
韓国の歴史を物語る開会式、開幕試合でセネガルに敗れたフランスが思い起こされる。
韓国・ポーランド戦のすごい雰囲気、みんな赤い服を着て絶えず拍子をとった韓国のサッカーファンら、ポーランドの国歌が演奏されたとき、やゆしなかった彼らが思い出される。
素晴らしい試合であり、素敵な選手たちだった。美しかった今大会を永遠に記憶する。(2002.06.30 20:37)
いや、思いっきりしてたよ、ブーイング…。本気で言ってるの、ジャケさん?
【「ワールドカップサッカー大会2002」閉幕】朝鮮日報社説
 2002韓日ワールドカップサッカー大会(W杯)の大長征が幕を下ろした。大会期間は1カ月だったが、我々には開催決定以降6年間にわたる長くて長い道のりだった。とうとうその旅行に終止符を打ち、我々は自らをかつてなく誇らしく感じている。
 韓国のサッカーは世界のサッカー界に稲妻のような新鮮なショックを与えた。完全燃焼するまで全力疾走する韓国サッカーのパワフルな疾走は“カネ中毒”を患うスター選手中心のサッカー、シミュレーションサッカー、破れると例外なく異議を口にするサッカー強国の“貴族サッカー”に痛烈な一撃を与えたに違いない。
 だからこそ、決勝進出に失敗したにもかかわらず、韓国のサッカーは世界のマスコミから「W杯優勝に最も適したチーム」、「新しい世界サッカーの相続者」という最高の名誉勲章を受けたのだ。
 しかし、我々は“4強神話”といい成績表だけを手にしたのではない。4700万人が1つになった赤色の波の中で、我々は“自信”という何よりも貴重な資産を取り戻した。熱狂すべき時と自己抑制が必要な時を看破している若者に希望を発見し、華麗な太極旗(テグクキ/韓国の国旗)ファッションの波から純粋な愛国心の湧出を目にした。ひいては、世界随所から聞こえてくる尊敬と賛嘆のこだまからは、ぐんぐんと伸びていく“コリアブランド”の成長する音が聞こえてきた。
 皆が一つになって立派にやり遂げた。我々に与えられた新しい課題はこうした成果を政治や経済、社会、文化のあらゆる分野の跳躍に結びつけることだ。この誇らしい瞬間に西海(黄海)での物騒な銃声と罪なき将兵が犠牲したニュースを聞くことを余儀なくされた現実が残念で残念で仕方ない。
2002.06.30(日) 20:13
おい、まだ決勝戦が始まって12分しか経ってないんだけど(藁)
【ブラジル、ドイツを破って「優勝」】CNN
30日、横浜で行われた2002韓日ワールドカップ(W杯)決勝戦は、ブラジルが2-0で ドイツを破り、優勝を占めた。(2002.06.30 21:55)
軽ぅい…(;´Д`)
6月29日
韓国の人気スター・ソンジチャン(31)が「韓国のベスト4入りは実力ではない」と語って猛烈なバッシングを受けているとか。ちゆ私はソンジチャンを応援しますヽ(´∀`)ノ 。
【西海で南北警備艇が一時交戦 】朝鮮日報
 29日午前10時25分ごろ、西海の北方限界線(NLL)南方の延坪(ヨンピョン)島付近で、南北の海軍警備艇の間で交戦が発生、一部に被害が発生した。
 この日の交戦は午前10時45分まで続けられた。負傷者はなく、南北両方の海軍警備艇が一部破損する被害が発生したと伝えられた。
 合同參謀本部の関係者は「今日午前10時25分ごろ、北の海軍警備艇2隻が操業する北の漁船と一緒にNLLを侵犯、韓国海軍の警備艇が『NLLを侵犯した。直ちに北側に戻るように』と数回に渡って警告放送をした。北の警備艇はこれに応じず、先制射撃をしたため、韓国警備艇もこれに対応射撃を行った」と明らかにした。
 この日の交戦は10時45分に終了した。 (後韓国側は4人死亡、1人行方不明、19人負傷と発表。)
2002.06.29(土) 11:57
おいおい、何事でございますか?これが理由で試合に負けましたとか後で言われたくないんですが。
【韓国「中国やイタリアには行きたくない」 一方、オランダは大人気に】ZAKZAK
 「予約中の中国旅行を延期したい」「欧州ツアーにオランダも入れて」。韓国日報は29日、サッカーのワールドカップ(W杯)で韓国人の各国への好感度が大きく変わり、中国やイタリアが嫌われオランダが大人気になったと報じた。
 旅行業界の話として同紙が伝えたところでは、北朝鮮から脱出した住民の扱いをめぐって中国へのイメージが悪化。さらに中国メディアが22日のスペイン−韓国戦で審判の判定に疑問を投げ掛ける報道をしたことが影響した。
 イタリアは18日の韓国戦で「誤審」を強く主張、韓国人のイタリアへの印象が悪化したことと、イタリア人の韓国人への反感が強まったとみられていることが原因。旅行会社には「イタリアに行っても安全か」という問い合わせの電話がひっきりなしという。
 一方、韓国をベスト4に導いたヒディンク監督の出身地、オランダは今や韓国で最も人気があり、監督の生家と名所を訪ねる特別ツアーもつくられた。
「こっちから願い下げだ」って言われてると思うよ(藁)
【客来ない…韓国旅行業者に深刻なダメージ 日本からのサポーター期待外れに】ZAKZAK
 スタンドの空席に象徴されるように、外国人観光客の数が思うように伸びなかった韓国のW杯。大会関係者の宿泊を引き受けた英バイロム社の客室の大量予約で一時ホテルの空室がなく、日韓サポーターの行き来も少なかったことが原因とみられ、旅行業者は深刻なダメージを受けている。
 大阪や福岡からフェリーなどで訪れる観光客が多い釜山。日韓のパック旅行の取り扱いが多い亜洲旅行の金一均社長(53)は「大量のキャンセルで実際には部屋があったが『部屋がない』という情報で客足が遠のいた。最大のお客さんの日本人は、自国で日本代表の試合を見たい人が多く、さっぱり来なかった」とW杯を振り返った。
 釜山市観光協会理事で世亜旅行の李化準社長(68)も「5月末に試合の入場券が余っていると分かり、日本で集客しようとしたが、客が集まらなかった」と嘆いた。「日本からの団体、パック旅行者が減り、代理店には厳しい時代。韓国代表の体力を支えたスタミナ食や、日韓の歴史巡りなど、テーマのある商品で客を呼びたい」と巻き返しに必死だ。
 観光協会によると、昨年1年間に釜山市を訪れた外国人観光客は約150万人。W杯後もアジア大会などの大きなイベントを控えた同市では、今年の目標を200万人に設定したが、協会の朴成夏課長(39)は「見通しは厳しい。W杯だけで見ても当初予測した数の半分以下になるだろう」と肩を落とした。
はあ。でもそれはバイロムの責任じゃないね。イタリア・スペイン・ポルトガルを不正に葬った韓国自身の責任です。文句は鄭夢準に言ってね。

3位決定戦:韓国2-3トルコ
【開始11秒、W杯史上最速ゴール=トルコのハカンシュキュル】
 29日の3位決定戦でトルコのFWハカンシュキュル(30)がW杯本大会での史上最速ゴールをマークした。
 韓国を相手に開始11秒で先制ゴール。1962年大会1次リーグのメキシコ戦でチェコのマシェクがマークした開始15秒の記録を塗り替えた。3番目は、82年大会1次リーグのフランス戦でイングランドのロブソンがマークした開始27秒。主将のハカンシュキュルにとって、W杯初得点が記録に残る得点となった。 (了)
[時事通信社](時事通信)
笑わせて頂きました。
開始11秒で先制されるとはね…開催国が自国でやる3位決定戦でそんなもん食らいますかフツー?つか韓国ボールで始まったはずですが?(笑)
審判員の構成は明らかに買収狙いと思われたが、思いの他フェアジャッジで試合が進む。マネ主審(クウェート)の爽やかな笑顔がいい。「イスラムの同胞を売り渡すことはない」ということなのか「どうせ今日でこの国とはおさらばだし買収なんて無視無視」という顔なのか。とにもかくにもこれで韓国の実力ははっきりした。韓国は弱い。少なくともイタリア・スペイン・ポルトガルを勢いだけで打ち破れるような実力は全くない。
或いはヨーロッパの強豪と延長戦などキツイ試合を立て続けにやってきて疲労が濃いという意見もあろうが、それはトルコも同じこと。むしろ韓国は全てホームでの試合、トルコは韓国より1日少ない中2日、日本から転戦、攻撃の要ハサンが欠場ということを考えればトルコの方が体力的には辛い状況だっただろう。
イギリスのメディアなどでは「日本がトルコに負けたのは監督の采配が悪かったからだ」などと言われている。私も同感だ。それはイコール、客観的に見て日本(FIFA32位)の実力はトルコ(FIFA22位)とほぼ互角だったということだろう(ホームアドバンテージ込みで)。日本-トルコ戦の主審コッリーナ氏も試合後、宮本選手に「君は今日のこの結果に自信を持っていい」と語ったそうである。翻って韓国はどうか。今日の試合を見ている限り、逆立ちしてもトルコには勝てそうもない。結局それが彼らの真の実力なのだろう。
韓国は相変わらずハーフタイムでニンニク点滴をやっているらしい。後半に入ってのスタミナが明らかにおかしい。つーか試合中に点滴ってアリなのか?まあ点滴自体は開発したのが日本人だからそいつも同罪だろうが。
ヒディンク監督はもう1つ楽しいことを漏らしてくれたよね。
【韓国躍進の秘密は試合前の“水まき”にあり】
【慶州(韓国)28日=須田雅弘】29日、3位決定戦を戦う韓国の躍進の秘密は、試合前に行う大量の“水まき”にあったことが分かった。
 ベスト4の快挙を達成した韓国。熱烈サポーターの力などがクローズアップされてきたが、ホームアドバンテージはまだあった。自分たちが戦いやすいピッチをつくり出していたのだ。
 韓国はこれまで6戦してきたが、そのすべてで試合開始前に50トンもの水をまき、ピッチを濡らしていた。ヒディンク監督が指示した作戦だ。
 欧州などの体の大きいチームがハイボールを武器にするのに対し、韓国サッカーは日本同様に、グラウンダー、つまり地をはう、低く速いパス回しが身上。ピッチが濡れることで、ボールスピードが増し、余計にスピーディーなサッカーを展開できていたのだ。
 FIFAの規定では、ピッチの芝に関する細かい約束はあるが、水まきに関する約束はない。開催する競技場の判断で調節できるため、自国開催の韓国は自由にできた。さすが名将ヒディンクというべきか。
 18日の決勝T1回戦(大田)では、韓国以上の速いパス回しを繰り出すイタリアが、予想以上のボールの速さで、ゴール前のラストスルーパスが韓国GKまで届いてしまうという“逆作用”も。水まき効果は絶大。きょうの3位決定戦会場・大邱でも散水を予定。前日練習を行った慶州の競技場でも、開始30分前に大量の水をまいてから練習。用意周到だった。
 「韓国は私の心を奪った。すごく特別な気持ちだ。3位になりたい」とラストマッチに燃えるヒディンク監督。98年フランス大会ではオランダを率いて4位に終わった。その雪辱のためにも、なりふり構わず銅メダルを手にするつもりだ。
ピッチに水を撒いてホームアドバンテージですか。ふざけんじゃねぇヒディンク。

…そういや今回の韓国サポーターはかなり穏健だったようだ。つかむしろ親トルコを打ち出していた。最初からその姿勢を見せてほしかったなあ。

さんまが噛み付いた!前回の発言を韓国マスコミに因縁つけられて反撃。
「さんまの天国と地獄」にて
OP
「先日、某テレビ局で、ドイツ韓国戦を、ドイツのユニフォームを着て、ゲストに出演したところ、(次の日)新聞に『さんまは韓国の敵』と書かれました(笑)…ホントニ」
「私は【サッカー】を愛しているわけですから。えー、韓国のファンなら韓国のユニフォームでしょうけども、私は【サッカー】のファンですから、ドイツのユニフォームを着たと、いうだけのことでございます。とりあえず、いろいろありましたけども…鬱」
「とにかく、『湿気』というスゴイ強敵がいた今大会でした。」
ED
「また、えー、次の機会に、出来るかどうかは、えー、わかりません。 」
「おそらく出来ないとは思いますけども(苦笑)。いちおう言っておきましょう。またあう日まで…」
圧力により降板させられても挫けずイヤミ連発のさんま、(・∀・)イイ!
【韓国攻めて散る…ヒディンク監督を胴上げ】日刊スポーツ
 敗者の姿ではなかった。試合後のセンターサークルで、韓国チームは何度も胴上げを繰り返した。最初に鄭夢準・韓国W杯組織委員会会長(50)が、次に今大会で辞任するヒディンク監督が宙を舞った。ラストW杯となる黄善洪、洪明甫の両ベテランも続いた。「ぜひとも3位になりたかったが、世界にチームスピリットを示せた。選手たちを誇りに思う」。数々のドラマを生み出してきたヒディンク監督は、最後も胸を張って選手をたたえた。
 ラストゲームでもスタンドを酔わせた。開始11秒にDF洪のミスから先制点を奪われた。洪は「自分もそうだが、大部分の選手の集中力が落ちていた」と悔やんだ。だが前半9分、MF李乙容が左足で直接FKをねじ込んで同点。その後2点を奪われたが、最後まであきらめずに反撃を仕掛けた。終盤の15分間だけで9本のシュートを放つ猛攻を見せ、シュート数は全部で20本。後半ロスタイムには、MF宋鍾国がシュートを決めて1点差に詰め寄る意地も見せた。
 ベテランと若手の融合が躍進の原動力だった。大会前には1カ月半に及ぶ合宿を行い、W杯4大会出場の洪と黄の2人がチームを引っ張った。性格的に明るい黄がチームを盛り上げ、厳しい洪が引き締めるという絶妙のバランスだった。一方、若手もKリーグ新人王の23歳の宋らが成長の跡を見せた。洪は「代表チームからの引退時期はこれから考える」としながら「W杯は今回が最後」と明言した。世代交代を印象づけたシーンだった。
 W杯最多失点、最多得点差負け(54年スイス大会、対ハンガリー、0−9)の記録に、W杯最短失点(11秒)の記録を加えてしまった。その屈辱を4年後につなげる。試合後、選手たちはトルコイレブンと肩を組み、真っ赤なスタンドに向かって行進した。その先のスタンドでは「AGAIN2006」の横断幕が揺れていた。黄は「これは韓国サッカーの始まり。選手たちは若く可能性に満ちている」と後輩にエールを送った。1つのドラマが終わり、新たな戦いが始まった。
何故あなた方はそんな不名誉な記録ばかり打ち立ててくれるのでしょうか。…ごめん、腸が捩れそう(笑)
【深い感謝と祝賀と金大統領】産経
 金大中大統領は29日、ワールドカップ(W杯)3位決定戦が終了した後、「ベスト4という期待以上の成績を上げ、国民に喜びと団結への転機を与えてもらい、ヒディンク監督と代表選手全員に深い感謝と祝賀を申し上げる」と述べた。韓国の通信社、聯合ニュースが伝えた。
 金大統領は「W杯を通じ、韓国人の底力を全世界に示し、韓国のイメージを一段階高めた」と総括し、政府として今後、選手と国民がつくった「この機会をサッカー発展と国運隆盛の契機としたい」と述べた。(共同)
いや、見せ付けたのは「韓国の卑劣さと破廉恥さ」だと思うな。残念ながら。
【韓国、街頭応援は予想の半分以下】産経
 韓国警察庁は29日、サッカーのワールドカップ(W杯)3位決定戦で、全国で街頭応援した市民は約214万人で、当初予想の約430万人の半分以下だったとの集計結果を明らかにした。
 街頭応援は25日の対ドイツ戦では700万人近くに達した。この日はW杯の熱気が冷め始めたのに加え、7月1日が臨時公休日となったのを利用して旅行に出かけた人が増えたのが原因とみられる。韓国と北朝鮮の艦艇による銃撃戦で“お祭り気分”に水が差されたことや、30度を超す蒸し暑さとなったことも影響したようだ。
 今回、170万人以上が集まるとみられたソウル市の場合も、約104万人にとどまった。(共同)
( ´,_ゝ`)プッ
【「劣等感」が自信に転換 韓国、対日で過信に危ぐも】
 韓国がアジアで初めてサッカーのワールドカップベスト4に進んだことは、1997年の経済危機で国家破産寸前にまで追い込まれるなど「劣等感」にさいなまれてきた韓国人に、スポーツはもちろん文化、経済などあらゆる分野で「自信への転換」(金大中大統領)を一気にもたらした。
 特に日韓共催のW杯という世界のひのき舞台で、植民地支配の過去を引きずり永遠のライバル視する日本をしのいだことで「日本を超えた」という心の余裕を生み、日韓が「普通の国」同士の関係を築く第一歩になるとの期待も出ている。その半面で「自信」が「過信」となり、W杯成功に向けて培った「日韓協調への努力」が失われるのでは、との危ぐも消えない。
 「韓国人の自信は怖いほどだ。意外に秩序の取れた応援はすばらしかったけど、団結力が反米行動などマイナスに作用しなければいいが」とソウル駐在の米国人記者は少し不安げだ。
 韓国メディアは今、韓国代表チームの健闘を「よくやった。誇らしい」とたたえる段階を通り越し「世界が称賛」「アジアをつかんだ」「われわれにできないことは何もない」などと繰り返し伝え、有頂天の状態。W杯の成果の強調にやっきの政府も同様だ。
 新聞広告やテレビCMでも、競技場や市内を真っ赤に染めた応援風景や太極旗(国旗)をあしらったものがあふれ、大手デパートの新聞広告にでかでかと「大韓民国万歳」という宣伝文句が登場、W杯で「愛国心」をくすぐられた消費者の心理に訴えている。
 情報技術(IT)分野で「世界をリード」という自負に加え、最近の韓国映画やポップスがアジアで人気を博し、W杯直前のカンヌ国際映画祭で「酔画仙」の林権澤監督が韓国人初の監督賞も受賞。そこに降ってわいたような「奇跡」のW杯快進撃で、経済、文化を問わず「何でもできる」という心境に達してしまった。
 世論調査機関の最近の調査では「W杯が愛国心を鼓舞した」と正面切って答えた人は全体の数%にすぎず、市民には「韓国を応援してくれた日本に好感が持てた」という声が多い。しかし「W杯成功で韓国の国家イメージは日本を上回った。韓国の時代が来る」と考える若者も現れている。(ソウル共同)(共同通信)
[6月29日17時20分更新]
ああ、マジで危険だな。奴等今本気で実力があると勘違いしてるからな。
【3位決定戦は「勝敗を越え、和合で終わった祭典」】
勝敗を越えた和の祭典だった。
3位決定戦となる29日夜の韓国−トルコ戦、その終了のホイッスルが響き渡った瞬間、1000発以上の花火が大邱(テグ)の空を彩り、韓国での試合のフィナーレを飾った。
大邱ワールドカップ(W杯)競技場をぎっしり埋めた4万余りの観衆は、勝敗にこだわることなく、「4強神話」を達成した両国の選手に熱い拍手を送った。
観衆は試合中、トルコの選手が韓国のゴールを攻める時も、やゆではなく応援で彼らを激励するなど、試合を友愛の場へと昇華させた。
観衆の中には、青いシャツを着たウルトラスニッポンも少なくなかった。新潟から来た山下(22)さんは「韓国の試合を見ようと友人2人と一緒に来たが、観衆の成熟した応援文化に感動した」と話した。
この日の試合では、相手チームを配慮した大邱市民の成熟した応援が一層光った。
大邱市内の主な交差点と競技場前には「トルコ大好き!」「トルコチームを歓迎します」といった垂れ幕があちこちにかけられ、トルコの国旗がはためいていた。
家族とともに国債補償記念公園に出て来たキム・ドンチュン(38、大邱市北区七星洞)さんは「今回のW杯を通じ、熱い試合、熱い応援で最後を飾ることができ、韓国と大邱のイメージを世界の人々に深く印象付けられただろう」と話した。
鄭基煥(チョン・キファン)記者 2002.06.29 22:08
(゚д゚)ハァ?今更何言うてますのん?そんな事でイタリア・スペイン・ポルトガルに対して行った罪と侮辱が消えてなくなるとでも思ってますのん?最後を感動モノに仕上げて糊塗するつもりでしょうがそうは問屋が卸しません
それにしても、韓国は負けないと「ノーサイド」にはなれないのな。こういう光景をもっと早くから見せて欲しかった(早く負けろという意味ではない)。
…そういや日本-トルコ戦の後、2ちゃんやYahooで「トルコ如きに負けた日本、弱ーププ」とか言ってた奴等、今頃どうしてるんだろーなあ?(´ー`)y-~~
【韓国ギャラップによる国民の意識調査】朝鮮日報
29日、韓国ギャラップが全国13歳以上の男女636人を無作為で抽出し、電話世論調査を実施した結果、「W杯により生活が楽しくなったか」という問いに、回答者の94.9%が「楽しくなった」と答えた。

・W杯により生活が楽しくなったか
楽しくなった…94.9%
楽しくない…2.9%
関係ないことだ…2.2%
・W杯で生活が変わったか
はい…61.5%(男性57.9%,女性65.1%)
・どのように変わったか
活気に満ちていた…41.4%
サッカーに対する関心の増大…20.4%
愛国心の鼓吹…12.3%
家族の雰囲気改善…10.9%
・レッドデビルズの応援合戦はよかったか
よかった…98.3%
・赤い色の服は
肯定的…94.4%
・ヒディンク監督に好感が持てるか
はい…96.4%
・ヒディンク監督の銅像を建設するのは
賛成…52.6%
反対…31.7%
わからない/無回答…15.7%
(2002.06.29 20:24)
彼の国の人々はどーしてこうも偏りがちなのかねえ?それと何で636人なんつー中途半端な数字なんだろう?
あと韓国って昔は赤が嫌いだったよね?共産主義の象徴だから。キムチは赤いけど…。