2002WC騒動・諸外国編


ウリナラマンセー記事へのツッコミはこちらこちら
日本国内の記事はこちらこちら
外国の反応その2はこちら
総括はこちらです。

6月30日
【産経速報】
11:44 シュレーダー首相が便乗来日。サミット出席でカナダ訪れたドイツ首相は日本政府専用機に同乗。W杯決勝戦を観戦へ。
11:52 選手家族やサポーターが来日。W杯決勝戦前に、ドイツの一部選手の家族やサポーターら160人がルフトハンザ機で。
17:38 韓国大統領は予定通り訪日。韓国の青瓦台当局者は金大中大統領が、30日から予定通り訪日すると発表した。
【日本は「完ぺきなホスト」W杯期間中の英各紙絶賛】日経・産経
 【ロンドン30日共同】番狂わせには納得がいかないが、日本の人たちは素晴らしかった―。サッカーのワールドカップ(W杯)期間中、英各紙は、見知らぬ国・日本でのW杯取材旅行を大いに楽しんだことをこんなトーンで伝えた。
 日本が「完ぺきなホストだった」と書いたのはオブザーバー紙。フーリガン(暴力的なファン)で恐れられるイングランドのファンが温かく迎えられたことが「不可解だが、輝かしい特色だった」。
 終電後、タクシーで横浜から東京に行こうとして料金が高くて乗れないでいたら、見知らぬ女性が1万円を出してくれた。スタジアム前で入場券を額面で譲ってくれた人が、試合中もずっとビールを買ってくれた。コインランドリーの場所を尋ねたら、その人が自宅で洗濯してくれた。
 「本当に困っていると、近くの人が頼りになった」と感嘆した。
 インディペンデント紙は「魅力の地」日本での観戦やカラオケ、新幹線などの体験を日記形式でつづった。各地の新設スタジアムが今後も活用されるかどうかは不明だとして、安易な公共事業が日本没落につながったとのビジネス書の見方も紹介した。
 「人々は感じがよく、列車システムは世界の驚異の一つだ。でも1カ月の間、遠い距離をあまりの高速で移動したため、文化の内側に入り込むことはできなかった」と結んでいる。 〔共同〕
ありがとうイングランド。そう言って頂けることが一番の誇りです。忙しかったのはゴメンナサイ(;´Д`)
【The final word: best and worst of World Cup 2002】Guardian Sunday June 30, 2002
Favourite - and least favourite - player

Paul Wilson
Favourite player: Damien Duff and Nicky Butt. Who said the Premiership was overrated?
Least favourite player: Rivaldo. Some so-called superstars are grossly overrated. Could almost forgive this one his selfishness, wastefulness and complete lack of awareness of the rest of his team were he not also a blatant cheat and serial simulator.

Amy Lawrence
Favourite player: I'm rather hoping that Ronaldo will tip the balance today... Otherwise Hong Myung Bo. It's been a tournament where teams rather individuals have prospered, and the South Korean captain was a symbol of the most touching team effort of all.
Least favourite player: Roy Keane, closely followed by Zlatko Zahovic. The World Cup should be something to treasure not whinge about. Killjoys, the pair of them.

Guillem Balague
Favourite player: Raul. With him on the pitch, Spain would have beaten South Korea and he could have proven himself the best player in the tournament.
Least favourite player: Totti. They said this was going to be his World Cup...

John Carlin
Favourite player: Nicky Butt (against Argentina).
Least favourite player: Roy Keane.

Ian Ridley
Favourite player: Ronaldinho. Took risks in all the right areas.
Least favourite player: Gabriel Batistuta. What a graceless loser.

Kevin Mitchell
Favourite player: Isaac Okoronkwo (Nigerian central defender).

Simon Kuper
Favourite player: Oliver Kahn - the best keeper I can ever remember seeing.

James Kopnall
Least favourite player: Frank Leboeuf. He outstayed his welcome.

Dirtiest player

Paul Wilson: Not a player, but Luciano Gaucci, president of Perugia, has to win this title after sacking Ahn Jung Hwan for scoring the winning goal against Italy. Obviously some high-class whingeing was to be expected after the manner of the Azzurri's exit, but Gaucci's action portrayed Italy and the Europeans in general in a very poor light.

Ian Ridley: Alessandro Nesta. Somebody stop the shirt-pulling, please.

Kevin Mitchell: Rivaldo. Not for his fouls, but for trying to get opponents sent off.

James Copnall: Paolo Montero. Much like Damien Hirst the Uruguayan has made dismembered bodies an art form.

Amy Lawrence: Sepp Blatherer. No coincidence that most of his odious utterings leave an unpleasant whiff in the air.

Best - and worst - match

Paul Wilson
Favourite match: Argentina 0 England 1 was the best I saw live, but for drama Korea's defeat of Italy was hard to beat.
Worst match: Germany 8 Saudi Arabia 0. Surely everyone thinks so, especially viewers in Holland, Norway, Australia, etc.

Amy Lawrence
Favourite match: South Korea 2 Italy 1. Riveting drama, rip-roaring atmosphere - a World Cup classic that intoxicated everyone in the stadium.
Worst match: Third-place play-off. Regardless of the quality of the match, the losing semi-finalists shouldn't be put through it.

Kevin Mitchell
Favourite match: The second half of England- Argentina. Desperate, clever and heroic.
Worst match: Mexico-US. A tepid, cowardly performance by Mexico.

Guillem Balague
Favourite match: Brazil-Costa Rica - Brazil knew they were going to win so they just played for fun.
Worst match: The first halfs of Sweden-England and Spain-Slovenia (so much potential on the pitch, but so much fear).

Ian Ridley
Favourite match: South Korea 2 Italy 1. Everything right and wrong with the tournament in one game.
Worst match: Nigeria 0 England 0. Lack of adventure led to England meeting Brazil in last eight.

Simon Kuper
Favourite match: Korea-Italy or Japan-Belgium. So rare at this World Cup to see a whole stadium 'live' a game.

James Copnall
Favourite match: Brazil 5 Costa Rica 2. Defending is a vastly overrated concept.
Worst match: Germany 8 Saudi Arabia 0. Embarrassing.

Best Gaol

Paul Wilson: Rivaldo's against England. Hugely influential in terms of the match, brilliantly executed and a classic case of making opponents pay dearly for the tiniest lapse. Ronaldinho's second wasn't bad either. I didn't think it was a fluke at the time, and I still don't.

Ian Ridley: Edmilson, Costa Rica 2, Brazil 5. If England can just get Rio Ferdinand doing that...

James Copnall: Salif Diao (Senegal) versus Denmark. Four players, 80 yards, immaculate.

Amy Lawrence: Ronaldinho's free-kick against England. A wonder to behold.

Best referee

Paul Wilson: Pierluigi Collina. Other contenders include Anders Frisk and Kim Milton Nielsen. The standard of refereeing in the tournament was quite high - it was dodgy linesmen's calls that caused most of the problems. The worst ref was the one who sent off Francesco Totti for diving. Clamping down on simulation is fine, and so is handing out yellow cards to offenders, but a referee needs to be wholly sure of his ground to issue a second yellow for a perceived dive. Totti might have been guilty, though these things are never cut and dried, even with the benefit of action replays.

Guillem Balague: Byron Moreno (he only made one mistake, or better, his assistant did - the offside to Tomassi). The worst was Lopez Nieto - no match in the World Cup has deserved 16 cards.

Amy Lawrence: Pierluigi Collina. The main man gets the final. When he retires, he should be put in charge of coaching the game's so-called top officials. As for the worst official - as error-prone as many of the refs were, the tweedledum and tweedledee assistants from Trinidad and Uganda who caused havoc during Spain v South Korea were the lowest of the low.

Best food

Ian Ridley: Sizzling sausages and boiled eggs, as recommended by John Motson.

Amy Lawrence: Bibim Bap. Korean rice and vegetables that keep on cooking as you eat from a boiling stone pot, not forgetting the obligatory Korean ketchup known as kimchi - fermented cabbage that apparently makes you live for ever.

Guillem Balague: The wonderful lunchsets on sale in the supermarkets - feasts of rice, salmon, ham, vegetables...

Kevin Mitchell: Tenpanyaki in Toyo Hotel, Osaka.

Best moment

Simon Kuper: After Japan-Turkey, when the Turkish team bowed to each stand in turn and the Japanese fans gave them an ovation. Then the Japanese players, many of them, like Kazuyuki Toda, in tears, did a lap of honour, and the fans gave them an ovation too.

Amy Lawrence: The rocking bus ride back from the Brazil-Turkey semi-final was like a scene from the extra-terrestrial bar in Star Wars. A loopy Brazilian drag queen dressed up to the nines as Ronaldo's nurse, with a podgy blue-haired drummer who had a touch of The Muppets' Animal about him as his/her sidekick, led the party, which included a tipsy Korean with fantastic Dennis Taylor glasses, a Japanese zombie and a couple of Mexicans passing round a bottle of lethal tequila who had everyone bellowing La Bamba. Even English fans were welcome. Football aside, moments like this are what the globe's favourite carnival is about.

Paul Wilson: English fans joining Argentina supporters in waving goodbye to Marcelo Bielsa's team as they checked out of their Sapporo hotel the morning after defeat by England. A band were already playing Guantanamera, and within moments a distinct chorus of 'You're going home with the Froggies' could be heard above the wailing.

Guillem Balague: I booked a hotel in a place that I was told was near enough to Ulsan, where I was going to see Spain play Slovenia. In fact, it was 30 kilometres away, but the fact that it was a love hotel made up for the disappointment. A love hotel is a place where you take a person of the opposite sex for an evening. The owners offer a stimulating video collection on each floor and chambermaids leave two different tapes next to the television in every room each morning. They're great for getting in the mood for a hard day of World Cup coverage, apparently. On my last day there I received one with a chubby woman waggling herself to music and another with a different chubby woman who had designs on her female friend. I wondered how they knew about my very secret tastes. But, I must stress, I didn't watch any.

Kevin Mitchell: An England fan, shirt off, belly out, sways drunkenly in the street around midnight in Niigata. He takes a final swig of the night and, against all his instincts, places the empty can neatly beside a pylon and staggers home. Another invader civilised.

John Carlin: The Spanish midfielder Ivan Helguera trying to inflict grievous bodily harm on the Egyptian referee at the end of the quarter-final game against South Korea. In an age when the game has become so asphyxiatingly commercial, Helguera's unfettered Corinthianism was refreshing. Somewhere in his mind the most intelligent player on the Spain team will have understood that he was risking the end of his international career; possibly even the end of his professional career and the vast riches, as a Real Madrid player, that entails. He didn't care. The impulse to beat the crap out of the referee, guilty together with his Trinidadian linesman of the fiasco of the tournament, revealed Helguera as a man of flawless moral instincts.

James Copnall: It wasn't a spectacular goal and the game it decided was more engrossing than exalted, but Bouba Diop's scrambled strike against France not only beat the seemingly invincible holders, but set the tone for the whole World Cup. After that, who could truly be surprised by Argentina's demise or the United States' rise? It showed once more that arrogance can prove costly in the face of determination and restated football's greatest quality: there is no such thing as an invulnerable team, however great their players, however full their trophy cabinet.

Best mistake

Paul Wilson: The Japanese pronunciation of Athole Still (Eriksson's agent). Think about it.

Amy Lawrence: Roger Lemerre, kidding himself that Franck Leboeuf, who once won the World Cup, could do it again. Also, no one thinking to buy Jose Camacho some antiperspirant throughout the entire tournament.

Guillem Balague: Vieri in injury time against South Korea. Not sure of the role of this mistake in the great anti-Italian plot...

Kevin Mitchell: Mick McCarthy calling that team meeting - or was it Roy Keane refusing to apologise?

James Copnall: The commonly held pre-tournament belief that 'Big Phil' Scolari was a defensive-minded coach out to throttle all Brazil's attacking instincts. Biggest disappointment

Paul Wilson: Japanese cuisine. It is perfectly possible to eat very well in Japan - though it tends to cost - but natives tend to prefer greasy, fried stuff to sushi. Saveloy stalls in Southend smell sweeter, and walking the streets can be a queasy experience.

John Carlin: The manner of Spain's exit.

Ian Ridley: Assistant referees. They have one job and a lot
ガーディアン紙の記者たちがWCのよかった点、悪かった点を挙げています。…あれ?なんか最後が途切れてるな。まいっか。
6月29日
韓国の人気スター・ソンジチャン(31)が「韓国のベスト4入りは実力ではない」と語って猛烈なバッシングを受けているとか。ちゆ私はソンジチャンを応援しますヽ(´∀`)ノ 。
【西海で南北警備艇が一時交戦 】朝鮮日報
 29日午前10時25分ごろ、西海の北方限界線(NLL)南方の延坪(ヨンピョン)島付近で、南北の海軍警備艇の間で交戦が発生、一部に被害が発生した。
 この日の交戦は午前10時45分まで続けられた。負傷者はなく、南北両方の海軍警備艇が一部破損する被害が発生したと伝えられた。
 合同參謀本部の関係者は「今日午前10時25分ごろ、北の海軍警備艇2隻が操業する北の漁船と一緒にNLLを侵犯、韓国海軍の警備艇が『NLLを侵犯した。直ちに北側に戻るように』と数回に渡って警告放送をした。北の警備艇はこれに応じず、先制射撃をしたため、韓国警備艇もこれに対応射撃を行った」と明らかにした。
 この日の交戦は10時45分に終了した。 (後韓国側は4人死亡、1人行方不明、19人負傷と発表。)
2002.06.29(土) 11:57
おいおい、何事でございますか?これが理由で試合に負けましたとか後で言われたくないんですが。
【ブラッター会長「オセアニアに1枠」】スポニチ
 W杯の大陸別出場枠について、FIFAのブラッター会長は28日の記者会見で「私としてはオセアニアに(他の大陸とのプレーオフなしで)1枠を保証したい」との考えを明らかにした。FIFAは4年後の次回ドイツ大会から、前回大会優勝国の予選免除を廃止することを既に決めている。オセアニアはこれまで1位の国が、他の大陸とのプレーオフに回っていた。また同会長は今大会で問題となった過密日程について触れ「事態が好転しないならFIFAとしてストップと言わねばならない」と述べ、各国リーグに呼び掛けていく方針を示した。
鄭夢準-ベラバン-ハヤトウのラインに対する牽制かなこりゃ?
【Great Japan and South Korea swindle worthy of the Sex Pistols】Times June 29, 2002
 SOME of you, and I believe it to be just the nit-picking shallow carpers out there, will have got it into your heads that I must feel a complete ass after categorically stating in this column over the past few weeks that neither Brazil nor Germany can possibly win the World Cup. Quite simply, nothing could be further from the truth and I fully stand by my predictions.
 I mean, honestly. Are we actually going to hail either of these luck-struck outfits Kings of All Worldly Football tomorrow? We have on the one hand Brazil, who nobody is convinced about at all, and on the other we have a team who have had byes almost the entire way to their inevitable victory parade around Berlin. Can we not just start over again, preferably in neutral Holland, with everybody this time taking things just a bit more seriously? Who thinks the same things would happen? You see? After a month of heat, hype, tears and cock-up we still don’t know who are the actual world champions, do we? Not really, I mean. The order that a World Cup usually bestows is all over the place right now and the next four years are going to be one long nuclear winter for international football full of doubt, bitterness and chaos.
 Certainly in the short term, all the signs will be there that one of two misfiring untested sides will have lifted the 2002 trophy, but I insist on taking the long view on all this. I believe that this tournament, which started so full of surprise and brio, will come to be seen by history as a phantom, unofficial and embarrassing affair. The crazy locations, whiff of corruption, standard of refereeing and peculiar early exit of teams who, though we didn’t know it at the time, simply must be in the later stages to validate the contest, will all contribute to this World Cup being struck from the record books.
 If it is not officially expunged, I fancy it will be viewed as a bizarre curiosity rather like the way Casino Royale always gets passed over when one lists the Bond films.
 Therefore, when one opens the Rothmans or whatever ledger it is in which Football’s True Facts are recorded, the World Cup roll of honour will read 1994: Brazil; 1998: France; 2006: Italy. An asterisk will draw one’s attention to a footnote explaining that, because of the large number of teams who committed soccer suicide, plus various other bonkers factors, the 2002 competition was declared null and void.
 There is a precedent of course. For a period in the summer of 1977, there was no No 1 record on the singles chart after it was agreed, by the BBC among others, that the Sex Pistols were not the sort of thing that ought to be given legitimacy. After the extremes of this initially thrilling but ultimately flat tournament are finally weighed and judged, I am convinced that glossing over it will be the only option.
 In a final twist, it will be realised that the only person to emerge with even a shred of dignity from the entire topsy-turvy affair will be the almost psychic figure of Roy Keane.
 So, even at this late stage, if you ask me who will emerge as winners of the 2002 World Cup, Germany or Brazil, I am sticking with my original claim. Neither of them.
日本のマスコミの韓国マンセー報道を見てるとそう思うわな…鬱。

韓国2-3トルコ
【ミス目立った、と独通信社】産経
 ドイツのDPA通信は29日、サッカーのワールドカップ(W杯)3位決定戦の韓国−トルコ戦について「両チームとも疲労によるミスが目立った」とし、特に韓国の立ち上がりの失点は「DF洪明甫の致命的なミス」によるものと指摘した。
 トルコが試合開始直後に挙げた1点目の得点については、W杯史上、試合開始から最短時間で獲得した得点として称賛した。(共同)

【韓国戦は「ラブリー」と英テレビ】産経
 サッカーのワールドカップ(W杯)3位決定戦の韓国−トルコ戦を29日実況中継した英民放ITVは、開始直後から得点が相次ぐ展開を「まるで(親善などで行われる)エキシビション・ゲーム。見る者を大いに楽しませる」と評した。
 後半ロスタイムに韓国が1点差に追い上げるゴールを決めると、アナウンサーは「ラブリー(素晴らしい)」を連発。両チームが最後まで戦う姿勢を失わなかったことをたたえた。(共同)
なんかドイツ人とイギリス人との違いが出てるコメントだなあ。
【World Cup diary: Korea】BBC
Saturday, 29 June, 2002, 14:23 GMT 15:23 UK
By Stuart Roach
BBC Sport Online's man in Korea
South Korea have lodged an official complaint over China's coverage of this World Cup.
They claim the Chinese media's reporting of South Korea's march to the semi-final has been "distorted".
It seems a large proportion of the Chinese press claimed South Korea's performance was mainly down to bad refereeing and a conspiracy. They clearly weren't the only ones, as much of the world's media jumped to the same conclusions. But Koreans were particularly miffed about the China coverage - and they think it came as a result of the home fans' support for Turkey. "China thought the South Koreans would cheer on the Chinese team but many South Koreans supported the Turkish team in their match against the Chinese," said a Korean ministry official in charge of Chinese affairs.
The resulting coverage in China has led Kim Ha-Joong, the South Korean ambassador to Beijing, to write letters of protest to the Chinese Foreign Ministry and the Communist Party and to various media groups.
"We conveyed our stance that the Chinese media's coverage had been too much and demanded correction," said a Foreign Office official.
Last-minute souvenir hunters are having to scratch around for a bargain now.
After five weeks of hard sell, the official merchandise shelves are looking a little bare. The T-shirts are nearly all gone and even the World Cup wine looks like running dry.
But there are alternatives. Eyes down for a full house One supermarket close to my Daegu hotel had the perfect solution. There it was, beautifully presented in a large yellow gift box. A presentation pack of Spam. Something to take home to the loved ones.
Is it just me, or does Turkey coach Senol Gunes bear a striking resemblance to Melvyn Hayes?
Against Korea, the coach was out of his seat on countless occasions on a balmy night in Gwangju, turning the touchline into a scene from It Ain't Half Hot Mum.
To be fair, the Turks were pretty hot in this game - and it was no laughing matter for South Korea.
前半は韓国と中国とのすれ違い、後半は3位決定戦で韓国が負けて「やれやれ」ってことなのかなあ?
6月28日
【Coree-Japon : 6-0】Liberation
vendredi 28 juin 2002 Tokyo de notre correspondant
Stades, logistique, ferveur, prix, coachs, retransmission: avant la finale, comparatif de l'organisation bicephale
 ne Coupe du monde, deux pays, promettait la Fifa. Un mois plus tard, a la veille de la finale de Yokohama, le premier bilan de ce Mondial soi-disant bicephale demontre que deux competitions paralleles ont eu lieu au Japon et en Coree du Sud. Avec leur lot de differences culturelles, logistiques, materielles et journalistiques. Revue de details.

Seoul, maillot rouge
 Le jour ou les hotesses d'accueil coreennes quitteront leur maillot et leur tee-shirt rouge sera a marquer d'une croix sur le calendrier. Venu de Tokyo, ou pas un calicot n'annonce la Coupe du monde, y compris a l'exterieur de la grande gare de la capitale, le choix vestimentaire en dit long sur la difference de ton et d'ambiance qui a regne ces dernieres semaines dans les deux pays organisateurs. Impossible, a Seoul, d'echapper a l'empreinte textile de la competition. Les victoires de la Coree du Sud ont transforme le pays en coquelicot. Receptionnistes d'hotels, hotesses d'aeroports, guichetiers de banques, vendeurs et vendeuses... La couleur rouge et le slogan ≪Be the reds≫ (Soyez rouges) sont devenus le nouveau mot d'ordre d'une population tellement entichee de ses joueurs que meme les foyers de personnes agees ont revetu l'uniforme. Dix millions de tee-shirts ont ete vendus, selon le Korea Times. Autant de badges rouges, portes par tous ceux restes fideles au costume et au tailleur strict.
 La fievre bleue nipponne, surtout visible lors des matchs du Japon (elimine en huitiemes de finale) et confinee au centre des grandes villes et autour des stades, peut aller se rhabiller.

Les coachs font mouche
 On croyait tenir le parallele parfait. Deux equipes asiatiques coorganisatrices entrainees par des etrangers. Deux coachs au discours quasi identiques, qui mettent l'accent sur la condition physique, le mental, la necessite pour leurs joueurs de savoir resister a la pression et aux grandes equipes. Et voila que la competition s'est mise a creuser le fosse entre les deux formations.
 Avec son equipe, le selectionneur francais du Japon Philippe Troussier a raccroche les crampons des les huitiemes, apres une defaite honorable face a la Turquie. Bref, rien de comparable avec, en face, le stratospherique neerlandais Guus Hiddink, propulse par la victoire des Diables rouges au rang de superstar, supermanager, supercitoyen. Troussier, l'elimination du Japon digeree, est a la recherche d'un emploi en Angleterre, en France ou ailleurs.
 Guus Hiddink, lui, plane au septieme ciel. La Coree du Sud lui a offert une residence balneaire a vie sur l'ile de Cheju, un passeport de citoyen d'honneur, une berline Hyundai de grand luxe et la nationalite (qu'il a declinee). Cheju, paradis des jeunes maries, prevoit de lui edifier une statue... au bord de la mer du Japon, la mer de l'Est pour les Coreens.

Marathon des stades
 La decision d'implanter un stade est avant tout politique. L'organisation de sa desserte est en revanche logistique. On n'osera donc pas, par egard pour le geant nippon, comparer celle des deux stades des demi-finales : Seoul et Saitama (nord de Tokyo). Trente minutes de metro en moyenne du cote sud-coreen. Une bonne heure et demie et un casse-tete d'effroyables navettes et de tortillards de banlieue de l'autre, pour atterrir au milieu de rizieres parsemees d'autoroutes. Mais Saitama possede un musee John-Lennon dans son Dome directement connecte a une station de metro. Le choix ne se discute pas pour les supporters fans des Beatles.

Sejour de haute facture
 Les Sud-coreens avaient un avantage de depart. Un repas coute trois fois moins cher a Seoul qu'a Tokyo, et la facture d'hebergement peut facilement tripler de l'autre cote de la mer du Japon. Resultat : pas facile dans la capitale nipponne de trouver cote a cote des fans de Hong-Kong, de Chine populaire, de Taiwan ou d'Asie du Sud-Est. Le premier tour a lessive les portefeuilles de tous ceux qui avaient tente l'aventure japonaise. Resultat : le compteur touristique des deux pays est en berne : le Japon, qui attendait 400 000 personnes, n'en a accueilli qu'environ 100 000. La Coree, un peu moins. Les hoteliers japonais sont d'humeur maussade : affoles par les prix, les gros contingents de supporters anglais et irlandais se sont rues vers les hotels bon marche de Sanya, un quartier populaire de Tokyo ou vivent beaucoup d'ouvriers journaliers.

Bonheurs quotidiens
 Une Coupe du monde Coree du Sud-Japon induisait : deux cartes de transport distinctes (Japan et Korea Rail Pass), des distributeurs bancaires nippons fermes pendant la nuit, des charters aeriens annonces et pas toujours au rendez-vous, une bimbeloterie Fifa facturee d'un pays a l'autre au meme tarif astronomique (en dollars americains), des equipes recluses dans un cas comme dans l'autre, une multiplication des stades telle qu'il fallait parfois parcourir plus de mille kilometres entre deux matches, deux langues differentes et considerees parmi les plus difficiles au monde, une pratique de l'anglais laborieuse malgre la bonne volonte des autochtones, des supporters locaux habitues a applaudir avant meme que l'action n'atteigne la surface, deux centres de presse aussi deserts l'un que l'autre a Yokohama et a Seoul, des hooligans qui ne se sont jamais materialises et plusieurs centaines de milliers de policiers ravis d'avoir decroche une rallonge budgetaire inesperee.

Ecrans plus ou moins grands
 Les Japonais devraient proposer a leurs elus de franchir plus souvent le detroit. Les Sud-coreens ont eu le loisir de regarder presque tous les matchs de leur selection nationale sur des ecrans geants installes au coeur des villes les plus importantes du sud de la peninsule. L'archipel a prefere consigner les fans demunis de billets devant leurs televisions. On recolte la fievre qu'on propage....

【日韓W杯6−0で韓国勝利 仏紙が日本の姿勢酷評】
 【パリ28日共同】28日付のフランス紙リベラシオンは、サッカーのワールドカップ(W杯)を共催した日本と韓国のファン気質、受け入れ態勢、滞在満足度などを比較した特集記事を掲載し「6−0で韓国の圧勝」と日本を酷評した。
 まずファンの熱中度は「国中で老いも若きも赤いシャツを着込んだ韓国」が「田舎に行けば垂れ幕もない日本」に圧勝。欧州人監督を起用し「快挙」を成し遂げながら、「日本のトルシエ監督は特段の名声を得られず、韓国のヒディンク監督は英雄化」。
 ソウルW杯競技場が電車で30分なのに、埼玉スタジアムは「ぞっとする輸送機関に揺られて1時間半」で「大会後の利用価値がどちらが高いかは明白」。
 さらに、食事もホテルも東京はソウルの3倍も値が張る上、ホテルマンは陰気。イングランドやアイルランドのファンらは愛想を尽かして、山谷の労働者街に宿替えした、などと指摘した。
 結論として、「ファンの熱気を大切にした韓国は『大興奮』を手にし、日本は…、何を得たろう?」と記している。 (了)
[共同通信社 2002年6月28日 20:21 ]
( ´_ゝ`)フーン。誰からその話聞いたの?納得できるのはトルシエと物価だけなんですけど。つか10倍のGDP差に対して物価差が3倍で済んでるとは考えんの?まあフランス代表は日本に来なかったもんなあ。
そういやトルシエの試合後の談話が伝わってきている。
【日本はまだ遅れている】
トルコ戦の翌日に行われた、トルシエ監督の談話が仏エキップ誌に掲載された。
トルシエ監督は、今回のワールドカップで 日本と韓国が躍進した原因は「地の利にある」と発言。 サッカーの強豪国の選手は欧州で活躍しているが、 韓国の選手の多くが、”Jリーグ在籍”ということにも言及。 まだまだアジアと欧州の差は大きい、と結論付けた。
(ソースはJNNニュースバード/2ちゃんねるより転載)
このトルシエの評価には私も同感だ。トルシエは性格がちょいアレだが、発言は概ね正鵠を射ていると思う。
【日本の組織力を評価 オランダのフリット氏】
 オランダ代表主将として1990年のワールドカップイタリア大会に出場し、創造力あふれる攻撃力が評価されて87−88年には国際サッカー連盟(FIFA)の年間最優秀選手にも選出された経歴を持つ名選手、ルート・フリット氏が今大会の日本、韓国の活躍を高く評価している。
 韓国は準決勝まで進出し、日本は1次リーグを突破してベスト16にまで進んだ。日本についてフリット氏は「よくやったと思う。今後、日本と対戦するチームに、容易には勝てないということを認識させた大会だった」と総括。日本の戦いぶりについては「特に組織力に優れたチームだ」と強調した。
 同じオランダ人のヒディンク監督が指揮した韓国にはさらに高い評価を与え「非常に攻撃的なチーム。最終局面での得点能力にわずかな課題を残すものの、技術、体力を見ても欧州、南米のチームに引けを取らない」と最大級の賛辞。
 フランス、アルゼンチンなどが早々と姿を消した波乱の大会となったが、同氏は「がっかりというようには受け取っていない。参加する多くの国が目標を高く持って大会に臨んだ結果だ」と、各国の戦力が接近していると分析した。(共同通信)[6月28日6時9分更新]
ありがとう、フリットさんヽ(´ー`)ノ
【要人の行動もゲーム次第 国内外から30人以上観戦へ】
 横浜国際総合競技場でW杯決勝ドイツ−ブラジル戦を観戦する国内外の要人は、天皇、皇后両陛下や小泉純一郎首相、金大中韓国大統領、ドイツのラウ大統領とシュレーダー首相ら30人を超える見通しだ。
 だが分刻みで動く主要国首脳会議(サミット)と異なり、延長戦などゲームの流れで要人の行動も変わる。約7400人態勢で臨む神奈川県警は予定外のVIP来場も念頭に、警備計画の最終確認を進めている。
 県警によると、VIPは東京都内と同競技場を車で往復する形となる。このため、30日午後8時の試合開始を基準に、試合開始前と終了後各約2時間は大規模な交通規制を実施。道路沿いのビルなどにテロに備えて警察官を配置、ヘリコプターも出動させる。
 警護対象者は都県境で警視庁と引き継ぐ。県警幹部は「これだけ多くの要人引き継ぎは、全国的にも例がない」という。
 さらに県警が気に掛けているのは、在日ブラジル人約25万人の動向だ。
 県警によると、26日の準決勝で埼玉スタジアムに入場したブラジル人サポーターは約7000人。決勝ではそれ以上のブラジル人が入場するとみられ、競技場周辺にどの程度詰め掛けるのかは予想困難としている。(共同通信)[6月28日6時11分更新]
お待ちしていますヽ(´ー`)ノ
【W杯ビデオ判定導入を否定…ブラッター会長】読売新聞
 国際サッカー連盟のブラッター会長は28日の記者会見で、審判の判定問題について、「ここまでの全試合の5%の判定に議論の余地がある」として、この日開かれたW杯組織委員会でも論議されたことを明らかにした。
 その上で、「判定へのテクノロジーの導入はしない。人間の判断を機械が否定したらどうなるか。サッカーは人間がやるから面白いのだ」と強調し、判定へのビデオ導入などを否定、改善策として研修などを通したレベルアップの徹底を挙げた。
[6月28日1時55分更新]
…まあ、怪しい判定がある度にビデオで確認してたら堪らんわな。試合進行が。
【「犬殴り殺す原始的な韓国」米芸能誌に韓国中傷広告】CNN
ハリウッド芸能専門誌に韓国のイメージを悪化させる広告が掲載され、物議をかもしている。
米国の動物保護団体「PETA」は、24日付の『ハリウッドリポーター』に、「生きた猫を圧力がまに入れて煮たり、犬を感電死させたり、首をくくったまま殴り殺す、原始的な慣習が日常化している韓国を訪れたことを歓迎する」という内容の全面広告を出した。
在米韓国人は「ワールドカップ(W杯)で世界の関心を集めている韓国のイメージを傷つけようとする狙いがある」とし、反発している。
在米韓国人1.5世や2世が中心となった韓米連合会(KAC)は、「PETA側の広告により、エンターテイメント・広告界が見る韓国に対するイメージが悪くなる」とし、「ハリウッドリポーター誌とPETAに抗議文を送るなど、強く対応していく」としている。
LA=慎重敦(シン・ジュンドン)特派員 2002.06.28 16:59
まー韓国人が実際に何をやってるかは知らんが、食文化に関しては私はとやかく言いません。そんなん日本の鯨食いだって西洋人から見ればレッドカードだし(北欧諸国が同志だけどね)。
スペイン戦の副審指名に圧力】- fuoriclasse
http://www.ccnet.ne.jp/~m-okaza/x-o2.html
「FIFAメンバーの北中米カリブ海サッカー連盟会長のトリニダードトバコのワーナー会長などは、息子が韓国現代グループから奨学金をもらい、日本を押すアベランジェにも事業で協力してもらっている恩義もある。」
日本が毅然とした態度を取らないと、こうやって共犯を疑われる事になるわけですよ。ほんと勘弁して。

ちなみに本日、「バイロン・モレノ氏がイタリアマフィアに射殺された」というデマが流れました。身体に30発の弾丸を浴びて蜂の巣になったという生々しい記述とソースの添付があったため、1時間くらい信じてました。
「あっちゃーイタリアンマフィアが早まりおった」と思いましたよ。いやマジで。結局中国人が作ったネタでしたが。
6月27日
【Ahn agrees to stay at Perugia】
South Korean golden boy Ahn Jung-Hwan has reportedly signed a three-year contract to stay in Italy with Perugia.
Ahn, whose golden goal ended Italy's World Cup dreams in the second round, has apparently resigned himself to being Serie A's number one hate figure by agreeing to a new deal.
It makes it highly unlikely now that Ahn will move on, despite suggestions earlier this week that he was keen for a change of environment.
The saga of Ahn's future at Perugia has turned full circle with the other main protagonist, club president Luciano Gaucci, announcing that the 26-year-old forward would be welcomed back to Italy after initially stating he was to be sacked.
"Ahn has already signed a three-year contract with us, he will stay with us - he wants to continue in Perugia," said Gaucci's son, Alessandro, who is the club's general director.
Nine days ago, Gaucci senior was widely reported as wanting nothing more to do with the Korean after he had knocked out Italy.
For his part, Ahn denied ever saying anything negative about Perugia and clearly he and the Gaucci family have made up over the past few days.
"I have spoken to Ahn on several occasions and he wants to come back, he has a contract with us and we have cleared all the misunderstanding there was," Luciano Gaucci said on Thursday.
During the past week, Ahn has been linked with moves to several clubs, including Rangers, Chelsea and Atletico Madrid.
A former agent of Ahn's is reported this week to have said the Korean did not want to return to Perugia, but Luciano dismissed such talk as "rubbish".
He added: "The player has already signed a contract with us and those people just want to create confusion.
"Most probably because they did not want the player to sign for us as they would have gained more money with another deal.
"In any case we have a deal with the player and if that is not obeyed it would be a breach of contract, thus breaking Fifa regulations."
(Times 27 June, 2002, 17:32 GMT 18:32 UK)
安貞桓もペルージャ残留に合意か…じゃ昨日のは何だったんだ?
韓国の報道も悪質だな。国民を団結させるつもりでとは…そんな形で国民感情を煽るなよ。
ワールドカップ準々決勝vs韓国戦で左足の大腿部を負傷したユヴェントスのイタリア代表MFジャンルカ・ザンブロッタは、精密検査の結果全治3ヶ月と診断された。(02/06/27 7:57 Football Online)
李天秀の野郎…!ヽ(`Д´)ノウワァァン
【「安貞桓の年俸、10倍上昇」英紙】
英ガーディアン紙はスポーツエージェントのジェロム・ランダーソンの諮問を受け、今回のワールドカップ(W杯)で最も価値が上昇した選手12人を選定、発表した。
同紙は、韓国の安貞桓(アン・ジョンファン)の年俸が今大会前の50万ポンド(約1億円)から500万−600万ポンドに跳ね上がったと評価した。
同紙はまた「安はイタリア戦のゴールデンゴールだけでなく、ペルージャ・ガウチ会長による安貞桓放出発言で、今大会最高の話題のプレーヤーになった」とした。
ガーディアン紙はまた、英アーセナル所属の日本の稲本潤一についても、大会前の400ポンドから600ポンドに上昇したと評価した。
2002.06.27 12:55
その稲本の価値は誤植ですか?それともわざとですか?(;´Д`)
【「ドイツ戦の審判は不当」鄭夢準会長】産経
 国際サッカー連盟(FIFA)副会長であるワールドカップ(W杯)韓国組織委員会の鄭夢準会長(韓国サッカー協会会長)27日、東京で開かれたFIFA組織委員会の会議で、韓国がドイツに敗れた準決勝について「主審がドイツ系スイス人だったことは不当だ」と主張した。
 韓国の通信社、聯合ニュースが同サッカー協会の話として伝えたもので、鄭会長は「(ドイツ系スイス人を起用することは)韓国選手と意思疎通が可能な韓国系の中国人や日本人が審判をするのと同じ」と強調。
 「(W杯は)欧州選手権ではなく全世界的な大会」として、FIFAの審判員選定は中立性を疑わせるものだと批判。ドイツ−韓国戦の主審選定にあたって「中立地域からの起用を求めた審判委員たちの要請が無視された」と述べた。
 同ニュースによると、アフリカや北米など出身の執行委員もこれに同調、28日に開かれるFIFA執行委員会で審判員選定制度の改善問題が論議される見込みという。(共同)
身から出た錆。李天秀曰く「審判のせいにするのは負け犬の遠吠え」だそうですよ(ププ
【日韓共催は成功=FIFA会長が会見】
 国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は27日、横浜市内の国際メディアセンターで記者会見し、30日に決勝を迎えるワールドカップ(W杯)日韓大会について、「大変ハッピーだ。素晴らしいサッカーを楽しむことができた」と、共同開催が成功したとの認識を示した。
 今大会は史上初めて2カ国の共催となったが、同会長は「共催はプラスの影響ばかりだった」と競技場やスタンドの雰囲気、日韓両国のもてなし、ファンの姿勢などを例に挙げて絶賛した。
 2010年大会以降の共催の可能性は否定しなかったものの、日韓双方の組織委員会との調整に難しさを実感したためか、「組織委は1つにした方がいい」と感想を漏らした。
 議論を呼んだ誤審問題に関しては、「審判も人間だから間違いを犯すことがある。だが、判定を補助するような機器の導入は考えていない」と従来の意見を述べるにとどまった。 (了)
[時事通信社](時事通信)[6月27日19時48分更新]

【最高の大会ではなかった FIFA会長が異例の総括】
 国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は27日、横浜市で会見し、波乱の続いた第17回ワールドカップを総括し「最も興味深いW杯の1つではあったが、サッカーとしては多分、最高の大会ではなかった」と述べ、W杯の競技レベルの低下を認める異例の見解を示した。
 同会長は快進撃を続けベスト4入りした韓国や、1次リーグを突破した日本などの新興勢力の躍進を「実力差が縮まったことはもはや驚きではない」と評価した。一方で欧州、南米の強豪が早い段階で敗退したことに「大会までの準備期間が短く、疲れていたチームもあった。今回は最も高いレベルの大会とはいえない」と話し、世界サッカー界の過密日程をその要因として示唆した。
 今大会では1次リーグで前回優勝国フランス、優勝候補といわれたアルゼンチン、ポルトガルが敗退し、決勝トーナメントに入ってイタリア、スペインも韓国に敗れた。フランスの司令塔ジダンが故障で2試合を欠場するなど、万全でない有力選手も多かった。
 FIFAはW杯を「世界最高の大会」と位置付け、五輪のサッカーに年齢制限を設けるなどしてW杯の権威を維持してきた。FIFA会長が「最高の大会ではなかった」と認めたことは、波紋を広げそうだ。(共同通信)[6月27日23時20分更新]
ブラッター会長も忙しいお人やね。成功だが大成功ではない、か。
【韓国ベスト4は“実力”か“誤審”か… 記者によって見方分かれる】
 ワールドカップ(W杯)で「奇跡」のベスト4入りした韓国。世界各国からソウルに集まった記者は一様に韓国の快進撃をたたえ、街頭を真っ赤に染め「大韓民国」と大合唱する応援風景に驚く一方、審判問題では「誤審」を主張する欧州と欧州以外で意見が分かれた。記者6人の見方は…。
 「韓国の勝因は3つ。選手が懸命に挑戦したこと。次に山のような応援団。最後は運だ」というのはナイジェリアのテレビ局のリポーター、アブドゥルラーマン・イビン・モハメドさん(44)。「審判も人間だからミスはある」と微妙だが「小国が勝つといろいろ言われるものだが、韓国が勝ったのは実力」ときっぱり。
 大会は韓国人の反米感情の根深さも見せつけ、米国戦では必ず相手を応援、米国選手へのブーイングが渦巻いた。米国人の通信社記者ポール・エッカートさん(40)は「対戦相手のメキシコのサポーターだって、あんなことはしなかった」と怒る。しかし「韓国が負けた時も大半は整然と行動し、自制が利いていた」と評価。審判問題では「イタリアやスペインの反応もやりすぎ」と冷静だ。
 ロシアのスポーツ紙記者ボリス・ボクダノフさん(43)も応援には「びっくり」し「誤審はどの試合でも起こり得る問題。それがサッカー」と明快だ。韓国選手を「レベルが高いし、実力で勝ったのは間違いない」とした。
 一方、イタリアの写真通信社社長ジュリアーノ・ベビラクアさん(57)は「韓国のレベルは高い」としながらも「同じファウルでも、イタリアやスペインだけイエローカードという判定が何度かあった。(イタリアの)トッティのレッドカードはおかしい」と納得していない。
 ドイツのサッカー誌記者ハンス・ギュンター・クレムさん(47)も「スペイン戦での幻のスペインのゴールのうち、1つは確実に入っていた」と断言。「若い選手は欧州でも活躍できる」とし、応援は「ワンダフルだけど、ちょっとクレージー」。
 だが、メキシコのテレビ局のロベルト・ヘルナンデスさん(63)は「韓国は他国と大きくスタイルが異なり、体力と精神力が抜群に優れている。要は得点を入れればいいのさ」と欧州を中心にした批判を一蹴(いっしゅう)した。
(ソウル共同)ZAKZAK 2002/06/27
他は今更だから1つだけ。ヘルナンデスさん、スペインは得点を取り消されたんですよ?それも2度。
6月26日
ブラジル1-0トルコ
【プラティニ:審判には助けが必要 】
元フランス代表で、現在はFIFAの幹部を務めるミシェル・プラティニが、FIFAworldcup.com との独占インタビューで、2002年FIFAワールドカップ?本大会におけるフランスの敗退について彼なりの解釈を示したが、審判に対する批判は差し控えた。(中略)
トルコは、疑いもなく最強のチームの1つです。ほとんどの選手はガラタサライでいっしょにプレーしていますし、何年か前にはアーセナルに勝ってUEFAカップに優勝していますから、実力もあります。(中略)
日本とアメリカは将来が楽しみなチームです。韓国は、審判の裁定が幸いするという運の良さがありました。1次リーグでのポルトガル戦ではそれほど気になりませんでしたが、イタリアとスペインはボールがアウト・オブ・プレーだったということでノーゴールになってしまいました。韓国がポルトガルやイタリアやスペインよりも強いとは思えないでしょう。彼らは運がよかったのです。そういう意味ではアメリカもそうです。アメリカはドイツのトルステン・フリングスがラインを超えそうになったボールを手を使って止めたときにPKをもらうべきでしたが、アメリカもメキシコ戦でDFがペナルティエリアで手を使ったときにPKを免れています。物議をかもすのはいつものことですが、今回ばかりは韓国だけが得をしたようです。とはいえ、韓国はすぐれたチームですから、彼らに勝つのは大変です。ここまで準備をしてきたフース・ヒディンク監督の力が大きかったと言わなければなりません。(中略)
―-でも、今回はこういった問題が多いのはなぜですか。
主観的なものや、意見の分かれるものなど、判断のむずかしい場合は必ずあります。今回、ちょっとしたことが大きな悲劇をまねいたのは、韓国戦で、スペインのゴールが認められなかったことでしょう。ボールはラインを割っていませんでしたし、しかもそれは審判の目の前で起こったことでした。あれは大きなミスでしたから、批判が吹き出したのも当然です。陰謀だという新聞もありました。そういうことはあり得ませんが、審判の水準についての議論が再燃することになりました。
FIFA幹部だからこそその内情を正直に語ってほしいんだけど…目の前で怒った「誤審」は誤審じゃないだろ。
4強に残った韓国より日本(とアメリカ)の方を評価してくれてるみたいなのは嬉しいけど。
で、これ↑は実は24日のことなのかな?昨日プラティニの意見を受けてこんなことに。
【「第4審判」導入を検討】
国際サッカー連盟(FIFA)は、審判の判定疑惑が議論になっていることから、来年からペナルティーエリアだけ担当する「第4審判」の導入を検討している。 
英BBCスポーツは25日、スイスのスポットインフォメーション通信の報道として、「ブラッター会長をはじめFIFA首脳陣が、第4審制を導入しようというプラティニ理事の提案に肯定的な立場を示した」と報じた。
第4審は副審とは異なり、ゴールの後ろでPKの状況、シミュレーション、ゴール前のオフサイド、ラインアウトだけを判定することになる。FIFAは同制度を、来年のユース選手権、コンフェデレーションズカップなどで試験的に導入し、2004年のヨーロッパ選手権、2006年のW杯ドイツ大会に段階的に施行していく計画だ。 (2002.06.25 19:46)
審判の数を増やすのは悪くないな。けど今回の問題点はそこじゃないんだよな。
【スペイン戦の副審指名に圧力−Marca紙】(2002.6.26)
■ 25日、スペイン"Marca"紙の公式サイトは22日のW杯準々決勝スペインvs韓国戦でトリニダード・トバゴ人のマイケル・ラグーナス氏を副審に指名するよう圧力が存在していたと伝えた。 FIFA(国際サッカー連盟)の審判委員会の一員であるエドガルド・コデサル氏(メキシコ)が明らかにしたものだが、コデサル氏はスペインのビジャール氏に続いて委員辞任を表明している。コデサル氏によるとラグーナス副審の指名を後押ししていたのはCONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)の審判委員長エメルソン・マトゥリン氏で、さらにその背後にはCONCACAF会長でトリニダード・トバゴ人のジャック・ワーナー氏の存在があるとしている。ワーナー氏は先日のFIFA会長選ではブラッター会長を支持していた。ラグーナス副審に対して何らかの意図的な判定をするよう圧力がかかっていたかどうかは明らかではない。
真実や如何に?
【独シュレーダー首相が決勝戦観戦で来日へ】毎日新聞
 ドイツ首相府は26日、シュレーダー首相が30日に横浜で行われるサッカーのワールドカップ(W杯)決勝戦観戦のため、日本を訪問すると正式発表した。小泉純一郎首相の招待により、カナダでの主要国首脳会議終了後、直接日本に向かう。具体的な日本入りのスケジュールは未定という。
 決勝戦は、06年の次回W杯開催国ドイツを代表する形でラウ大統領が観戦することが決まっていたが、これに加えて首相、外相、内相も横浜に勢ぞろいし、ドイツ政府の中枢が日本に“移転”することになる。(ベルリン共同)(6月27日 10:21)
小泉、ここは二つ返事で承諾だ。勿論重大な責任を伴うが無事果たせばあんたと日本の国際評価が上がるぞ。
【韓国サポーターが北朝鮮に応援呼びかける】毎日新聞
 W杯韓国代表のサポーター「レッドデビルズ」に加わった一部の市民団体は26日、韓国が出場する29日の3位決定戦(大邱)を、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正日総書記も応援するよう「レッドデビルズ」の赤いTシャツなど応援用品を送ることを決めた。27日にソウル市内の郵便局から発送する。市民団体は、Tシャツのほか、赤いバンダナ、プラカードとともに、試合時間に合わせ平壌市民も応援するよう求める金総書記あての書簡も同封する。
 北朝鮮の朝鮮中央テレビは、今回のW杯をほぼ連日、約1時間に編集して放送、韓国や日本、米国の試合も取り上げる柔軟な姿勢を見せている。 (共同)(6月26日 23:42)
( ´_ゝ`)フーン
【英は手放しで韓国称賛(共同通信)】2002年6月26日(水) 0時5分
 【ロンドン25日共同】ワールドカップ準決勝、ドイツ-韓国戦について英国のテレビ各局は25日、「最後までよくやった」と韓国の善戦ぶりをたたえた。
 有料テレビのスカイニュースは「欧州の強豪を破ってきた韓国は恐れることなくドイツに立ち向かい、ドイツを最後まで苦しめた」とし、「予想をはるかに超える大活躍だった」とたたえた。
 英国は2度の世界大戦の過去もあってドイツへのライバル意識が強い。それを割り引いてもかなり手放しの称賛ぶりだ。
 試合を生中継した民間テレビITVは「特に前半は素晴らしい守備だった」「韓国にとってハッピーエンドにならなかっただけだ。彼らの活躍はこの大会を盛り上げた」と評価。BBCテレビは「ドイツは運が良かっただけだ。韓国との実力差は伯仲していた」と論評した。

【スペイン報道陣も拍手(共同通信)】2002年6月26日(水) 0時7分
 ドイツ-韓国戦を観戦したスペインの報道陣は、ドイツの堅守と韓国の執念が真っ向からぶつかったゲームに感嘆した。
 テレビ局のアンテナ3のスタッフらは「韓国の粘りは素晴らしかった。だが、それを上回るドイツの攻守のバランスのよさと組織力が勝利につながった」と口をそろえた。
 準々決勝でスペインが韓国に敗れた際は疑惑の判定に不満を爆発させたマスコミも、この日の熱闘は拍手でたたえた。(ソウル共同)
不正をして勝っても称賛されないが正々堂々と戦えば負けたって称賛される。そういうこと。…もっとも試合前に欠かさず50tもの水をピッチに撒いてるようじゃ、とても正々堂々とは言えんが。
【安貞桓、契約更新申し出を拒否 ペルージャとたもと分かつ】
 【ソウル26日共同】韓国代表の安貞桓が、所属するイタリア1部リーグ(セリエA)のペルージャに戻らない意向を固めたと26日、同選手の代理人が明らかにした。
 安はW杯の決勝トーナメント1回戦のイタリア戦で、ゴールデンゴールを決め、ペルージャのガウチ会長から「イタリアのサッカーを壊すような者に給料を払うつもりはない」と事実上の解雇通告を受けた。
 ペルージャ側は、この過激な発言に対する国際的な非難を浴びたことで態度を一変、現行のKリーグ釜山からの期限付き移籍から、完全移籍に切り替え、契約を更新したいと申し出ていた。
 AP通信によると、安の代理人は「彼はペルージャからの申し出を完全に断った。『移籍についてこれ以上話し合うことはない』と述べた」としている。(共同通信)[6月26日19時57分更新]

【アン ペルージャと決別】スポニチ
 韓国のエースアン・ジョンファンが29日のトルコとの3位決定戦(大邱=テグ)に勝負を懸ける。地元の大声援を背に受けて、アジア歴代最高の3位を目指す戦い。勝てば自らの展望も大きく広がる。この日、セリエA・ペルージャ退団を正式決定、新たな移籍先を探すことを決めた。ともに戦う若手選手も欧州移籍を望んでいる。より高い評価を得るため、快進撃を尻すぼみにさせるわけにはいかない。
 左足首の状態は万全ではない。しかしアン・ジョンファンは3位決定戦にすべてをかけて戦うことを明らかにした。「大邱での試合が、どれだけ大事なのかはよく分かっている。決勝を戦う気持ちで臨む。勝つと負けるでは大違いだ」。ドイツ戦は後半9分から途中出場。しかし体は思うように動かず、シュートは1本も打てなかった。韓国国民の期待に応えられなかった悔しさは、自身のゴールで晴らすしかない。
 そのうえ、この日、自らの契約問題で進展があった。ペルージャに戻らないことを最終決定したのだ。前日、ペルージャ側から保有権を持つ韓国Kリーグ・釜山に対し、完全移籍で再契約したいと正式な申し込みがあった。しかしアンの所属するマネジメント会社「イープレイヤーズ」は「オファーをはっきり拒否した。W杯でのゴールを称賛するどころか、侮辱するようなチームと交渉するつもりはない」と完全決別を宣言。これでトルコ戦の出来、印象が来季の移籍先、ひいては今後のキャリアに重大な影響を及ぼすことになった。
 ペルージャとのレンタル契約は今月いっぱいで終了。希望するプレミアリーグ(イングランド)からはウェストハム、チェルシー、リバプールなどが興味を示している。より良い条件で自分を売り込むためにも、3位決定戦での活躍は不可欠だ。アンだけでなく、Jリーグ京都でプレーするパク・チソンも欧州希望。さらにチャ・ドゥリに関してはドイツ・ブンデスリーガのレバークーゼンなどが調査を進めている。これら新天地を目指す若手選手にも最後のアピールのチャンス。
 無尽蔵の体力をアピールし、進撃を続けてきた韓国。地元の大声援を背に、選手たちにとっても進路先を左右する集大成の戦いになる。(以下略)
ぶふっマジですかい?まあいいけどね〜。
【ドイツvs韓国】イサイズスポーツ reported by 安田良平
ノイビル選手(ドイツ)の試合後コメント
――試合について
 今、僕達はファイナリストになった。アメリカ戦よりも今日のドイツは良いプレーができていた。でも、もっと良いプレーができると思う。今日の僕達は勝利に値するよ。
――スタジアムの雰囲気はいかがでしたか
 韓国サポーターのスタジアムでの振る舞いはとても礼儀が良かったよ。雰囲気は良かったね。彼らは韓国を応援し、僕達をけなすことはなかったから。
――ドイツについてノイビル選手の意見は
 ドイツ相手に点を取るのは難しいね。ゴールを許さなかったら、70%の確率で勝てるんだから。守備で優位に立てば、いつでもストライカーがゴールを決めることができるよ。

ヒディンク監督(韓国)の試合後コメント
――今日の結果には失望したのでしょうか
 決勝進出を果たせなかったことは残念です。ドイツのほうが、わずかばかし多くの場面での経験がありました。後半、私達は相手ゴールに迫りましたが、前半はドイツに敬意を払いすぎました。でも私は選手たちを誇りに思います。なぜなら後半、相手ゴールに迫ることができたからです。長いトーナメントを通じ、選手たちのパフォーマンスをとても誇りに思っています。
――選手たちはとても疲れていたのではないでしょうか
 言い訳はあまりしたくありません。前半はパワー不足でした。そして相手選手へのマークが遠すぎました。そして過度の敬意を払ってしまいました。これこそ経験です。後半は良くなりました。幾度か脅かしました。ビッグチャンスはありませんでしたが、それはドイツも同じです。でも現実に立てば、ドイツのほうが経験が僅かばかし豊富でしたし、結局はその差が出ました。
――ドイツにゴールを奪われた後、どのように反撃を試みたのでしょうか
 このチームは常にリアクションサッカーです。その時点で私達は試合を支配し、中盤ではボールを支配していましたが、それが良くなかったのです。そして自分で自分の首を締めてしまいました。でも私は、チームはリアクションサッカーを行なえ、実際に行っていたことには自信を持っています。でも、良いラストパスを通すことができませんでした。怖れすぎてしまい、一つか二つのチャンスしか作ることができませんでした。
――3位決定戦に進出することになりましたが
 今夜の結果は残念に思います。でも私達は元の状態に戻り、自分たちのためにも、3位にふさわしいレベルまで選手たちを再び持って行こうと思います。もちろん、私達はこの悲しみを耐え、この国のためにも、3位になるために回復しなければなりません。
――負けたことについて
 最初の落胆は通りすぎました。選手達が決勝トーナメントで達したものを誇りに思いますし、そしてまだ終わっていません。私達は回復しなければ、もちろん今夜から…。明日はオフにして、何もしません。選手たちも休み、木曜日から3位決定戦の準備を進めます。
――スタメンを変更しましたが
 なぜならイタリアと120分間を戦い、スペインとは身体的に非常にタフな試合をしたので、身体的な問題がいくつかあったからです。アン・ジョンファンは軽い怪我をしていて、昨日が(スペイン戦後)初めての練習でしたので、試合の最初から最後までプレーすることはできませんでした。それが彼が半分しか試合に出なかった理由です。
――キム・ナイルの怪我については
 彼に対してはとても申し訳なく思っています。なぜなら彼は、膝がかなり悪いにも関わらず、過度の負担をかけていたからです。我々にとって貴重な選手であったキムが、負傷退場したプレーに気がつかなかった審判に対して、遺憾の思いを抱いています。
――決勝トーナメントを戦った対戦相手について
 我々が戦った相手、4〜5つの偉大なヨーロッパの国々を忘れることはないでしょう。
――決勝トーナメント全般を振りかえってください
 全体的に、海外のメディアが韓国がここ数週間で成し遂げたことに対して、多大な敬意を払ってくれたことをとても嬉しく思いますし、とても誇りに感じています。
――ファンに対しては
 国民に対しても感謝の言葉を述べたいです。なぜなら素晴らしかったからです。彼らは本当に私達を後押ししてくれましたし、たとえ敗れた後でも、彼らは選手を称えてくれましたし、選手たちも韓国チームへの非常に大きいサポートに感謝しています。
――海外のチームから韓国チームはどのように見られるでしょうか
 世界は今、韓国が組織的に、献身的に、高い質のサッカーができるということを知ったのです。
6月25日
【韓国代表のFW安貞桓がペルージャに完全移籍へ】
 今大会で2得点を挙げている韓国代表のFW安貞桓が、レンタル移籍で所属しているイタリア・ペルージャに、来季から完全移籍することが25日、決まった。
 前所属チームで安貞桓の保有権を持っているKリーグ釜山アイコンズによると、ペルージャ側と昨年レンタル移籍契約を結んだ際、「160万ドル(約2億円)の移籍金をペルージャ側が釜山に払えば完全移籍させることができる」という契約を結んだ。同日、ペルージャ側から「契約通り、権利を行使したい」という内容の文書が届いたという。
 安貞桓については、ペルージャのガウチ会長がイタリア戦でゴールデンゴールを挙げたことに絡んで激怒し、19日付のイタリア紙で解雇の意向を表明していたが、一転、高い評価に切り替わった。(朝日新聞 6.25 11:55)
おやおや和解ですか。ガウチが飼い殺しのために大枚はたくとも思えんし、もしかして本気?まああんな人格破綻者でもいいっつーなら留め立てはしませんや。しかし朝日新聞さんよ、いつまでも嘘を定着させている記事は感心できませんな。
【South Korea guilty of unfair play?】
(writes Ian Buruma, Tuesday June 25, 2002 The Guardian)
 So are the Koreans cheats? Before speculating on that, I have to say I'm a sucker for cheap sentiment. Tears are easily jerked: the scene in Casablanca, say, when the French drown out the Nazis with the Marseillaise, that gets me every time. And so it was last Friday, when I cried with joy at the Korean victory against Spain. Or perhaps it would be more accurate to say I cried for the Koreans' joy at being a nation of heroes, who outshone the Japanese, and astonished the world.
How could one resist this Boy's Own story? A seasoned Dutch coach, Guus Hiddink, arrives to handle a team of inexperienced players, who were happy if they could beat Macau. Their most serious rival was Japan. When Japan got trounced 5-0 in Paris by France, the Koreans were proud to get away with only 4-0. Hiddink told interviewers that he didn't want to "change Korean culture", but in fact that is precisely what he did - up to a point. When he saw how the senior players lorded it over their junior colleagues, eating their meals first, not brooking any criticism and so forth, Hiddink decided to crack this Confucian hierarchy open. The result shows once again how cultural habits can sometimes be changed for the better by outside forces. Hiddink is a national hero, whom every Korean housewife, according to polls, sees as the ideal husband.
 Confucian deference to the boss did mean, of course, that Hiddink could mould his players in a way that would never have worked in Europe. The Dutch, whom he coached previously, questioned everything he said, and I can't imagine that the prima donnas of Real Madrid took much stick from him either. So he was perhaps a little selective in his efforts to change Korean ways. The players may be more equal now, but the boss is still a patriarch of the old school. They treat him like a wise father. He calls them his "boys".
 One thing Hiddink didn't have to change was the combative spirit of the Koreans. South Korea, ruled for almost 50 years by Japanese martinets, then devastated by a terrible war, then governed until 1986 by military strongmen, and still on constant alert against a belligerent north, is not a place for softies. Military training is so tough that it is not unusual for conscripts to come home in a coffin. And the samurai spirit, pretty much dissipated in Japan, still marks the Koreans, in the same way that 1930s English marks Indian newspapers, and Raj-style discipline marks Singapore.
 Imperial legacies have an interesting way of sticking around in the colonies long after they have disappeared from the old metropole. Except that Koreans always want to go one better than their masters; if the Japanese had a martial spirit, the Koreans became super-samurai.
 Korean nationalism also gives off a whiff of religious zeal. You get a flavour of it in the South Korean papers. The match against Spain was reported in the Dong-ah Ilbo as "Korea's long, bloody struggle", during which "the Korean players [nicknamed the Taegeuk Fighters] almost fought themselves to death for the victory of the game. All of the 47 million Koreans sincerely prayed for their victory. The goddess of victory did not turn her back on the Koreans' wish."
 Now this is no more hysterical than Brazilian commentators braying "Goooooaaal!", or Italian newspapers swearing vengeance, or British tabloids crying, "Achtung Fritz!" when "the squad" faces the Germans. But it is clear that winning means something more to Koreans than to most people; those three million red-shirted people screaming and dancing in the streets of Pusan and Seoul feel they have a lot of humiliation to make up for.
 But are they cheats? Referees make mistakes, to be sure, but five goals disallowed against Korea does indeed look fishy. It is theoretically possible that the referees were bribed with cash. It is more than plausible that they were wined, dined, and provided with pleasant company. That, too, is part of Korean culture. And one can easily imagine how a ref from Egypt or Ecuador might feel a little overawed in a stadium full of Koreans baying for the goddess of victory. But none of this is proven, and there was no evidence of foul play among the players. On the contrary, they are so fair, compared to their opponents, that Hiddink felt he had to toughen them up. Before he took over the team, they were, in the coach's words, too "naive".
 Presumably, in order to make them less naive, Hiddink had to teach them how to take the odd dive, or kick a shin or two, or crack a few noses with elbows. But if so, the Koreans still have a lot to learn in this department. And this, perhaps, offers the most likely explanation for the referees' erratic decisions. European pros know every trick in the book. They are consummate actors, cynical masters at gamesmanship, and experts at intimidating referees. Experienced European refs have learned how to cope. But can one blame a less experienced referee from a developing country for seeing almost every Spanish or Italian action as a piece of trickery? Perhaps the referees were biased against the Europeans not because they were bribed, but because European cynicism invited their distrust.
 I really hope I'm right. I like South Koreans, and wish them well. For those of us who like the occasional binge of easy sentiment, please allow us to dream on, undisturbed by sour grapes or official skulduggery. Why should the prize always go to the same bunch of pampered multimillionaires? And above all, don't let it be Germany.
たまには韓国を擁護する意見も引用しときます。英大衆紙ガーディアンより↑。
しかしこのイアン・ブルーマって人、強迫観念だけであそこまでの偏向判定になると本気で思ってるのかね?
イギリスでそんなこと言ってるのは極少数。度を越した買収劇に欧州が怒りました。
【英マスコミ、態度を変え「韓国バッシング」へ】
全世界の視線が韓国−ドイツ戦に注がれた。ドイツは事実上休日同然で、与野党指導者が勝利を確かめる会合を行ったりした。韓国のベスト4入りに驚いた欧州の各マスコミは「韓国バッシング」に出た。
◇ドイツ「仕事中断」=韓国−ドイツ戦が始まった25日午後1時30分(現地時間)から約2時間、ドイツの会社員らはほとんど仕事を中断した。大部分の企業では社員らがホールや休憩室に集まり、試合を見守った。
ドイツ自動車協会(ADAC)は「準決勝が行われる時間帯には故障申告に対する出動が遅れる」と加入者らにあらかじめ通告した。官公庁や銀行なども試合中には顧客相談を避け、各学校では授業を短縮、学生らを早く帰宅させた。
◇英国の韓国バッシング=イタリア戦までは韓国の躍進を高く評価していた英国マスコミが態度を変えた。デイリーミラー紙は「ドイツチームに祝杯を−驚くほど運のいい開催国の信じられないストーリー」という見出しの24日付の記事で「韓国は審判のおかげで4強入りした」とし「(実力が不十分な)韓国が準決勝に進出したのは『ブラックコメディ』であり、このためワールドカップ(W杯)はこれ以上意味をなさなくなった」と非難した。記事は「韓国チームが敗退する瞬間まで、もう一杯!」という文章で結ばれていた。
◇ロシアでも韓国バッシング=ロシアのある有力日刊紙は「ブラッターFIFA会長が、韓国チームの準決勝進出のため手段と方法を選ばずに手助けした」と非難した。また別のスポーツ紙も「審判のホイッスルがスペインを殺し、韓国を4強に押し上げた」と書いた。(2002.06.25 22:27)
【FAIRYTALE OR A BLACK COMEDY The incredible story of a (very) lucky host nation】Daily Mirror
Oliver Holt Chief Sports Writer Reports From Tokyo
 It should have been the story to gladden our hearts and captivate our souls.
 In other circumstances, the presence of an Asian team in the World Cup semi-finals would be something to celebrate. Another step forward in the globalisation of the game to be welcomed as readily as all the advances African teams have made in the last two decades. Another dent in the traditional dominance that has made European and South American football so arrogant and complacent.
 But South Korea's march to the last four is not a romantic's dream and nor is it a fairytale.It doesn't even matter any more that it appears to have given the co-hosts a sense of nationhood for the first time. Or even that World Cup success seems to have accelerated the process of uniting North and South Korea, for so long sworn enemies.
 Because the reality is that South Korea's survival in this tournament is a giant con trick. It's larceny on a grand scale. A trick of the light. A mote in the eye. Because in case it passed you by, Spain beat South Korea 2-0 in Gwangju on Saturday.
 The Spanish dominated the game and forced their opponents into an own goal to prove it. Disallowed for no reason. In extra time, Spain made it through to the semis again when Fernando Morientes scored with a back post header. Disallowed because a linesman decided a ball had run out of play when everyone knew it was pitifully obvious it hadn't.
 Some people have had the audacity to suggest Spain behaved churlishly in the aftermath of what we must laughingly refer to as their defeat. Some have decided they deserve criticism for surrounding Egyptian referee Gamal Ghandour at the final whistle and making their displeasure plain. In fact, it's a wonder they're not all in a South Korean jail beginning sentences for grievous bodily harm.
 This was not an example of a nation being a bad loser. This was not a repeat of Italy's sour grapes when they, too, lost to South Korea. This was the understandable reaction of men who knew they had been cheated and who felt the world was going along with the deception.
Let's get this right: a whole nation has been duped into thinking it deserves to be in the semi-finals and Spain's players have been denied what is rightfully theirs. The rest of us are being subtly encouraged to try and make it all go away and play along with the underdog drama of it all.
 Well, don't fool yourself for too long. Don't even let yourself hope South Korea beat Germany in Seoul tomorrow.
 It's tempting, I know, but for once we should all be rooting for the old enemy. Because otherwise we are complicit in a process which is in danger of turning what has been a wonderful tournament into a sham.
 The cynicism has already taken hold. German journalists at the Senegal v Turkey quarter-final were being teased they'd have to score at least eight against South Korea to get past the co-hosts.
 Listen to all the excuses you want. Watch the frantic buck-passing. Hear the denials and the tut-tutting.
And then ignore them all because if there wasn't something deeply sinister and suspicious about the way Spain were eliminated, then Lincoln City are worth a place in the World Cup semi-finals, too.
 Senes Erzik, chairman of the FIFA Refereeing Committee, was towing the party line for all he was worth yesterday.
"Conspiracy theories crop up in all walks of life and in 99 per cent of cases, they are unfounded," he said. "This is one of the 99 per cent. There have been one or two major officiating mistakes at this World Cup which are a cause for concern.
"But referees are only human and errors can never be entirely discounted. Now emotions have bubbled over, which is understandable."
 To an extent, Erzik is right. Everyone makes mistakes. Referees have a thoroughly unenviable task. Et cetera.
 But they said all that sort of thing about Hansie Cronje when he was first exposed. Malicious falsehood. Couldn't possibly be true.
 Denials always precede the truth. And this has gone beyond coincidence now. South Korea is getting the rub of the green game after game after game.
 Why, time after time, are Mickey Mouse officials allotted to the co-hosts' matches? Because they can be easily manipulated or overawed?
 How can a Trinidadian linesman and a Ugandan linesman be expected to officiate competently on such a high-stress occasion as South Korea v Spain when their own countries don't even have professional leagues. If it weren't so sinister it would be merely incompetent on an almost unimaginable scale.
 Rumours have been swirling around for some time now referees were told before this tournament if they could give any subtle help to certain nations 'for the good of the game' it would not go unnoticed.
 Keen to please, keen to rise up the referees' ladder, to turn being a whistle-blower into a job for life, the advice seems to have been taken on board. And then the damage is done.
"This wasn't just some friendly match," Morientes said. "This was a World Cup quarter-final."
And it's impossible not to sympathise with him. And to feel anger and dismay this is being allowed to happen.
 There's a stench about this that won't go away. Until South Korea get knocked out of the World Cup. Again.
本当は昨日の記事だけど、昨日はただでさえ記事が多かったので今日に回しました。大意はすぐ上の和文のとおりです。

韓国0-1ドイツ

審判が公正なら当然の結果。しかしこれも鄭夢準の思惑通りかもしれず…鬱。
【Yahoo! News】
Supporters for Germany cheer with banners demanding the fair judge as they watch the World Cup semifinal match between Germany and South Korea on a huge screen at Tokyo's National Stadium Tuesday, June 25, 2002. About 6,000 soccer fans, mainly Koreans living in Japan, gathered the stadium to watch the game. Germany won 1-0. (AP Photo/Chiaki Tsukumo)
国立の勇者たちがイギリスYahooにも紹介されました。
…えっ、イギリスの記事の引用が多いって? しょうがないじゃん。英語がいちばん引用し易いのにアメリカはサッカーに薄いから。
6月24日
【韓国にイタリアが中立国での再戦を要求】
【ソウル23日=志田健】アジア初のW杯ベスト4を成し遂げた韓国代表に、イタリアから中立国での再戦要求が届いていることが23日、わかった。欧州列強をことごとく打ち破る無敗の快進撃で、いまや韓国はイタリアだけでなく、ポルトガル、スペインからもつけ狙われる存在。W杯後も、連続リベンジマッチで世界をアッといわせる!?

 『WANTED KOREA』。これが欧州の合言葉。列強をことごとく破る韓国に、ねたみ、反感、ライバル意識がメラメラ。まず名乗りを上げたのがイタリアだ。
 韓国サッカー協会関係者によると、スペイン戦があった22日、イタリアサッカー協会マクシーニ副会長名義で、韓国サッカー協会にファクスが送られた。「中立地での親善試合を希望する」。18日の決勝トーナメント1回戦で2-1と破った相手が、その試合を無効とみなすかのように、再戦を要求してきたのだ。
 イタリアの恨みは半端ではない。韓国戦後、指令塔トッティが「審判に試合を盗まれた」といえば、トラパットーニ監督も「見るべき人が見ればわかる」。アジアに真剣勝負で負けるなど、認めたくない…が本音だ。
 ポルトガル代表のオリベイラ監督も韓国との再戦を熱望している。ポルトガル紙レコルドのタデイア記者によると「04年欧州選手権まで契約のある監督。要求も当然」。韓国に負けて1次リーグで姿を消した優勝候補チームの監督は、解任危機に瀕しているのだ。
 前日に52年ぶり4強を阻まれたスペイン国内では「ドーピングのおかげ」「審判を買収している」など、韓国を中傷する報道が続出。スペイン記者に“薬物疑惑”を聞かれた韓国代表ヒディンク監督が、10選手がシロだった検査結果を示して「根拠なしの質問。レベルが低い!」と激怒するなど、この両国の遺恨ムードも高まっている。
 W杯直前の韓国戦で指令塔ジダンが左太ももを負傷するという“致命傷”を負ったフランスも、どう出てくるか…。
 そんな騒ぎに、ヒディンク監督は「ビッグチームは小さい国に負けると、すぐそういうことをいう」。MF李天秀も「負けたから審判へ文句をいう。欧州のクセだよ」。韓国協会広報担当も「イタリアと再戦? そんなこといわれても。こちらはW杯中ですから。今後の(新代表)監督も決まっていないんですよ」。頭を下げて欧州列強との試合を組んできたアジアの国が、いまや余裕。
 「われわれは、まだ勝利に飢えている。イタリア、スペインに続く欧州の強豪ドイツも倒したい」。ヒディンク監督は言い放った。韓国の出世物語は、まだまだ続く。
↑後半は下記のデイリーテレグラフの訳文ですね。ただ妬みじゃないし、真剣勝負だったと思ってるのは韓国人と日本のマスコミだけだから。
【「韓国の偉業汚すな」AFCが欧州に反発】日刊スポーツ
 アジア・サッカー連盟(AFC)は24日、韓国が欧州の強豪国、イタリア、スペインを連破してベスト4入りしたのは、誤審に救われたからとの見方が欧州を中心に出ていることに対し、「韓国の偉業は誰にも汚されてはならない」と強く反発した。AFCのベラパン事務局長は「判定のミスはW杯に限らず、どの大会でも起こる。サッカー強国が負けたからと言って不公平な判定だったと主張するのは間違いだ」と述べた。さらに「韓国はしっかりと準備を整え、固い決意、燃えるような闘争心、優れた身体能力を発揮してベスト4を勝ち取った」と述べ、アジアで初めて4強入りした韓国を高く評価した。
日刊スポーツは朝日系だしベラバンは韓国現代の役員だし。つかアジア全域を巻き込むなっつの。
【北朝鮮が初めて韓国の試合を放送】日刊スポーツ
 韓国の統一省は24日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の朝鮮中央テレビが23日夜、W杯の18日の韓国−イタリア戦(大田)を約1時間に編集して放送したと明らかにした。北朝鮮はW杯開幕以降、1日から数日遅れで、ほぼ連日試合を編集放送しているが、韓国戦を取り上げたのは初めて。
 統一省によると、放送は、試合自体をW杯の決勝トーナメント戦とは言及せず、単独の試合のように扱った。しかし、韓国は過去のW杯出場で1度も勝利しなかったが、今回はイタリアを下し「第3段階(準々決勝)に進み、国民の士気も高まっている」と伝えた。
 同テレビは20日の放送で、W杯のベスト16のチームを韓国を除き紹介しており、視聴者は結果的に、韓国がベスト8に勝ち進んだと分かることになる。
 また放送は、試合の開催地には言及しなかったが、韓国の出場選手を一人一人紹介、さらに応援席などで翻る韓国の国旗(太極旗)もそのまま放送した。
 統一省は、韓国がベスト4まで勝ち進んでいるため、W杯の放送を続けるには韓国の試合を放送せざるを得なかったとみている。(共同)
そりゃ予想もつかんかっただろ(笑)
【旧統治国日本への「報復」】
 24日付の米ニューヨーク・タイムズ紙はソウル発の記事で、ワールドカップ(W杯)で準決勝進出を果たした韓国の熱狂を伝え、大会が日本と韓国の共催である点を踏まえながら、韓国の躍進はかつて韓国を統治していた日本に対する「報復」の意味を言外に持っていると報じた。
 記事では、日本がベスト16で興奮したのに対し、韓国はアジア勢で初めて4強に進んだと指摘。韓国側には準決勝でドイツに勝ち、横浜での決勝に進むことへの期待感があると伝え、横浜で韓国がプレーすることは韓国を植民地化した日本に対する「シンボリックな報復になる」と論じた。
 さらに、「日本をしのぐことはわれわれの国家的自尊心を非常に高める」(30歳男性)「日本国内で(の決勝で)W杯に勝利を収めることはすべての日本人に『われわれはナンバーワン。あなた方(日本人)よりも優秀』と示すことができる」(31歳男性)といった談話を紹介した。
 記事はこのほか、植民地時代の強制連行や慰安婦の問題に触れているが、日本のメディアが韓国の躍進を称賛しているとも指摘。韓国側にある「これまで日本に対して悪感情を持っていたが、今は歴史のことを気にしていない」(60歳女性)「W杯が日本との新たな関係の始まりになることを期待している」(韓国サッカー協会役員)との声も伝えている。(共同)

元記事はこちら→The New York Times on the Web : Subtext in South Korea: Payback for Colonialism
ったく、在米コリアンが欧名使ってしたり顔で記事書いてんじゃないよ。
まあお陰で韓国は所詮自国の自尊心を満たすことしか考えていないという証言が得られたわけだが。
【デンマーク代表トフティンが暴行】日刊スポーツ
 W杯に出場したデンマーク代表のMFトフティン(32=ボルトン)が、コペンハーゲンでレストラン従業員に暴力を加えたとして告訴されたと24日、警察当局が明らかにした。
 調べによると、同選手は22日、レストランで口論になり、従業員2人に暴行。有罪となれば、懲役1年6月の刑が科せられる可能性もある。
 トフティンは、93年から、デンマーク代表として41試合に出場。今大会の同国代表は決勝トーナメント1回戦でイングランドに敗れた。
あんさん何やってんの…(;´Д`)
【Fans demand another party with Korea as perfect hosts】Daily telegraph
By Henry Winter in Seoul (Filed: 24/06/2002)
 A sleek bus with tinted windows and motorcycle outriders sped past the thousands of Korea fans gathered outside the Seoul World Cup stadium yesterday in anticipation of the team arriving for training. The light drizzle was almost blown away by the gale of whoops and shrieks of delight as the bus passed.
 Out of sight, the coach disgorged its precious cargo, national treasures like Hong Myung-bo, whose penalty knocked out Spain in the quarter-finals, and the nation's darling, Ahn Jung-hwan, whose contract with Perugia was cancelled after his golden goal humbled Italy.
 Then came Hiddink, the coaching catalyst behind Korea's success and so popular that Seoul dating agencies are swamped with calls from women desperate to catch the Dutchman's eye. As coach and players headed off for training in preparation for today's semi-final with Germany, even the riot police broke off from look-out duty to applaud them.
 As the Koreans made their way into the stadium, German training was winding up. Oblivious to Dietmar Hamann and Miroslav Klose going through their paces, an advance party of Red Devils, the official Korean fans organisation that numbers 100,000 members, was busy pinning up a 30-yard banner declaring "We Believe in You" to inspire the side. Cards will be placed on seats, whole stands spelling out such messages as "Pride of Asia".
 Orchestrated to start with, the emotion rolling in waves through Korea's stadiums and out across the country now appears a spontaneous eruption each time. It certainly fires up the players, who have taken to telling each other "other teams may beat us technically and tactically, but psychologically no one will get the better of us". The fans' force is with the players.
 The FIFA official who remarked that Japan is hosting the World Cup while Korea is living it was correct. Along with 65,000 inside the ground, the police expect one million to gather outside with a further six million watching on massive screens. The rest of the nation will be transfixed in front of the nearest television. Everyone craves the win that will send Hiddink's men into a final being staged on Japanese soil.
"We suffered the harshness of Japan's colonialism for 36 years," said Hur Jin, spokesman for the Korean team. "If we can play in Yokohama, even if we lose to Brazil there, it would still be huge humiliation for Japan. For Korea's national flag to fly over a Japanese stadium would be unbelievable. Victory in the World Cup would unify all the people in Korea because there is turmoil in some provinces with cultural discrepancies and economic problems.
"Our crowd are brilliant. For many ordinary people there was nothing to enjoy. But then the World Cup came along and they hadn't known how exciting football really is. They had only heard the rumours. We have brought it to our people. Baseball has always been the dominant sport but football is taking over.
"It's crazy outside our hotel as well as here. We have security guards all around so the players will come to no harm but it is really noisy. All of them are young women. They love the football players. They look on them as rock-and-roll stars. They look on them like Michael Owen or a sexy guy like Gabriel Batistuta."
But does a dark side cling to what Hiddink described as the "fairy-tale" of Korea's advance to the final four? The latest charge levelled at a remarkably fit side captained so stirringly by Hong is that the players' tea contains something slightly stronger than milk and two sugars.
"We do drink red ginseng tea, that's true, and we feel it is good for us," Hong said. "But our fitness levels come from our training programme. We have trained very hard to be this fit." Prepared well by Raymond Verheijen, their physical trainer, Korea do get stronger in matches, their freshness helped by the decision to play no club football since March.
 Korea insist they are fuelled by nothing more potent than national pride. "Nothing like that [drug-taking] goes on in our team," Hiddink said. Of the 240 drugs tests by FIFA at this tournament, none has been positive.
 Refereeing controversy has also tainted Korea's progress with Italy and Spain crying foul over decisions against them. "It was a loser's reaction," said Korea's forward, Lee Chon-soo. "When all the emotions have calmed down, people should look inside their team as to why they lost," said Hiddink of Italy and Spain. Hong insisted: "Our team's achievements will not be overshadowed by such controversy."
But it is hardly surprising that FIFA have appointed an experienced quartet of European officials for this semi-final. Amid the traditional tournament conspiracy theorising, what can be said with some conviction is that inexperienced linesmen, like the ones in the Spanish game, could easily have been swayed by the noise and atmosphere.
 Hiddink's thoughts were only of today. "The fear has gone. My Korean players are always fighting to the end. We will go for it." The noise will be akin to Galatasaray's crazy Ali Sami Yen times 10. On and off the field, Korea's whole crusade seems like one long PR campaign to promote themselves to the world as a dynamic nation. As long as the Germans do not poop the party.
再び英デイリーテレグラフ。「勝つこと以外にもホスト国としてするべきことがあるだろ。ファンはそっちをこそ望んでいる」だって。
【Koreans' progress brings more question marks】Times June 24, 2002
from kevin mccarra in gwangiu
Spain 0 South Korea 1(aet; South Korea win 5-3 on pens)
 SOUTH KOREA are in the World Cup semi-finals, but they do not deserve to be there. After the boundless hospitality extended to visitors, it is sad not to be able to share the excitement, yet the distortions of this tournament cannot be ignored. When Hong Myung-bo struck home the decisive penalty of the shoot-out, after Joaquin’s attempt for Spain had been saved, the spine of this onlooker refused to tingle.
 There was a numbness, a deflating sense that the officials had trumped the footballers in determining who would face Germany in Seoul tomorrow. Spain should have taken the lead shortly after half-time, when Kim Tae-young glanced a free kick into his own net. Gamal Ghandour, the Egyptian referee, disallowed it for a push or tug that no one else could identify.
 It would be pious nonsense to pretend that the jubilation of the Koreans is being sapped by such controversies, but they know something is amiss. Although channel-surfers here find that the schedules are monopolised by the World Cup, the footage of the injustices done to Spain never passes before the eyes of even the most deep-rooted couch potato. One supporter was not in denial. “Lucky team,” he said as he went past me.
 In the second minute of extra time, the enterprising Joaquin outstripped the defence and Michael Ragoonath, the assistant referee from Trinidad, then ruled incorrectly that he had run the ball out of play before Fernando Morientes headed home his cross.
 When Italy deplored the unfairness of their own loss to South Korea, they were not only denied sympathy in some quarters, but also chastised as whingers. That was a facile attitude, considering the emotional devastation for any nation that waits four years for its chance, then fails because of the officials’ inadequacies. The departure of Spain may force people to recognise that this is becoming the World Cup of historic mistakes.
 South Korea, naturally, discern a different landmark in the first appearance of an Asian side in the last four. Kim Dae-jung, the President, went so far as to call the win his country’s happiest day since it was created, according to mythology, 5,000 years ago. Guus Hiddink, the coach, bridled at any reference to the unwelcome truth that Saturday’s emotional riches had been pilfered from Spain.
“The losing team should look in the mirror, not to external circumstances,” he said, with the glibness of success. The Dutchman would never be so dispassionate if his own team were fatally mistreated. In reality, matches against the tireless, brave South Koreans are much too hard for opponents to accept that a valid goal or two will be disallowed. Spain know that they were the better side in Gwangju.
“We all thought about what has happened at Korea’s games so far, but we were not very concerned because you never feel that this kind of thing can happen to you,” Fernando Hierro, the captain who will now retire from international football, said. “But there were four or five decisions that I found very difficult to understand. You want to believe that they can be put down to human error, but I am not really sure about that.”
 By some counts, South Korea have been spared five goals at the World Cup by erring referees. Keith Cooper, Fifa’s director of communications, has denied any conspiracy and he ought to be believed. It is the insidious, unconscious influences that are the most worrying. Might the officials, deep down, be as captivated as anyone else by the rise of South Korea and the overwhelming atmosphere of their fixtures? Could a referee be loath to write the last page of an enthralling story by finding against the team? Tomorrow, Germany can only hope for a dispassionate, shrewd referee.
「韓国が勝ち進むにつれて疑問符が増える。韓国は準決勝に進む資格がない」と、ここに来てタイムズ紙も韓国と距離を取り始めたようです。
【Red Devils promise hell for Germany】英Yahoo! Sports Monday June 24, 08:55 AM
SEOUL, June 24 (AFP) - The Red Devils, South Korea's fanatical supporters, have promised that Germany will get the shock of their lives when they walk on the pitch for Tuesday's World Cup semi-final against the co-hosts.
 Kim Yong-Il, head of the Seoul chapter of the Red Devils, said members were working on a giant slogan that will "really shock the world".
 Without giving away the message, Kim said it would be even more provocative than the "Again 1966" card display that thousands of fans put up in the second round match against Italy last week.
Italy's coach Giovanni Trappatoni complained the reference to Italy's 1-0 defeat by North Korea at the 1966 World Cup finals was intimidatory. But FIFA insisted it could do nothing as long as there was no racism or threat of physical violence.
 The Red Devil's message of welcome for opposing teams has become one of the biggest talking points at South Korea's matches. In the Group D match against Poland it was "Win 3-0." For the United States it was "Go Kor 16" -- an encouragement to reach the second round.
 Against Spain in the quarter final, the Red Devils toned down the provocation by declaring "Pride of Asia" which still captured the spirit of South Korea's stunning progress through the tournament.
 Red Devil leaders said the message for Germany will be kept secret until the minutes before the semi-final in the Seoul World Cup stadium which will be packed with more than 60,000 people.
"Our members are very tired as they have worked so many days and nights," said Kim Yong-il. "However, we get refreshment when thinking of Korean players giving it their all. Our message this time will really shock the world," he vowed.
 The group said it takes between four and five hours for 200 Red Devils members to set up the message in the stadium.
tw/ak

【レッドデビルズがドイツに地獄を約束】
韓国の熱狂的サポーター・レッドデビルズが、ドイツは火曜日の準決勝のピッチで生涯忘れられないショックを受けることになるだろうと約束した。(以下略)
どこかの国のYahooでそんな書き込みがあったのね。ってまあイギリスのYahooなんだろうけど。
「常に最悪の事態を想定しろ。奴等は必ずその斜め上を行く。」(レベルE;富樫義博)
6月23日
【Korean miracle spoilt by refereeing farce】Daily telegraph
By Paul Hayward (Filed: 23/06/2002)
 Warning: do not cheer for South Korea. They have no right to be in a World Cup semi-final. Spain should be playing Germany in Seoul. The records say that the Koreans knocked out Spain in a penalty shoot-out in Gwangju on Saturday. The records are a lie and this tournament has descended into farce.
"What happened here was robbery," insisted Spain's Ivan Helguera, who had to be pulled away from Gamal Ghandour, the Egyptian referee. Ghandour conforms to FIFA's pattern of appointing officials from minor footballing nations to run big games. The party line is that the refereeing team should be multi-national. This renders it anti-meritocratic and elevates obscure officials who may be more eager to impress or please their employers than, say, an elite European referee. Behind the veil of political correctness, the officiating at this World Cup is a shambles.
 Whatever the politics, the outcome is that Ghandour inexplicably waved away a goal after a Spanish free kick hit Korea's Kim Tae-young on the back of the head and bounced into the net. There was no pushing, no holding and no offside. Then, three minutes into extra time, Michael Ragoonath, a linesman from Trinidad, raised his flag as Spain's Joaquin was crossing a ball on to the head of Fernando Morientes for what should have been a golden goal. Ragoonath was presumably the only man in Asia who thought the ball had crossed the line before Joaquin unleashed his cross. There was a pattern, too, of Spanish forwards being called offside when they were either level with, or on the correct side of, Korean defenders.
"Everyone saw two perfectly good goals. If Spain didn't win, it's because they didn't want us to win," Helguera said. "I feel terrible about this game." Back home, a bonfire of indignation was torched. Both Spanish sports dailies led with the headline: Robbed. One - Marca - called the officials "thieves of dreams" and claimed "the flower is stained". AS, Marca's rival, thundered: "We did not deserve this. Not the Spanish, not lovers of football." In Argentina, La Nacion wrote: "This World Cup should be declared null and void."
 There is more at play, here, than the embarrassment of big countries bundled out by the small. The main Italian grievance was the dismissal of their best player, Francesco Totti, for diving when the replay showed that he had made contact with Song Chong-gug, the Korean defender. The allegation, plainly, is that officials are favouring South Korea in a tournament that was set up as a showcase for Asian football. FIFA deny this vehemently, though an intriguing subtext is the attempt by Sepp Blatter, the organisation's president, to distance himself from the many flagrant errors. Blatter called some of the linesmen in Japan and South Korea "a disaster". Significantly, FIFA yesterday appointed two front-rank Europeans, Urs Meier and Kim Milton Nielsen, to take charge of the semi-finals.
 Keith Cooper, FIFA's director of communications, denounced the conspiracy theories humming round this World Cup as "pathetic" and quoted Senes Erzik, the chairman of the refereeing committee, thus: "Conspiracy theories crop up in all walks of life and in 99 per cent of cases they are unfounded. This is one of the 99 per cent." But Oliver Kahn, Germany's goalkeeper, revealed some of the anxieties now afflicting South Korea's next opponents. "We may have one or two refereeing decisions against us. That's normal," Kahn said. "It's called home advantage."
 What's not normal is to have the outcome of a multi-million pound sporting event determined by a series of abject and baffling decisions which render the final score a travesty. The Spain-South Korea result was the most objectionable in recent World Cup history. It left a rancid smell over the semi-finals and destroyed what romance there is in South Korea's unlikely march to the penultimate round. Now, no one with a conscience can take pleasure from observing the happy hell that the Red Devils have created for themselves in their stadiums.
 Disgracefully, Korean TV airbrushed out the many outrages from Saturday's match, and kept their cameras fixed instead on the disturbing smirk of Guus Hiddink, South Korea's coach. Their coverage was more appropriate to communist North Korea, and was an apology for TV journalism. Yesterday morning, the Korean daily, Chosun Ilbo, chirped: "How can we forget these moments and these feelings. It is no longer a miracle." You can say that again.
イギリスのデイリーテレグラフ紙が韓国-スペイン戦について、「韓国は準決勝に進む権利がない、声援を送るなど以ての外」と酷評しています。
【「W杯に正義なくなる」=審判の韓国びいきに不快感−オーストリア紙】時事通信
2002年6月24日(月)5時37分
 【ウィーン23日時事】23日付のオーストリア有力紙クリアは、22日行われたサッカー・ワールドカップ(W杯)準々決勝で韓国がスペインを破った試合について「審判がW杯の結果をねじ曲げた」「W杯に正義はなくなった」との見出しで、審判の露骨な韓国びいきに不快感を示す異例の記事を掲載した。
 同紙は「数百万人の韓国人が街頭に繰り出し、勝利を祝っているが、世界数十億人のサッカーファンは怒りを覚えている」とし、「韓国は尊敬すべきプレーで勝ったのではなく、審判の胸算用で勝利した。劣悪な審判の誤審はイタリア戦に続き、スペイン戦でも繰り広げられた」と批判している。(以下略)(了))
 
本大会とは関係ない第三国がこうして痛烈に批判していることを韓国人はどう見ているのでしょうか?
【スペイン 怒り収まらず】スポニチ
 審判の微妙な判定が続出した韓国戦から一夜明けても、スペインの怒りは収まらなかった。同国協会のビジャル会長はFIFAの審判委員長も兼任するが23日、ブラッター会長に向けて抗議文を送付。そのうえで辞意を固め「審判運営がスムーズに行われていない」と公正なジャッジを訴えた。地元メディアも誤審騒ぎを一斉に報道。新聞各紙は「無敵艦隊から勝利を強奪した」との見出しを立て、怒りの矛先を審判員に向けた。日刊紙のマルカはスペインの実力不足を認めた上で、判定が公正さを欠いたと指摘。最大の要因として、2カ国共催で組織が分散し、審判団の管理が困難になったことを挙げた。
 ≪ペレ氏「誤審多すぎる」≫ブラジル・サッカー界の英雄ペレ氏は23日、相次ぐ判定ミスについて「マラドーナの神の手など、過去にも大きな問題となった誤審はあったが、これほどまでに多くの誤った判定が出たことはなかった」と今大会の判定ミスの多さを批判した。同氏は、問題は同じ行為に対し、異なる判定が出ていることだと指摘し「FIFAは判定基準統一が急務だ」と強調。韓国に敗れたチームから、判定への不満が集中していることには「特定の国に有利な判定が出ているとは思わない」とし「ドイツ―米国で、ドイツ選手がペナルティーエリア内で手にボールを当てたのにPKが与えられず、米国はかわいそうだった」と語った。円滑な意思疎通と連携強化を目指し、主審と2人の副審を同じ国から任命する改革案をFIFAが示していることには、賛意を示した。

 ≪「W杯を中止に」≫スペインの怒りはアルゼンチンにも“飛び火”した。地元紙「ラ・ナシオン」が22日の紙面で「W杯を中止にすべき」との衝撃的な記事を掲載したもので、誤審騒動の続く今大会を痛烈に批判。1次リーグで敗退した悔しさも手伝ったのか「奇跡とか波乱という言葉で片付けられる大会ではない。すべての試合をなかったものにして、大会そのものをキャンセルすべき」と主張していた。
相変わらず摩訶不思議なアルゼンチン。まあフェアプレー精神に富んだ国民性は歓迎すべきものですが。
あとペレの見解、かなり同意できません。何言ってんのコイツ?それでも神?って思いましたよ。
それにしても可哀相なのはビジャル氏だ。韓国人はこれを見ても眉一つ動かさないんだろーな…。
【疑惑に誤審…準決勝審判再編】スポニチ
 誤審騒動を沈静化すべくFIFAが動いた。23日に東京で行われた審判委員会でブラッター会長自らが「(準決勝では)ベストの審判をピッチに送るように」と指示したもので、これを受けた同委員会はすみやかに“適任者”を人選。そして異例とも言える決断を下した。
 選ばれたのは何と欧州出身の審判ばかり。疑惑の判定が続いている韓国とドイツの試合では、主審にスイス出身のメイヤー審判を指名し、副審(線審)もフランスのアルノー氏、チェコのアムレル氏をピックアップした。予備審判にもフランスのベイシーレ氏を配置する徹底ぶり。埼玉で行われるトルコVSブラジル戦でも欧州出身の審判員をズラリと並べた。
 W杯では異なる大陸のチームが対戦する場合、第三大陸出身の審判が選ばれるのが通例。南米ブラジル、欧州フランスが激突した98年フランス大会の決勝はアフリカ出身のベルコーラ審判(モロッコ)が笛を吹いた。それだけに今回の人選は異例。レベルの高い審判が欧州に多く集まっていることもあるが、これまでの“ルール”を無視してまで「欧州」にこだわったFIFAとしては「韓国は有利な判定を受けている」との声を封じ込め、公正な審判団をアピールする狙いがある。「韓国の試合を見ていて審判と線審の選考方法に疑問を感じていたことは認めざるを得ない」とブラッター会長は話した。
これで韓国の怪進撃が止まる事は疑いないな。奴等に横浜に来られたら気持ち悪くて敵わん。
【カーン「ドイツは審判のミスを覚悟」】MSN(サンスポ & 夕刊フジ)
6月23日、ドイツGKカーンは、25日の韓国戦で、ドイツに不利な判定があるかもしれないと覚悟している、と話した。
 [西帰浦(韓国) 23日 ロイター] 2002年ワールドカップ(W杯)準決勝で、韓国と戦うドイツの主将オリバー・カーンは、審判のミスで、ドイツが不利な状況に立たされることもあるかもしれない、と話した。
 ドイツのベスト4進出の立役者となっている守護神カーンは、ドイツに不利な判定が下される可能性について「よくあることだ。それがホームアドバンテージというものだ。われわれにとっては、それにペースを乱されないようにすることが大事だ」と話した。
 今大会で韓国に敗れたイタリアとスペインは、審判に対して怒りをあらわにしている。
 スペインの場合、テレビのリプレーを見る限りは完ぺきなゴールを主審に無効にされ、結局、PK戦の末に敗退した。
 一方、国際サッカー連盟(FIFA)は、審判の問題に関し「審判による大きなミスが一度か二度あった」とコメントした。
カーンは韓国の「陰謀」を覚悟しておられるようです。
さて、再びイギリスです。イングランドが敗れて…
【Fans' world party ends with host of happy memories】Guardian
A World Cup Odyssey
James Davis
Sunday June 23, 2002

The full England team could not rival the success of the 'English Samba' supporters side, who defeated Brazilian opposition in a friendly before the big match, but at this World Cup it has been difficult to match or surpass anything the fans have achieved.
As the whistle blew to herald another early exit to a major tournament, the England fans were on their feet to cheer and salute their team, as they always do. A shrug of the shoulders and a look of resignation was all most could manage as they filed quietly out of the stadium. Years of following England or club teams back at home has taught them that a big fall usually follows any feelings of expectation or anticipation.
For the Japanese followers of England, defeat was perhaps more difficult. They sat alongside the English supporters with heads in hands, red and white face-paint running with the tears of defeat. Supporting England and partying with the English has been fun.
The English fans would have liked their team to progress just to give them a little longer in Japan. The country has left a deep impression on many of those visiting for the first time. The Japanese are an incredibly kind, courteous and friendly people and Japan is a country of cleanliness and efficiency, and one with pockets of great beauty.
'I feel so lucky that I've come to Japan,' said Paul, a supporter from Birmingham. 'I would never have dreamed of coming here if it wasn't for the football.
'I'm glad I didn't take notice of the stories about how expensive and how difficult it is. Sure it's expensive, but not much more so than England and you get by communicating. You have to, don't you?'
The friendliness and helpfulness of the Japanese people will be the overriding memory that people take home. Stories will be told and retold of help at train stations, whole meals being paid for and offers of a bed for the night.
The cleanliness and organisation in Japan will be another. 'We should get the Japanese to organise every World Cup,' said one supporter at half-time.
'Also get them to come and organise the railways,' said another. 'And Wembley while they're at it,' chipped in a third.
Partly because of the diverse locations of England's games - Sapporo on Japan's northernmost island of Hokkaido, Niigata on the west coast, Saitama near Tokyo and Osaka to the south - England supporters have seen a great deal of the country.
Jim Bladen, a member of the Football Supporters' Association, who have been organising the fans' friendly tournaments and a roving fans' embassy, said: 'It has surprised me what people have been doing. I think that this World Cup has shown that you don't need to start drinking at 8am to have fun.'
Supporters have been camping in the wilds of Hokkaido, visiting the calming Buddhist temples of Kyoto, making trips to the cities of Hiroshima and Nagasaki, both destroyed by atomic bombs in 1945, and even climbing Japan's highest mountain, Mount Fuji.
Many have been making the most of the Japan rail pass, which provides unlimited travel for 21 days. The pass could not have been designed better for England fans with their country eliminated on 21 June!
The festival atmosphere that greeted fans off the train near the stadium on Friday perhaps best sums up this World Cup for supporters. Among the white of England and the yellow of Brazil, the shirts of Mexico, France and a number of other nations could be seen together, sharing in beer and the local foods.
There was even dancing. Not only did England supporters gladly join with those Brazilian beauties you see on television in a rumba and a salsa (they were all past caring what it was), some were even seen on stage, fan in hand, dancing with the kimonoed ladies of the local dance troupe. It was colourful, it was noisy and even the police, usually fairly visible at any large gatherings of England supporters, were nowhere to be seen. No one noticed though, as everyone was having was having too much fun.
Karl, a passionate Leeds United supporter, articulated the feelings of many fans. 'I want to go home and say we made friends,' he said.
The start of a new era in following England? 'I would like to think so,' Bladen said, 'but I wouldn't expect that to be the case. Germany and Portugal will bring their own problems.'
そこまでマンセーされると照れますな(^^;。気持のよいWCになって本当によかったですね。
6月22日
韓国0-0スペイン(PK韓国5-3スペイン)

こいつらもうだめぽ。完全にイカレてる。ここまであからさまな不正勝利を得て何で喜べるんだ?
【スペインvs韓国】ファン・ソノン選手(韓国)の試合後コメント
――PK合戦まで行ってしまいましたが
 プレッシャーを感じた。でも僕達は誰がキッカーになるかも決まっていたし、自分も自信を持ってボールを蹴ったよ。ヒディング監督は、すでに今日の試合がPKまでもつれることを予想していたみたいだしね。PK戦が始まる時には、すでにヒディング監督はキッカーのリストを持っていたからね。
――サポーターについて
 光州市民と全国民が僕らの後ろに付いているんだって感じたよ。プレーしていてとっても気持ち良かったし、そのことが良い結果をもたらしたと思う。
――選手のコンディションについて
 イタリア戦から休養日が少なかったから、身体的には疲れているし、厳しい状態だね。
――サブでスタートしましたが、途中出場するにあたって何か指示を受けましたか
 ヒディングは僕に多くの時間を中盤でプレーすることを言われたし、できるだけサイドにボールを振るよう言われていた。
reported by 安田良平 イサイズスポーツ 2002年06月22日(土)
【スペインvs韓国】イ・ウンジェ選手(韓国)の試合後コメント
――PKで止めた時の気持ちは
 とても幸せだね。PKはとても自信があったし、始まる前も1、2本は止められるんじゃないかなって思っていた。連続して3本を決められたときには、「動かない。ボールが来るのを待つんだ」って自分自身に言い聞かせたよ。そしたら、ホアキンの蹴ったボールが自分のところに飛んできたんだ。
――決勝ではブラジルと対戦するかもしれませんね
 その前に次のドイツとの試合に集中しなければならないね。ドイツは空中戦がとても強い。カーンも良い選手だ。でも韓国の攻撃陣がゴールを奪えると信じているよ。
――ヤシン・アワード(最優秀ゴールキーパー)を得る可能性について
 賞の前にチームの勝利だね。韓国の勝利がなければ、ヤシン・アワードを獲得できないしね。
reported by 安田良平 イサイズスポーツ 2002年06月22日(土)
6月21日
イングランド1-2ブラジル
【安激白!俺は中田のクローンじゃない!】夕刊フジ
 【ローマ20日=夕刊フジ特電】イタリア戦のゴールデンゴールで、所属するセリエA・ペルージャのガウチ会長を激怒させた韓国代表のMF安貞桓(アン・ジョンファン)が、イタリア紙のインタビューで心中を激白した。
 「自分はナカタのクローンじゃない」「キムチとプルコギがなくて辛かった」など、積もり積もったイタリアへの不満を爆発させた。これで、ペルージャと決別するのは、ほぼ確定?
 今やイタリア全土を敵に回している安に、全国紙コリエレデラセラが、ソウルで電話インタビューを敢行した。
 18日のイタリア戦での勝利を、4年前に結婚した元ミス韓国の美人妻にささげたいとノロける一方、ペルージャ時代の辛い経験も明かした。
 −今、イタリア国民は、みんな泣いているが。
 「韓国のためにしなければいけないことをしただけだ」
 −ルチアーノ・ガウチ会長は、もう雇わないといっている。ペルージャに対してどう思う?
 「正式には何も聞いてない。コスミ監督からは、いつもベストを出せといわれていたが、そもそもオレはナカタ(中田英寿)のクローンじゃない。ナカタはペルージャに大きく貢献したかもしれないけど、同じ役割を求められても困る」
 −ペルージャでは、4ゴールしかあげられなかったが。
 「イタリアに来た直後は悲劇だった。言葉は全然分からないし、食べ物も口にあわない。最初の3カ月間は、アイスクリームとチョコレートだけで過ごした。しかも、最初の通訳がいい加減なヤツで、監督が『前にパスしろ』と言っているのに、後ろへ下がってプレーするよう伝えてきた。だから、よほどのトンマに見えたことだろう」
 「その通訳はクビにした。ローマで韓国の食べ物を売っている店を発見してから、だいぶ良くなった。試合のない月曜日に行って、キムチやプルコギを買って、ペルージャに戻るのが習慣だった」
 −ガウチ会長は、もうペルージャとは終わったと話している。
 「繰り返すけど、何も正式には聞かされていない。今月30日までは、プサンとの契約が残っていて、ペルージャとはレンタル契約だ。どうなるかわからない」
 −完全移籍のために、ガウチ会長が、150万ドル(約1億8000万円)も払うとは思えないが。
 「今はガウチ(会長)が何と言おうが、W杯に勝つことしか考えていない。イタリア人は韓国に勝って当たり前だと思っていたようだから、すっかりおれが、悪役になってしまった。でも、イタリアでの経験は自分を成長させてくれた。本当に感謝している」
 −将来が心配か。
 「ペルージャがダメなら、パルマでもラツィオでもいいから、もう少しイタリアでやりたかった。でも、もうスペイン、イギリス、スコットランドからオファーがきている。だから(将来については)心配していない」
[6月21日12時6分更新]
ぶぷっ。馬鹿ですかコイツは?(笑) 詳細はウリナラマンセーの方で。
6月20日
試合に勝っても一度もユニフォーム交換をしてもらったことのない韓国。そんな韓国にイギリスから愛をこめて。
勿論皮肉です。イングランドのユニフォーム、背番号の上に書いてある韓国人名っぽい文字列は

"Go home soon."(とっとと帰れ)
"I sucked you."(お前は下手糞)

そうとは知らない韓国人はユニフォームを交換してもらって有頂天になってるというもの。いやはや、イギリス人もなかなかドギツイですなあ(笑)
さて一方イタリアはというと…
【伊放送協会、法的措置を検討と 対韓戦の審判問題で】- CNN/REUTERS/AP
2002.06.21 Web posted at: 18:25 JST
ローマ――サッカーのワールドカップ(W杯)本大会決勝トーナメントでイタリアが韓国に敗れたことに関し、国営イタリア放送協会(RAI)は20日、国際サッカー連盟(FIFA)に対して、敗因としての未熟な審判技術の責任を法的に問えるかどうかの検討を行っていることを明らかにした。
試合では、大黒柱のMFトッティが退場処分を受けるなどイタリアの不満が根強い。RAIはイタリア出場の試合で好調な視聴率や広告収入を得ていたこともあり、敗退でこれらのビジネス利点が消えたことへの反発もあるとみられる。
RAIは声明文で、「(同試合での)審判のエラーは国際的にも認められているもの。これらの不正が堂々と行われたことについては、深刻な詐欺とも形容されかねない」と糾弾している。RAIの法務部門でFIFAの責任を指摘出来るか検討中という。
この問題に関し、FIFAのブラッター会長がイタリア紙の会見に応じ、「今大会の唯一の問題は審判。オフサイドでの判定が特にひどい」と認めたものの、「イタリアは悪しき敗者になることを止めるべきだ」とも諭(さと)していた。
一方、トッティは試合を振り返り、「スキャンダル。我々の敗退は仕組まれていた。誰がやったのかは知らないが、彼らはイタリアを追い出したかった」と怒りをぶちまけている。
野次馬根性丸出しで申し訳ないが「盛り上がってきました」。場外乱闘の予感。
それからトッティ。彼らはイタリアを追い出したかったんじゃない。「韓国の進撃を邪魔する存在は全て排除したかった」のさ。(CNN=中央日報)

さて、それはともかく19日付のイタリアの新聞にこんな記事が載りました。
【Moreno llamo 10 veces a su esposa antes del partido.】elcomercio
El telefono sono a las 06:01 en el domicilio de Corina de Moreno. Su esposo, Byron, la llamaba por decima ocasion en menos de 12 horas. "No te olvides de grabar el partido", le insistia el arbitro quiteno.
Ese preambulo tuvo la actuacion de Byron Moreno, antes de arbitrar el partido entre Corea del Sur e Italia. "Dame la bendicion", recuerda Corina. "Llamo desde el mismo camerino del estadio. Antes lo habia hecho desde el hotel (03:00).
Los comentarios de supuesta parcialidad de la Federacion Internacional de Futbol Asociado (FIFA) a ciertos equipos, originaron tension en el juez ecuatoriano. "No me dijo que estaba preocupado, pero si lo senti asi. Me comento que un miembro de la Comision de Arbitraje de la Conmebol le escribio para recordarle que no dude en exhibir tarjetas".
El directivo era Carlos Alarcon, quien le recordo que ponga en practica sus actuaciones anteriores. Moreno se desperto varias ocasiones en la vispera. Junto al inspector de arbitros y sus lineas prepararon el partido. Su estrategia se baso en correr en diagonal, por la forma como los coreanos e italianos, presentaron el partido.
Su estilo de justicia en las jugadas se puso en vigencia a los tres minutos, al exhibir una tarjeta amarilla a Francesco Coco. Los italianos lo miraron fijamente, tratando de intimidarlo, pero el no bajo sus ojos.
Entonces puso en practica su estrategia. Corrio en diagonal y tuvo una buena visibilidad. Entre el minuto cuatro y 22 saco tarjetas amarillas a Coco, Totti y Kim Tae Young.
El juego al inicio de la segunda etapa fue mas duro. Moreno en ese momento lo freno al advertirle a Tommasi. Luego a la lista de amonestados se sumaron Cristiano Zanetti y Chong Gug Song. La brusquedad empezo a ganar terreno. Moreno llamo a Kim Tae y Zambrota para advertirles que los expulsaria. Aun asi el juego siguio rudo.
Los italianos se agredieron entre ellos. Panucci en un salto le rompio la ceja a Coco. Moreno continuo fresco, sin inmutarse. Segun el ex arbitro Adolfo Quirola, "lo hizo muy bien. Detuvo la violencia cuando aparecio en el campo".
La destreza de Moreno se confirmo en el momento que Totti esquivo a un defensor coreano y cayo. Moreno lo siguio, le saco la tarjeta amarilla y despues la roja. En ese momento, el tecnico de Italia, Giovanni Trapattoni, rechazo la decision.
Al final, Moreno exhibio nueve tarjetas: ocho amarillas (dos a Totti) y una roja. Su actuacion cubrio las expectativas que tenia la Comision de Arbitraje de la FIFA. Al terminar el partido, el ecuatoriano salio acompanado de los asistentes, el cuarto juez y 20 policias. Llego al camerino e hizo un informe.
Tras culminarlo, el telefono de su casa en Ecuador volvio a sonar. "?Lo hice bien?", le pregunto a la esposa. "Claro que si", le respondio ella.
"Mis companeros me dijeron que estuve detras de la jugada. Estoy esperando al inspector del partido. Luego ire al hotel a descansar", le dijo a su conyuge antes de despedirse.
Miercoles, 19 de Junio del 2002

【Le "strane" telefonate dell'arbitro Moreno】Il Nuovo
La moglie: "Prima della partita mi ha chiamato 10 volte. Ho capito che qualcosa non andava. E infatti mi ha detto di aver ricevuto da un membro della commissione arbitrale l'ordine di estrarre piu cartellini possibile".
Quito, Ecuador, ore 6.10 del mattino. La signora Corina de Moreno alza la cornetta del telefono. Dall'altra parte del filo, distante migliaia di chilometri, il signor Byron Moreno, designato per dirigere l'ottavo di finale tra l'Italia e la Corea del Sud.
In dodici ore e la decima volta che chiama: "Non ti dimenticare di registrare la partita", dice alla consorte in apprensione per tutte quelle telefonate. "Va bene, non ti preoccupare", risponde Corina. Che ricorda a un cronista del quotidiano "El Comercio" quelle "strane" telefonate: "Mi chiese di dargli la benedizione. Perche?, mi domandai. Gli chiesi se era preoccupato, mi rispose di no. Mi telefonava dallo spogliatoio, la partita sarebbe iniziata di li a poco. Ma io sentivo che c'era qualcosa che non andava. Infatti mi disse che un membro della commissione arbitrale della Conmebol gli ricordo di non esitare a tirare fuori i cartellini".
Finisce la partita: i padroni di casa coreani passano ai quarti di finale. Ma gli azzurri gridano protestano, gridano al complotto. A casa della signora Moreno il telefono squilla un'altra volta: "Sono andato bene?", dall'altra parte del mondo la voce del marito Byron chiede solo una conferma. "Si, certo", taglia corto la moglie del paffuto arbitro. "Sto aspettando l'ispettore arbitrale della Fifa - continua Byron, che nel tragitto che dal campo porta agli spogliatoi era stato scortato da 20 agenti di polizia -: non vedo l'ora di andare in albergo a riposarmi".
(19 GIUGNO 2002, ORE 17:30)

【主審モレノに "謎の" 電話】
 モレノ人は言う。「試合の前、夫は10回も電話を受けました。何かうまくいってないんだな、そう思いました。夫は、委員会が出来るだけ多くのカードを出すよう要求してきていると言いました」
 10回目の電話があったのは、深夜12時のこと。
「大丈夫。心配するな」こう言った夫は私に神の祝福を求め、これ以上なにも答えませんでした。
「夫はロッカー・ルームから私に電話をかけてきて、試合に問題はないと言いましたが、私はまずいことになってるんだ、と直感しました。事実、夫は、委員会がどんどんカードを出せと要求してきていると言いました。」
 韓国の8強進出が決まったあと、モレノから夫人に大丈夫という電話があったが、夫人は20人もの警官の警護を受けている夫の身が心配でたまらない。
ま、九分九厘捏造記事でしょうが、願望ではありますな(笑)
6月19日
ルチアーノ・ガウチ(ペルージャ会長)が激怒しました。元記事をどっかにやっちゃったので保存してた部分を書いときます。…って実はこれが記事全文なんですが。
 Perugia president Luciano Gaucci said his club's decision to sack South Korea's Ahn Jung-Hwan wasnot for dumping Italy out of the World Cup but for his offensive remarks afterwards.
 Gaucci denied the club's decision had been made before the finals, or that it was linked to Ahn's decisive goal.
 He insisted it was purely for comments "offensive to me and the whole Italian nation".
 Ahn scored the 'golden goal' winner as Korea beat Italy 2-1 to knock their more illustrious opponents out of the tournament.
"It has nothing to do with the goal he scored against Italy,"
said Gaucci.
"He could have scored 10 and I wouldn't have felt offended. It was simply the comments he made."
"He said Korean football was superior to Italian football, when Italy is a footballing nation.
"We have treated him well with all our love, but his comments were offensive to me and to the whole Italian nation.
"I feel offended by what he said. He should respect other nations as well as his own."
 Ahn missed a penalty earlier in the match but he was hailed as a national hero in Korea when his 116th-minute header set up a quarter-final with Spain.
Your say: How far can Korea go?
 Gaucci earlier told Italian sports daily La Gazzetta dello Sport:
"That gentleman will never set foot in Perugia again.
"He was a phenomenon only when he played against Italy.
"I am a nationalist and I regard such behaviour not only as an affront to Italian pride but also an offence to a country which two years ago opened its doors to him.

【ガウチ会長、安の解雇を発表】
 ペルージャが韓国の安貞桓選手を解雇したという決定に関して、ペルージャ会長のルシアーノ・ガウチ氏は、その理由はイタリアがW杯で負けたからではなく、試合後の安選手の不快な発言にあると述べた。
 ガウチ会長はW杯決勝戦の前に解雇の決定を下したことについて、安選手の決勝ゴールとの関連性を否定した。
 そして理由は純粋に「私及びイタリア国家全体に対する不快な」コメントによるものだと主張した。
 安選手は、韓国が2-1でイタリアに勝って、このトーナメントで自分達より遥かに有名な敵をノックアウトした際、ゴールデンゴールを決めた。
「これは彼がイタリアに対して決めたゴールとは全く関係ない」
とガウチ会長は言った。
「もし仮に彼が10得点していたとしても、私が腹を立てることはなかっただろう。単に彼が述べたコメントが問題なんだ。彼は韓国のサッカーがイタリアのサッカーより優れていると言った。イタリアがサッカー大国であるにも関わらずだ。
 我々は彼を心から愛情をもって接してきた。だが彼のコメントは、私及びイタリアの国家全体に対する侮辱だ。 私は彼の言ったことに腹が立った。彼は自分の国と同様に他の国も尊敬するべきだ。」
 安選手は試合開始早々にペナルティキックを外した。しかし、彼の116分(目)のヘディングシュートがスペインとの準々決勝を供給した瞬間、彼は韓国で国民的英雄として迎えられた。

あなたの問:韓国はどこまで行けるんだろうか。

 ガウチ会長はこれより前に、イタリアのスポーツ紙ラ・ガツェッタ・デル・スポルトにこう話した:
「彼は二度とペルージャの地に足を踏み入れることはない。彼はイタリアとの試合に限っての現象(出来事)でしかない。 私は国を愛している。だから私はそのような振る舞いをイタリアの誇りに対する侮辱であるのみならず、2年前に彼にその門戸を開いた国に対する犯罪(背信)であると見なす。」
日本のマスコミが事実を歪曲して報道したという事実がここにあります。
【韓国、ヒディンク魔術の真骨頂 使い続けた安がGゴール決める】ZAKZAK 2002/06/19
【大田(韓国)19日=清野邦彦】
 (前略)ゴールした瞬間、安は「妻の顔が浮かんだ」と結婚指輪にキスするお約束のゴールセレモニー。妻は99年のミス・コリアだ。
 その夫人は、16強進出なら、代表の独身選手を集めてミス・コリアの後輩と合コンを開くと約束していたが、その上を行く8強入り。
 若手選手の恩恵は、それだけにとどまらない。66年大会でイタリアを破って8強入りした北朝鮮と並ぶ、W杯でのアジア最高成績。安ら10人の代表選手は、兵役免除の特恵は確実だ。
 もっとも、イタリアを中心とした欧州メディアは、ゴール裏の韓国サポーター「レッドデビル」の指導で約1万人が作った「AGAIN 1966」に気分を害し、目下の関心は、「鄭夢準(チョン・モンジュン、韓国W杯組織委員長)はいくら金を持っているか」だというが−。
つーかそのキスパフォーマンスはラウルのパクリじゃん。
【Kia to assemble 7,000 cars in Ecuador】Reuters / March 26, 2002
SEOUL -- Kia Motors Corp. said on Tuesday it would begin assembling compact passenger cars in Ecuador later this year, bringing total production there to 10,000 units.
Kia already produces 3,000 units of its Sportage sport utility vehicle in Ecuador.
It said it would ship components of the compact cars in knock-down form, to be reassembled by local firm AYMESA.
"AYMESA of Ecuador will begin assembling 7,000 Rio compacts beginning in December," Kia said in a statement that coincided with the visit to South Korea of Ecuadorian President Gustavo Noboa.
The automaker exports knock-down kits for reassembly to 10 countries, including Iran and Vietnam.
Earlier on Tuesday, Taiwan's fifth largest car producer, Sanyang Industry said it signed a contract with Kia affiliate Hyundai Motor Co. to produce and sell Hyundai cars on the island.
DaimlerChrysler AG owns 10 percent of Hyundai Motor, South Korea's largest automaker, which along with Kia posted record net profits last year on sales of more-expensive cars in the key U.S. market.
ロイターに嫌な記事がありました。エクアドルにヒュンダイが進出を始めているようで…そういうことなのか、モレノ?
wsdnet.comイタリアレポーターEMILIO Martini:
<イタリアvs韓国の試合前>
 イタリアvs韓国の試合前日、報道陣はやっと落ち着きを見せた。あの強烈な観衆を埋め尽くすスタジアムでは、イタリアはとても不利かと思われるが、だが、そのような環境には慣れているアズーリなので、ハンディーを乗り越えることができるであろう。ただ今回は審判がイタリアに対し悪影響を与えないことを祈るばかりだ。
 テクニックの面から分析してもアズーリは韓国に対し優位である。問題は体力で、このような湿度の高い所での長期試合をし続けることに慣れていない事だ。韓国は直ぐに攻撃に入ってくると思われるのでイタリアはチャンスを待ちカウンターアタックにでるべきだ。
<韓国、排他的>
 3日前までは 韓国はイタリアに対し 好印象を与えるほどの歓迎ぶりであった。しかしイタリアとの対戦が決まってからは急に様子が豹変し、敵対心をもろに出し始めた。スタジアムの椅子を見てもわかるように、全てが韓国の国旗の色である赤と青で埋め尽くされている。
 しかし、あるオーガナイザーはアイデアを思い立って、あの予想外の勝利を思い起こさせるフレーズ“AGAIN 1966”という文字を書くために白に塗り変えたそうだ。それはあまりにも排他的だとFIFAに注意され元に戻したが、その席に座る人たちにプラカードを持たせたので結果同じであった。
<Ahn>
 2年前からイタリアの Perugiaへ移籍している韓国人選手・ Ahn(アン)は、「イタリアのDFは歳をとっていてスローだ。一方韓国はエネルギーに満ち溢れ、イタリアを負かしたいという気持ち一心なので、スピードある韓国のプレイにイタリアはこてんぱんにやられるだろう」とインタビューで語った。
 それに対しイタリア人ジャーナリストは、今までずっとPerugia のベンチにしか入れず、このイタリアのサッカーを侮るような事をいう生意気な Ahnを許すわけにいかない。今自分が在籍するクラブの国を少しは尊敬すべきだと批判した。彼は今、イタリアで非難の的になり、 Perugia のガウッチ会長も来年の契約更新を取り止める方向だ。

<試合終了後>
 とうとう Trap(トラップ)率いるアズーリはW杯から姿を消してしまった。こんな試合でイタリアが脱落するとは皆の反感は強まる一方、昨夜のテレビはその討論で盛り上がった。まず、エクアドル人の審判だが、経験も少なく、韓国人の観衆の抑圧に影響され、これほど不快感を与える性格の審判は見たことがない!!
 幸運なことに日本は素晴らしい Collina(コッリーナ)のもとでフェアなジャッジが取られていた。
・試合開始3、4分後、すぐにぺナルティーキックを韓国に与える。幸運なことに Buffon(ブッフォン)はキャッチ。
・ゴールエリアで Totti (トッティ)が韓国のDFに阻止され転けた時、PKのチャンスかと思ったが、なんと虚偽行為だとして逆に警告が取られた。
・またもや誤審のオフサイドとして Tommasi(トンマージ)のゴールが取り消された。
・イタリア人に対しての警告が多く、韓国人にイエローカードをあまり与えなかった。
<審判>
 イタリア人の半数はこのエクアドル人・Moreno(モレノ)の所為で負けたと言われている。今W杯で正当な5ゴールも誤審のため取り消されてしまった。 (クロアチア戦2ゴール、メキシコ戦2ゴール、韓国戦1ゴール)
 韓国には警告を与えず、正当なジャッジをできないような審判を選出するなど、これはイタリアがFIFAの首脳陣に圧力をかけることができる人が誰一人存在しないからだとも思われている。
<作戦>
 イタリアのような熟練したチームは、このような試合に負けたことはない。試合終了3分前までは、イタリアがリードしていた。試合終了までには誤審で取り消されたTommasiとVieri(ヴィエリ)のゴールが加算されていたはずだ!!
 そして、Panucci(パヌッチ)のミスで同点を入れられ、不幸の道を辿ってしまった。イタリア人の半数以上は、 Trapattoni(トラパットーニ))監督の戦略ミスだと言っている。いつものように Trapの過激なDF主義のため脱落してしまった。
<最初のミス>
 Trapattoniは、恐怖のあまり Gattuso(ガットゥーゾ)のようなDFと Del Piero(デル・ピエロ)を交代させる前までは試合のイニシアチブを握っていた。一方、韓国のHiddink(ヒディング)監督は、 Del Pieroのマーカーを外しもう一人FWを増やした。この時点から我々に積極的に攻撃をし始め問題が生じてきた。
<2番目のミス>
 選手を交代させることは間違ってはいないが、FWをはずしたのであれば FW のMontella(モンテッラ)かInzaghi(インザーギ) を入れるべきであった。そうでなければ、敵はすぐに 恐怖心を抱いていることを察知し、そして我々の勇気も損なってしまう。それなのに Trapは、 Gattuso と Di Livio(ディ・リービオ)というDFを二人も入れるなんて!!
<3番目のミス>
 一番大きなミスは多くの経験を持つパーソナリティー・Roberto Baggio(ロベルト・バッジョ)を日本へ連れて行かなかったことだ。彼であればこのような試合では何一つ失敗しなかっただろうに、、、。
<将来>
 これでTrapattoniは、イタリア代表としての監督生命も絶たれるであろう。もし、次回のヨーロッパ選手権で最初のゴールを決めたければ、 強烈なDF主義 のTrap監督を解任した方が良いであろう。今のサッカーでは、DF+カウンターアタックという戦略はもはや通用しない。勝ちたければ最初から攻めていくべきだ!!
<韓国>
 今や韓国はイタリアにとって一番卑劣な国となってしまった。決してイタリアに勝ったからではなく堂々としたフェアプレイに臨まず、アメリカ戦、イタリア戦のPK、ポルトガルの2つのレッド、イタリアの1つのレッドなどから判断されるように審判から特別な優遇処置を受けているからだ。だから、ガンバレスペイン!!
赤字の部分がガウチを怒らせました。しかし真に怒らせたのは試合後、安がインタビューに対して「今日韓国のサッカーがイタリアのサッカーを超越している事が証明された」と語ったからだと言われています。ソースなし。
しかし…イタリアを負かしたいのは北朝鮮への対抗意識からだろうが
6月18日
韓国2-1イタリア

またやりやがったよ。あのクソどもが…。もの凄いラフプレーの嵐じゃん。なんか「やってもファウルをとられない」と解っててやってるようにも見えるんだが、気のせいかな?
【Carraro si nasconde】
Bulgarelli, Cannavaro e Ranucci attaccano senza misure l'arbitraggio, mentre il presidente fugge davanti alle responsabilita
Daejeon (Sud Corea) 18 Giugno 2002

 Con l'Italia fuori dal mondiale e il solito trattamento arbitrale, il presidente della FigcFranco Carraro non ha voluto commentare a caldo il comportamento del direttore arbitrale. Queste le parole del massimo dirigente italiano: "Mi dispiace moltissimo per i tifosi e i giocatori. Altri commenti non ne faccio. Parlero solo in Italia. I giocatori e Trapattoni hanno fatto il loro dovere, hanno giocato bene e non sono stati fortunati. Il calcio stasera ha perso qualcosa".
 Giacomo Bulgarelli, che insieme a Bruno Pizzul commentava l'incontro, non e d'accordo con Carraro e lo dice chiaramente: "Il fatto e che non ha il coraggio di dire che non contiamo assolutamente niente. E' piu che evidente che ci prendono in giro". In precedenza, Bulgarelli ne aveva avute anche per i coreani: "Al posto loro mi vergognerei, ma evidentemente non capiscono queste piccole sfumature".
"Un arbitraggio scandaloso, sembrava un film di Toto, 'Toto Truffa'". E' durissimo il Capo delegazione italiano Raffaele Ranucci dopo l'eliminazione degli azzurri. Poi spiega "d'altra parte la Corea e un paese che sa muoversi molto bene e si vede che ha fatto qualcosa di importante. Sono sei anni che sono nel giro, anche quando si e trattato di assegnare olimpiadi, e i coreani da questo punto di vista sono potenti e soprattutto un paese centrale".
"Veramente una vergogna", il giudizio di Fabio Cannavaro. "Dai bordi del campo tutti quanti noi abbiamo avuto una bruttissima sensazione come quella che ci hanno tolto per forza la qualificazione. Si parla tanto di arbitri ma ce ne sono in giro molto ma molto piu scarsi di quelli italiani". Secondo Cannavaro l'arbitro Moreno si e "superato. Ci sono stati tanti episodi che purtroppo ci hanno condizionato la partita, non ci hanno permesso di vincerla, abbiamo giocato contro tutti. Abbiamo dato tutto, superando qualsiasi ostacolo ma alla lunga ci hanno piegato". Cannavaro parla di "tanta rabbia e amarezza. Per noi era un'occasione unica, questo e un gruppo che poteva far bene, siamo insieme da tanti anni, avevamo chances per lottare fino alla fine, siamo giocatori di 28-30 anni che lasceranno la nazionale dopo questa esperienza e potete immaginare quanta tristezza c'e in questo momento. Quello che abbiamo visto oggi non e calcio. Un errore ci puo anche stare ma qui parliamo di tre partite di seguito. Con me e Nesta in campo non sarebbe cambiato niente".
 Per il ct degli azzurri Giovanni Trapattoni non ci sono dubbi: l'Italia meritava di vincere contro la Corea del Sud. "Abbiamo avuto molte piu occasioni, ma la Corea ha giocato con il cuore", ha dichiarato il Trap a fine partita. "E' stato un incontro meraviglioso", ha aggiunto, "ma a vincere avrebbe dovuto essere l'Italia. Ad uscire cosi si pensa per forza a qualcosa di strano. Non voglio parlare di complotti ma di cose strane si. Se c'e incapacita non puo essere una scusa, non deve essere permessa in un Mondiale. Ci hanno dato 3 o 4 fuorigioco inesistenti. I ragazzi ora sono frustrati e si sono comportati bene, nonostante le avversita. Una situazione cosi non l'ho mai vissuta. Forse qualche volta in qualche momento di Coppe europee, ma cosi, dall'inizio alla fine, non mi era mai accaduto. Ecco perche finisci per pensare a qualcos'altro. Ai giocatori voglio dire che la parte sana del calcio sono loro che vanno in campo, ma devono sapere che nel calcio come nella vita si incontra sempre qualcosa di strano". Il Trap va a ruota libera: "Parlano di fair play e poi in campo si vedono cose cosi. Non si puo giocare un mondiale con guardalinee incapaci. I ragazzi ora sono prostrati. Piangere? L'ho fatto nel cuore".
 Infuriato contro l'arbitro anche Francesco Totti alla fine della partita. "L'avevo detto io - e il commento del giallorosso - quando siamo andati a salutarlo prima della gara non ha voluto nemmeno parlare con tre o quattro di noi, l'arbitro era prevenuto. Infatti, appena entrati in campo, dopo 5 minuti, ci ha dato un rigore contro. La mia espulsione poi e stata assurda. Si e avvicinato con una faccia strana, voleva dare il rigore, ma dopo 5-6 passi ci ha ripensato, s'e ricordato che ero ammonito".
…えー、私イタリア語なんて解りませんので、こちらもどーぞ。
6/19 スポーツスペース 安田良平
【トッティ「主審には敵意があった」 】
■「PKを与えようとしていたが、5、6歩歩いた後で考えを変えた」
 記者会見に現れたフランチェスコ・トッティは逆上していた。アズーリのファンタジスタは、延長戦で彼にレッドカードを提示するなど試合をボロボロにしたモレノ主審を攻撃した。
 「試合前に彼に挨拶に行っても、彼はイタリアの3、4人の選手と話そうともしなかった。主審は最初からイタリアに敵意を持ってたんだ。そして試合が始まると、わずか5分で相手にPKが与えられたんだ。僕の退場もバカバカしかった。変な顔をして近付いてきて、PKを与えようとしていたが、5、6歩歩いた後で考えを変えたようだ。僕が1枚カードを受けていたことを思い出したんだね」とトッティは大声で怒りを顕にしていた。

【ディ・リーヴィオ「スキャンダルだ」 】
■イタリア対韓国戦後に怒り爆発
 フィオレンティーナのキャプテン、アンジェロ・ディ・リーヴィオはアズーリが韓国代表に敗れ去ったあと怒りを爆発させていた。
 「ものすごく怒っている。こんな形で帰国するなんて最悪だ。スキャンダルだよ、これは。あの審判たちのせいで敗退に追い込まれたんだ」

【デル・ピエロ「本当に胸の痛む敗戦だ」 】
■「もっと早く試合を決めなければならなかった」
 アレッサンドロ・デル・ピエロは、主審のモレノ氏に対する不満に関しては他のチームメイトたちと同意見である。
 「本当にムカつくよ。みんなとても怒っている。10年間サッカー選手をやってきて審判の決定に異議を唱えたことはなかった。不利な判定と有利な判定は結局は釣り合いが取れるものだと思ってるからね。でも今回は、4試合全てであまりにも酷いことが起こり続けた。もっと正しい判断ができていたはずの場面で、数多くの誤審があった」
 W杯を通してアズーリに不利だった審判の判定を別にしても、デル・ピエロはイタリア自身のミスもあったと話している。
 「まだ終わったばかりのことだけど、もっと早く試合を決めてしまわなければならなかったと思う。それが最大のミスだ。今日の試合と自分たちのミスを落ち着いて分析しなければならない」
 ユーベのスターは失望を隠し切れない。
 「この敗戦には本当に胸が痛む。今明らかに思えることは、グラウンド上で起こった色々な事が全て散々だったということだ。本当に残念で苦しくて、もう何て言っていいか分からないよ」

【ザンブロッタ「全てが間違った方向へ進んだ」 】
■イタリア代表MF、鼠径部の負傷の可能性も
 ジャンルカ・ザンブロッタは、チームの結果にも、自らの肉体のコンディションにも打ちのめされている。ユベントスのMFである彼は鼠径部を痛めている疑いがあり、後半にグラウンドを後にしなければならなかった。
 「精神的にも肉体的にも最悪だ。全てが間違った方向へ進んでしまった。すべての出来事が僕らに不利なほうへと動いた。これがサッカーだが、こんなことにはならなくてもよかったはずだ。試合を裁くのは、それにふさわしい人たちであるべきだろう」

【パヌッチ「本当に恥ずかしい」】
■「韓国には何もさせなかった。しかし・・・」
 試合を終え、クリスティアン・パヌッチは苦々しい表情だった。PKを与えたのは彼のファールであり、韓国の同点ゴールに繋がったプレーも彼のミスだった。
 「僕らはPKが誰のプレーに対して与えられたのか分からなかった。立ち上がりは苦しくなったけど、その後は相手に何もさせなかった。あの同点ゴールに繋がるボールまでは・・・。これも運命だけど、今日起こったことは本当に恥ずべきことだ。子供の頃からW杯に夢を持っていた選手でも、こんな形でその夢が終わってしまうなんて」
 パヌッチはさらに続けた。
 「本当に最悪だった。正当なゴールが4点も無効にされてしまったとあっては、何かがうまくいかなかったということだ。僕らの負け方は本当に問題のあるものだった。おそらく代表チームのスタッフはもっと声高に異論を唱えるべきだろう。イタリア人の審判だったら問題はないんだが・・・。今日のコッリーナは完璧だった」

【モレノ主審、警官に護衛されて退出 】
■緊張感の中、ロッカールームでは主審に対する罵声も
 ビロン・モレノ主審はこの日のことを生涯忘れないだろう。非常に疑問の残る笛でアズーリの怒りを爆発させた彼と副審たちに対してイタリアの選手たちは説明を求めていたが、無駄なことだった。ロッカールームへ向かう通路ではイタリアの選手数人が怒りのあまり彼と副審たちに激しく非難を浴びせていたようだ。
 韓国組織委員会KOWOCは事態が沈静するまでスタジアムの外でモレノ主審を護衛するため20名の警官からなる警備隊を準備していた。
ちなみにどこかのコラムで読んだが、イタリアのサッカー中継ではファウルやラフプレーがあった際、出来る限り判り易い角度からスロー再生を繰り返すそうである。つまりファウルに対する姿勢が厳しい。勿論判定は覆らないが、これによってイタリア国民もファウルに対する目は肥えている。そんなわけでとばっちり。
【伊紙、審判の「日本びいき」を指摘】日刊ゲンダイ 2002年6月18日掲載
「日本は極端に警告が少ない」
 こんな見出しで、審判の「日本びいき」を指摘したのが16日付イタリア紙「コリエレ・デル・スポルト」。
 同紙はW杯1次リーグ32チームのファウル数と警告数(イエローカード)を分析。日本は32チーム中最も多い「77」のファウルを犯しているが、警告は32チーム中20番目の「5」。「開催国の日本が有利なジャッジを受けている」と指摘している。
 イタリアは1次リーグのクロアチア戦で、審判に同点ゴールをオフサイドと判定された経緯がある。その審判が後日、誤審と認める発言をしたため、国内では審判への批判が高まるばかり。
 こんな背景を受け、審判の判定を特集。日本に有利なジャッジが多い点を引き合いに出し、「審判に明確な判断基準がない」と批判している。“日本びいき”の怪しいジャッジに、いよいよ世界中がクビをかしげはじめたようだ。
このライターの自虐趣味も相当だな。特に最後の一文。いつ「日本贔屓」に対して「世界中」が首を傾げ「始めた」よ?ロシア戦の稲本のオフサイド疑惑とチュニジア戦の戸田のPK疑惑くらいのもんだろうが。それも緒戦のベルギー戦における「稲本幻の3点目」と「ヴィルモッツ実はオフサイド」でお釣が出るんだよ。戸田と小野の活躍の割に警告が少ないのは確かだけど、日本は今回、凡そ開催国とは思えないくらい公正に勝負してるよ。
6月17日
韓国−イタリア戦の前日なわけだが、韓国側はイタリアの練習時にこんなことをやっていた。
【崩壊「カテナチオ」、イタリアおおいなる不安 】サンスポ
【大田(韓国)17日=坂本万里雄】
イタリア代表が不安いっぱいで、18日の韓国戦(大田)を迎える。「カテナチオ」(かんぬき)と形容される守備陣の要、DFネスタが負傷で欠場濃厚。DFカンナバーロは出場停止。主将のDFマルディーニも負傷を抱えたままだ。 (中略)
★イタリア記者を激怒させたスタンドの「白文字」
 前日練習のため、イタリア代表の関係者とイタリア人記者が韓国・大田スタジアムに入った途端、顔を紅潮させ、激怒した。理由は韓国側のゴール裏の赤い席のなかに白い席で描かれた「メッセージ」だった。
 客席が2段式になっている同スタジアムの上段には「AGAIN」。下段には「1966」の文字。つまり、この「メッセージ」は、1966年イングランド大会でイタリアが1次リーグで格下の北朝鮮に敗れて敗退した際、サポーターから腐ったトマトで盛大な「歓迎」を受けたあの屈辱の再現を、という意味。
 あっけにとられたイタリア人記者の「FIFAはこれを許したのか!」との疑問の声をよそに、イングランド人記者だけは「これでいいんだ。われわれはこの大会で優勝したのだから」。涼しい顔だった。
お前ら最低。ホスピタリティが欠片もねェ。大会に合わせてボランティアがたくさん集まったとかいって自国のホスピタリティを自慢してるようだけど、そんな事消し飛ぶほどの失礼さだ。何が「東方礼儀の国」だ。そんなのが貴様等の礼儀か。
6月16日
6月15日
【決勝Tなのに空席4割 ドイツ−パラグアイ戦】
 韓国・西帰浦市で15日あったW杯決勝トーナメントのドイツ−パラグアイ戦では、8強進出をかけた試合にもかかわらず、空席が4割にも達した。W杯韓国組織委員会は、「済州島の地理的制約に加え、物価の違う日韓で入場券が同じ価格のため、韓国人には高すぎることなどが要因」と分析している。
 組織委によると、この試合の入場者は約2万5000人。収容人員(約4万2000人)の約60%で、24万7500ウォン(約2万4000円)する1等席はとくに空席が目立った。組織委は、海外販売分の残りとして午前10時から1万4500席分を発売。だが、売れたのは84席にとどまった。空席を埋めるため、組織委の現地運営本部は市内の小学生2000人を無料招待するなどした。
 それでも客席はガラガラ。三つの席に横になって寝たり、新聞を読んだり、記念写真撮影にいそしんだり、日光浴をしたりで、観戦は盛り上がらない。まるで消化試合の雰囲気だった。
 ダフ屋も泣いた。正規価格の4分の1までダンピングしても客がつかなかったという。
 大きな要因はチケットの価格と「市場」の小ささ。「8万人強の小さな町。韓国全体でもカネを出せる人が限られる」という。国際サッカー連盟(FIFA)のゼンルフィネン事務総長も13日の記者会見で「入場券価格を日韓で同じに定めたのは、FIFAのミス」と認めている。
 このほか組織委は、対戦カードが決まったのが3日前で、韓国本土から行こうとしても、直前に飛行機便を予約するのが難しいことなども販売不振の要因と指摘。また、この試合に限らず、英国バイロム社が海外販売分の売れ行きデータを直前まで明らかにしないため、残り席を予想しての販売促進策が取りにくいとしている。
(朝日新聞 02/06/15)
これが韓国の実態だ。自国の勝利にしか興味がなく、サッカーを楽しもうという気風が全く見受けられない。「市場が小さいから」などという言い訳は噴飯物だ。そこにスタジアムを建設したのは韓国自身ではないか。
韓国は今回のWCをナショナリズムの発揚としか思っていないようだ。勿論、こういう祭典をナショナリズムの発揚に結び付けることそれ自体は決して間違っていない。日本もかつては通ってきた道だ。
だが、日本はそれだけでは終わらせなかった。過去1度の五輪と2度の冬季五輪で、日本は常に誠意溢れるホスピタリティと正々堂々たる勝負を演じてきた。決して独り善がりな大会にはしてきていない。もっとも長野冬季五輪以降はインターナショナリズムを前面に押し出してきているが。
韓国は既にソウル五輪を経験したはずである。あの時も韓国は自国のナショナリズムにしか関心が向けられなかった。韓国はもう少し民度を成熟させてからこうした国際大会の誘致を考えるべきだろう。
【トルシエ監督、仏紙で日本のマスコミをクソミソ】日刊ゲンダイ 2002年6月15日 掲載  
 トルシエ監督が日本のスポーツマスコミをコキおろしている。
 きのう(13日)の大阪・堺市での会見では日本選手をホメる熱弁だったが、母国のメディアには言いたい放題だ。
 フランスのスポーツ紙・レキップ(13日付)は「トルシエ監督 うんざり」の大見出しで、本人のコメントを掲載。「出る杭は打たれるのがアフリカやアジアの哲学だ」「記者会見で説明しても興味本位な取り上げ方ばかりだ。(きちんと説明することは)もう、あきらめた」とクッソミソ。
 同紙はテレビカメラが自宅に押し掛けたり、トルシエ監督がかんで捨てたガムまで映していることなどを例に挙げ、トルシエ監督を擁護。石原慎太郎東京都知事が、スポーツ紙上でトルシエ監督を「二流」と批判したことについても、「杭が打たれるいい例」とも書いている。
 確かに、日本のスポーツマスコミはホメられたものではない。W杯報道の過熱ぶりは常軌を逸しているが、おかしなのはトルシエ監督も一緒。
 最近では直前になってキャンセルした日本代表メンバーの発表会見が好例。人選した張本人なのだから、せめて説明くらいするのがスジ。それすらせず、「興味本位な取り上げ方ばかりだから説明するだけムダ」は無責任もいいところ。日本のマスコミに突っ込まれたり、たたかれるのが嫌で逃げたといわれても仕方がない。自分のことは棚に上げてよく言うよ、だ。
よっぽど最後の一文が書きたかったんだな。トルシエは暴君だけど指導者としては評価するよ、私は。
6月14日
韓国1-0ポルトガル

監視してたらほんとにやりやがった。一方のチームだけ2人も削るって何だよ?前代未聞だぞオイ。しかも2人目は確実に「誤審」だろう。
【PARK STRIFE FOR 9-MAN PORTUGAL Portugal 0 South Korea 1: Pinto guilty of ref rage as Korea march on】Daily Mirror
By Chris Hatherall
 IF ANYBODY wants to win the 2002 World Cup, will they please stand up?
 Nine-man Portugal are the latest of the pre-tournament favourites to catch a plane home after a dramatic defeat against co-hosts South Korea. The result left Korea in a state of absolute euphoria as they celebrated reaching the second round for the first time in their history.
 Korea deserved their victory, achieved thanks to a superbly-taken goal from Park Ji Sung after 70 minutes in front of an hysterical crowd.
 But the dismissal of Portugal's Joao Pinto in the first half and Beto in the second shows the big guns are really kicking themselves in the foot. Pinto had no-one to blame but himself after careering into the back of Park with an ugly challenge in the 26th minute. Pinto rounded on Argentine referee Angel Sanchez after being shown the card, and at one stage Portugal captain Fernando Couto had his hands on the referee's face as his side lost all discipline. Beto was a little more unlucky, picking up a second yellow card for blocking Lee Young Pyo after 65 minutes.
 But Portugal proved in the last 15 minutes, when they hit the woodwork twice and forced keeper Lee Woon Jae into another save that they have the attacking talent to have won the game if only they could have kept their heads.
"I don't want to talk about the referee," said a Portugal's fallen star Luis Figo afterwards.
"If he wants to be the star of the show it's up to him. It's not up to the players to comment on his decisions. But I know a good referee isn't affected by pressure from the crowd, and that clearly wasn't the case here.
"We did every thing possible to get a result and it didn't happen.
"Right in the last minutes we were very unlucky and even with nine men we created more chances than Korea.
"We can leave the World Cup with our heads up and looking forward to the future."
That's as maybe, but Figo & Co perhaps underestimated Korea, who are ranked 35 places below world No.5 side Portugal.
 The hosts won the tactical battle, squeezing the play in the first half and using their incredible pace and fitness to put their opponents under pressure at every opportunity. World player of the year Figo looked lost in the middle of it all as the crowd screamed as if they were at a Boyzone concert every time a Korean star touched the ball.
 Little livewire Park was already causing mayhem by the time Pinto cythed into the back of him and trundled off the park for an early bath. And the hosts almost went ahead when striker Seol Ki Hyeon put the ball in the net - but only after a blatant foul on keeper Vitor Baia.
 Pauleta had his side's best chance of the first half, but sent his lob high over the bar after a cute Figo through-ball - and by the time news reached the Portuguese that the USA were losing 2-0 to Portugal, they were content to just pass the ball around in defence.
 The tactics seemed to be working when Pauleta forced Lee into another fine save when he stooped at the near post to back-flick a header towards the roof of the net. But all the good work was undone when Beto lost his head again, and consequently his place on the pitch.
 The atmosphere inside the Incheon Munhak Stadium was now at fever pitch, and the ear-piercing screams reached a stunning crescendo when Lee Young Pyo whipped over a deep cross that Park chested down before cleverly cutting inside his marker and lashing the ball low and left-footed between Baia's legs.
 The goal suddenly woke Portugal from their slumbers. Figo curled a free-kick against the outside of the post, then with two minutes to go Sergio Conceicao twisted to turn a right-footed shot against the same upright.
 When the winger burst through again, only to see Lee make a fine diving save, the battle-weary Portuguese knew it wasn't their day.
 Korea now face Italy with the chance of turning the World Cup on its head yet again. And after everything that's gone on so far, don't rule it out. Coach Guus Hiddink said: "This is a wonderful day for the Korean people and I am very proud of the players.
"They are exciting because they always want to attack and try to win games - and we won't change that against Italy."
朴智星の決勝ゴールは上手かった。それは認めざるを得ない。だがそれも敵が9人になった後に決めたもので、額面どおりに受け取ってよいものか甚だ疑問である。況や他の選手をや。
証拠はないが断言していい。この試合は審判が買収されていた。韓国は明らかにポルトガルよりも格下だ。それもポルトガルが1人抜けたくらいでは穴が埋まらないほどの差だ。
こんな茶番とも呼べない試合を制して決勝Tに進んだくらいで大喜びしている韓国人、韓国選手の気が知れない。私だったら恥と思って辞退したいくらいだ(諸外国から見れば1試合くらいなら細工しても許容範囲だろうが、これは既に2試合目だ。もう度を過ぎてる。おまけに内容が露骨すぎる)。
6月13日
6月12日
6月11日
韓国で安のスケートパフォーマンスを「とてもよかった」と評価する人が、国民の実に93.84%。

はっきり言って異常だ。恨の国民性からして6,7割の人が肯定的な見方を出す可能性はあると思っていたが、ここまで肯定一色に染まるとは思わなかった。韓国民はみんな熱病にでもうなされているのか?恥を恥とも思わないどころか、国民揃って大喝采とは、狂気の沙汰としか思えない。
それでもまだ救いがあったのは、オーノやアメリカのマスコミ各社が挙って大人の対応をしてくれたからだ。
【「フォームがダメ」とオーノ選手、W杯韓国代表のアクションに】
2002.06.13 Web posted at: 19:38 JST
- AP シアトル(AP) 
韓国で10日あったサッカー・ワールドカップ(W杯)本大会の韓国―米国戦で、韓国FWの安貞桓選手(イタリアのペルージャ所属)が同点ゴールを決めた後、スピードスケーターのように、腕を揺らすジェスチャーで喜びを表現する一幕があった。
2月に行われたソルトレーク冬季五輪のスピードスケート・ショートトラックの決勝で、1位でゴールした韓国の金東聖選手が失格判定を受けたのに代わり、米国のアポロ・アントン・オーノ選手が金メダルを獲得した。今回の韓国代表選手の“喜びの表現”は、失格判定に導いたとされるジェスチャーを行ったオーノ選手への恨み晴らしの意味を込めてのものだった。韓国では、オーノ選手への国民的反発が広がっていた。
安貞桓選手のアクションを、ほかの韓国選手も後ろに列を作って真似たが、11日付の米紙シアトル・タイムズによると、当のオーノ選手はこれを見て「フォームがなっていない」と一言。
オーノ選手は「自分の決定ではないのにいつまでも恨み続けられているとは嘆かわしい」と語りながらも、「(スケートは)もっと腰を落として、肩を水平に保つようにしないと」などと話して、フォームの悪さを指摘。さらに今回の韓国選手の「表現」で、スケート競技に興味を持つ人が増えてくれればと“大人”の対応を見せている。

【ワールドカップを”ビデオで”振り返る】MSNジャーナル
2002年6月27日 マーティ・キーナート(翻訳:矢羽野薫)
(前略)
●ワールドカップにふさわしくないパフォーマンス
「6月10日の韓国−アメリカ戦で、安貞桓が同点ゴールを決めた後の、あのパフォーマンスをどう思いましたか?」と、私は聞いた。
「ああ、あれなら見ていた。でも、彼が何をやっているのか、わからなかった。あれはいったい、どういう意味なんだ?」
私はびっくりした。アメリカのテレビ局の重役があの場面を見ていながら、私と話をする日まで、安がショートトラックの真似をしていたことに気づかなかったというのだ。ソルトレークシティー冬季オリンピックの男子1500メートルで、韓国の金東聖が失格となり、アメリカのアポロ・オーノが金メダルを獲得したことに抗議するパフォーマンスではないか。
「へえ、彼はそんなことをしていたのかい?」カルウォスキは私の説明に驚いた。「みんな意味がわからなかったんだ。ずいぶん、おかしなことをしたものだ。あれから何カ月も経って、しかもワールドカップでそんなことをするとは。ちっともふさわしくない」 (後略)
(※記事の日付が今日じゃないのは勘弁な。)
私自身はアメリカという国は嫌いだが、こういうときこういう態度が取れるアメリカ人は純粋に立派だと思う。
それに比べて韓国人のなんと幼稚なことか(私もちょっと幼稚だね…)。

さて、決勝T1回戦で韓国と対戦するイタリア代表が日本を離れました。
【横浜の決勝で会おう アズーリ、仙台キャンプ終え大分へ】河北新報
 サッカー・ワールドカップ(W杯)で、イタリア代表チームは11日、5月22日から仙台市で実施していた3週間のキャンプを終え、仙台空港から1次リーグ最終戦・メキシコ戦(13日)の会場となる大分に入った。1次リーグ突破が決まれば、チームは決勝トーナメントの会場となる韓国に赴き、30日の横浜での決勝進出を目指す。キャンプ最終日、宿舎や仙台空港などでは、多くの市民が仙台を離れる「アズーリ(代表の愛称)」との別れを惜しんだ。
●仙台スタジアム
 イタリアは午前中、仙台スタジアム(仙台市泉区)で仙台での最後の調整を約1時間にわたり行った。一部の負傷選手は欠場したが、ピッチの3分の2ほどを使い、10対10のミニゲームで汗を流した。トッティらは居残り、クロスボールからのシュートを練習し、メキシコ戦に備えた。
 練習後には、帰ろうとしたDFカンナバロ選手がフェンス越しに、ファンが投げ入れたボールなどにサインをするサービスもあった。
 キャンプを終え、トラパットーニ監督は「われわれは仙台で素晴らしい時間を過ごすことができた」とキャンプへの満足感を表した。MFトッティ選手は「仙台市民の歓迎に感謝する。メキシコ戦に勝って1次リーグを突破し、(決勝の会場となる)日本に戻ってきたい」と意欲をみなぎらせていた。
●ホテル
 アズーリは11日午後3時半前、宿舎となっていた仙台市泉区の仙台ロイヤルパークホテルを後にした。選手を間近で見られる最後のチャンスとあって、約500人のファンがホテル前に集合。バスに向かって旗や手を振って見送り、選手たちも窓を開け、笑顔で応じた。
 ホテル近くにある寺岡小の6年生の児童108人も、急きょ色画用紙を張り合わせて作ったイタリア国旗を持って駆け付けた。ベガルタ仙台ユースとの練習試合を観戦したという山口心路君(11)は「選手たちにはもっと仙台にいてほしかったけれど、最後は日本代表と決勝で戦うようになってくれればうれしい」と話していた。
●仙台空港
 仙台空港にも、滑走路脇フェンスのそばに熱心なファン50人余りが集まった。
 空港では、選手の乗った送迎バスが直接チャーター機に横付けしたため、残念ながら選手の姿は見られずじまい。ファンの間からは「せっかく来たのに…」と落胆の声も上がったが、少しでも選手に届けばと、多くの人が飛行機に向かって手を振っていた。
 5月30日の公開練習で間近に代表選手を見たという仙台市太白区のフリーター三浦直也さん(29)は「イタリア代表が来てくれて、本当にうれしかった。今度はプライベートで選手たちに仙台に来てほしいですね」と笑顔で見送っていた。
●仙台市
 イタリア代表の仙台キャンプを支援してきた民間組織「フォルツァ アズーリクラブ」の会員も9000人を突破。イタリア代表スタッフらの前線基地、「カーサ・アズーリ」(仙台市青葉区)では11日夕、同クラブのイタリア語通訳ボランティアを含む日伊の関係者が「打ち上げパーティー」を催し、キャンプが無事終わったことを祝った。
 藤井黎仙台市長は「アズーリは期間中、ベガルタ仙台若手との公開練習や福祉施設訪問など、さまざまな形で市民と積極的に交流、仙台を世界に大きく羽ばたかせるチャンスを与えてくれた。決勝トーナメントに進むことを100万市民とともに心から願い、横浜の決勝戦で再び華麗なプレーが見られることを希望している。キャンプを支えたのは市民の力で、温かく迎えてくれた市民に感謝したい」とのコメントを発表した。
仙台市の皆様、アズーリへの心温まるホスピタリティに感謝いたします。
6月10日
【W杯報道 日本イメージ一変】(2002/06/11付 読売新聞朝刊)
 サッカーを通じて見えてきた日本――世界各国のマスコミにとって、ワールドカップ(W杯)は、日本について報じる絶好の機会だ。英国とロシアでの報道ぶりは、お決まりのパターンから一歩踏み出し、日本のイメージを広げるものになっている。

イギリス 手放しで礼賛一色 「フーリガン出る幕ない」
 【ロンドン10日=土生修一】辛口で定評のある英国メディアが、W杯での日本人の対応を手放しで褒めちぎっている。
 「日本人の品行の良さには驚いた。こっちも影響され、野外パーティーが終わると自分から掃除していた。こんなことは初めて。今まで、なんて自分勝手な国に住んでいたんだろう」。9日付の英高級紙サンデー・テレグラフは、W杯観戦で来日した英国の若者のコメントを紹介、「日本体験が英国人に集団治療のような効果を発揮している」と報じた。
 英国の新聞は、第二次大戦の戦争捕虜や捕鯨といった問題では、事実誤認も含め、激烈な日本批判を展開する。しかし、今回のW杯報道では、高級紙、大衆紙や、保守系、左派系の区別なく、気味が悪いほど「日本礼賛」一色だ。例外は「靴箱に寝ているみたい」とのカプセルホテルの体験ルポぐらい。
 予想もしなかった日本人のイングランドびいきが、その背景にある。埼玉、札幌でのイングランド戦では、スタンドの大多数がイングランドに声援を送った。「3万人以上の日本人が英国国歌を歌ってわがチームを熱狂的に応援した。顔中、イングランド旗にした日本人もいる。私の頭がおかしくなったのではない。これは本当なんだ」(大衆紙デイリー・ミラー)
 「フーリガンの元祖」であるイングランド・サポーターは、欧州各地の嫌われ者だ。それだけに、予想外の人気に当惑しながらも喜びは隠せない。人気の秘密は、ベッカム選手のおかげというのが、各紙共通の分析だ。
 日本人は、他の外国チームにも好意的だとする論調も目立つ。
 「カメルーン戦は劇的な引き分け。仕事を終え午前2時に宿舎に戻ると、従業員たちが屋外で拍手で迎えてくれ、大感激した」(アイルランド記者団)、「日本と同じグループなのに、どこへ行っても応援してくれる。信じられない」(ベルギー選手)などのコメントが報じられている。
 英各紙は、この全方位外交が各国のサポーターにも影響し、対戦チームのサポーター同士が記念撮影したり、談笑するなど、欧州では考えられない光景が各地で見られ、フーリガンが出る幕はないとの特派員記事を掲載。経済紙フィナンシャル・タイムズも、「日本人は、憎しみなき熱狂で、W杯をより豊かにしてくれた」と最大級の賛辞を送っている。

ロシア 「領土中心」から転換 伝統、現代双方を紹介
 【モスクワ10日=伊熊幹雄】W杯サッカーで日本と同組のロシアでは、日本からの映像は連日、「エキゾチックな高度先進国」を紹介し、北方領土論争ばかりだった日本報道を一変させた。だが、9日の日本戦敗戦を契機にモスクワに暴動が起こり、お祭りムードに影がさした。
 モスクワの暴動を報じるマスコミは、「サッカーのポグロム」(コメルサント紙)など、一斉に「ポグロム」という言葉を使った。帝政時代に、ロシア人群衆がユダヤ人集落を対象に虐殺、略奪を行ったことを指す。9日の事件も、自然発生的な暴動、無差別流血、さらに「日本」という外国(よそ者)が触媒になった点で、的はずれではない。
 だがロシア人一般が日本憎悪に走った形跡はない。9日の暴動では、本紙記者も含め、大型スクリーンで試合中継を見ていた東洋系観客は「お前は日本人か」と暴徒にからまれたが、スキンヘッドは9日夜の暴動後、ベトナム人施設を襲うなど憎悪対象は無差別だった。
 知識層や一般市民は敗戦にも冷静で、公共テレビORTのトークショーでは、司会のキリル・クレイメノフ氏ら評論家が「実力は日本が上」と口をそろえた。
 また10日までの日本報道は、好意的な紹介が目立った。ロシア代表のキャンプ地、清水市の豪華で快適な施設は、「期間中だけで1億円以上投資してくれた。ロシア代表にはありがたい贈り物」(ロシア通信)と、驚きをもって伝えられた。
 さらにORTのW杯放送では、前半終了後、必ず日韓のトピックを紹介した。日本の場合、「宇宙船のようなハイテクドーム」「秒刻みに正確な公共交通」など、「未来型ハイテク」というイメージが中心で、「北方領土要求だけでない、日本の姿が出ている」と駐露日本外交官も評価する。
 このほか大衆紙コムソモリスカヤ・プラウダは、試合をユーモラスにまとめた「今日のハイク(俳句)」を不定期連載。
 ロシア人の対日観は、「すし、相撲、北方領土、電気製品」に要約されてきたが、W杯報道では、日本の伝統文化と現代の姿の双方を見せる工夫が感じられる。
 モスクワ大学ジャーナリズム学科で日本マスコミを専攻するマリーナ・サビンツェワさんは「日本に前向きな報道は、対日観を広げるでしょう。双方の無理解を克服する点で、W杯はプラス」と評価している。
韓国1-1アメリカ

安貞桓のおバカパフォーマンスと、調子に乗ってそれを真似る同類項たち。
洪明甫だけは追加点がほしくて参加しなかったらしい。…洪が正しい。
…と思ったら「誰が決めようと得点があったらスケートパフォーマンスをしろ」っつったのは明甫ですか。何考えてたんだコイツも?

下の画像右、なべやかん李天秀がなぜか勃起しているのにも注目。

6月9日
6月8日
6月7日
【フーリガン】毎日新聞 6/30
 最も危険といわれた7日のアルゼンチン−イングランド戦だが、閉店が目立った札幌・ススキノも大きなトラブルはなし。「過剰警備」を反省する声も聞こえた。
この日は1日ワールドカップから離れてたけど、私もフーリガンはほんとに心配してました。日本でWCなんか開くなよ、と思ってた理由の1つだし。でも大事がなくてほんとによかった。
きっと日本人の誠意が伝わったんだろうね。警戒しててスミマセン。m(_ _)m
6月6日
韓国人め、やってくれる…。しかし騒ぎ立ててるのはなぜかアルゼンチン
【PKの判定は「汚点」 韓国人主審の誤審論争】
 ブラジルのトルコ戦での決勝PKをめぐり、アルゼンチン各紙は韓国人の金永珠主審の判定を「大会最初の汚点」(ナシオン)と報じるなど、メディアは熱い誤審論争を続けている。
 同主審はブラジル各紙の取材に対し「最初にトルコのDFアルパイがブラジルのFWルイゾンのユニホームをつかんだのは、ペナルティーエリアの外だった」と認めながらも、「アドバンテージを認めプレーを続行させたところ、エリア内まで反則行為が続いた」と語った。
 これに対し南米の各紙は写真を掲載しながら、ルイゾンが倒れ始めたとき、両足はエリア外にあり、アルパイの体は既にルイゾンから離れていると指摘、本来ならばPKとならない行為としている。
 ルイゾン自身がオーバーな転倒アクションでPKを誘ったと認めており、PKを決めたリバウドが別の場面で相手の反則を誘う行為をして罰金処分を受け「ヒーロー」から「悪役」に転じたこともあって、批判的な論調が目立つ。
 逆にブラジル側にペナルティーエリア内での反則がありながら、何度か“お目こぼし”を受けたとのブラジル紙の報道もあり、同国サッカー連盟のテイシェイラ会長の大きな影響力を取りざたする見方まで出ている。
 トルコのギュネシ監督は「ブラジル人の主審だったとしても、試合は引き分けで終わっていた」と怒りが収まらない様子。トルコでは反韓国感情が噴き出しているという。(リオデジャネイロ共同)(共同通信)
[6月6日16時26分更新]
興味深いのはブラジルの新聞が自分達に甘い判定だったことを認めている点。やはりサッカー文化が成熟しているだけはある。
【大敗サウジアラビア 威信回復へがけっぷち】(2002/06/06付 読売新聞夕刊)
 サウジアラビア代表にとって、6日のカメルーン戦は、国の威信をかけた戦いとなる。1日のドイツ戦で0-8の屈辱的大敗。サウジ国内では、「アラブ世界全体を失望させた」「W杯に出る資格はない」などと厳しい声が飛んでいるのだ。
 選手たちは、4日に東京都内のホテルで開かれた「日本サウジアラビア協会」主催の歓迎パーティーもキャンセルした。代わってナワーフ王子をはじめとする8人のサウジ王族が姿を見せたが、あいさつに立ったナワーフ王子は、ドイツ戦については一切触れなかった。ここにも“問題”の深刻さはうかがえた。
 サウジでは、王室がサッカーを支える。1980年代に発足したプロリーグの運営資金の半分を負担。今回もW杯の出場が決まると、選手に1人1000万円のボーナスをはずんだ。
 日本までの王室の足は、チャーター機。来日後は、都内の高級ホテルのスイートルームを貸し切りにする豪華ツアーだ。キャンプ地である東京・調布市の東京スタジアムでは、連日、ナワーフ王子が熱心に練習を見つめる。時にはグラウンドに立ち、選手と一緒にボールをけることも。
 「王子が一緒にボールをけることで、選手も気持ちを高めていくんだ」と、スタンドからその様子を見ていた芝浦工大のサウジ留学生、アルマシッド・ファハドさん(21)が解説する。
 W杯開幕直前の先月30日。ナワーフ王子は会見で「愛と平和を伝えるのがサッカー。イスラム教の教えも同じだ。そのことをW杯で世界にアピールしたい」と語った。
 チームの司令塔のMFテミヤトは「王室のかけがえのないサポートが我々に力を与えてくれる」と言う。王室と国民の、そして自らの誇りを取り戻すには、試合での雪辱しかない。
蚊帳の外ですが、まあ。頑張って欲しいもんです。
6月5日
【韓国非常事態 負傷者続出に思わぬ難敵】スポニチ
 ポーランドを2―0で下して歴史的なW杯初勝利に歓喜した韓国に一転、非常事態が発生。得点を挙げた黄善洪(ファン・ソンホン)と柳想鉄(ユ・サンチョル)がともに負傷していたことが発覚した。柳想鉄は後半、相手DFのタックルで左ひざを強打して同16分に交代。この日、蔚山(ウルサン)大学病院でMRI(核磁気共鳴診断装置)検査などの診察を受けた。検査結果が出ていないが、チーム関係者はひざの軟骨損傷と重傷の可能性も示唆した。
 さらに黄善洪も左腰の痛みを訴え、精密検査を受けることになった。チームはこの日、キャンプ地・慶州(キョンジュ)で調整。10日には米国と対戦するが、ヒディンク監督が「過小評価してはならない。フィジカル面でもとても強い」と警戒していた通りにポルトガルに快勝。負傷者続出に思わぬ難敵と歴史的白星のお祭り気分も吹き飛んでしまいそうだ。

 ≪ポーランド 眠くて負けた≫ポーランド関係者が韓国戦当日の4日午前3時ごろ、韓国サポーターに睡眠妨害に遭い「韓国がホームアドバンテージを巧みに利用した」と主張した。釜山市内の宿泊ホテル前で韓国サポーター約20人が騒動を起こし、選手の大半が眠りから覚めてしまったという。エンゲル監督も窓を開けて騒ぎを制止しようとしたが、収まらずに警察も出動。さらに「後半はボールボーイがわざとボールを遅く投入したり、韓国は組織的に試合の邪魔をした」とヒートアップする韓国応援団の被害者であると訴えた。

 ≪4000万人が勝った≫悲願の初勝利を挙げた韓国では5日、スポーツ紙を含む全紙が5日付の1面トップで前夜の試合を大きく報道、テレビ各局は朝の定時ニュースのトップでゴールシーンの映像を繰り返し放映し、全国各地で狂喜する市民の様子を詳しく伝えた。スポーツ朝鮮紙は「感激 初勝利」「壮快 痛快 歓喜」「4000万人が勝った」などの見出しで国民全体の勝利として伝えた。また、ソウルや釜山では5日未明まで赤い応援Tシャツを着た若者が韓国国旗を振り国歌を歌いながら大通りを練り歩く姿が見られた。(以下略)
あ、安眠妨害…凡そホスト国のやることじゃねえ(;´Д`)
ポーランドは文字どおり「泣き寝入り」だな…。
6月4日
【DING! DANE! ROUND TWO: KOREA: SOCCER FACTS】Daily Mirror
Thursday 4 July 2002 09:45:34am
SOUTH Korea claims to have invented football 1,500 years ago when teams of aristocrats invented a game known as Chukguk, kicking around a fur-covered ball of cloth.
THE country - population 46million - first qualified for the World Cup in 1954 in Switzerland but had never played on grass before. Sixteen goals were scored against them - they scored none.
THIS is their fifth consecutive World Cup. Coach Guus Hiddink - formerly the Holland coach - has been with the team for 18 months and preaches Total Football.
THE Dutchman experimented with 50 players and gave the side physical and mental toughness. Hiddink was voted "Most Suitable Husband" material in a poll of Miss Korea contestants. It was even suggested the country's constitution should be changed so he could run for President.
CHA Bum Kun, the country's greatest player, has played 10 years in the German Bundesliga. The country's two official supporters' clubs practised cheering sessions before the competition.
THE country spent £1.4billion building 10 new stadiums for the World Cup. The country's K-League has only 10 teams - three of them owned by car giant Hyundai.
FIFTY thousand screaming Korean fans urged their heroes to their shock defeat of Portugal yesterday.
韓国には1500年前からサッカーがあった、ですか?てすると高句麗の時代から?そういう電波発言は日本相手に留めとけ(藁)
【From Japan with Love 】SoccerCentral
Thur, July 4, 2002
www.soccercentral.ie have broken all our previous records for visits and page impressions during the Republic of Ireland's World Cup campaign and the traffic was so heavy (four unique visitors per second) on Sunday immediately following the penalty shoot-out defeat to Spain that the server almost crashed.
We have received many, many emails and messages posted to our moderated message board and would like to publish the following from Umeda Yoko who mailed us from Japan with observation of how Japan and the Japanese people viewed the Ireland team and supporters.
"Hello. I am one of many Japanese supporters for the Irish Squad. and I am writing to thank you for this wonderful site (soccercentral.ie) where we can express how much we love the Irish team !
Every game in which the Irish squad fought was very tough but the players always did their best. They would never give up every game till the final whistle was blown no
matter how difficult to score.
The equaliser by Mr. Holland was beautiful, the goal in the injury time by Mr. Keane was moving and the shots by Mr. Breen and Duff were great.
Every play by every players will never be forgotten an nothing can break the bond of the squad !
There have been many good games and powerful teams in this tournament, but no teams have moved people as much as the Irish squad did.
No countries have increased the number of supporters as many as Ireland have.
They can be proud of how they played, they do deserve to be welcomed to your country.
I'd like to thank every Irish player, staff, Mr. McCarthy and all the supporters for coming to my country and presenting us great impressions.
Please tell the squad how much you are loved by Japanese supporters as well as Irish !
WE LOVE YOU ALL !"
いやはや、自分が褒められたわけでもないのに照れますな(^^;。
6月3日
6月2日
そういやこんなこともありましたな。
【ブラッター会長の刑事告訴検討=資金流用疑惑で鄭副会長−FIFA】
国際サッカー連盟(FIFA)の鄭夢準副会長(韓国サッカー協会会長)は8日、ソウル市内で記者会見し、「ブラッター会長は理事会の承認なしにFIFAの資金を私的な贈り物に流用した。このような職権乱用とFIFA資金の流用行為は検察調査を受けて当然」と述べ、ブラッター会長を刑事告訴する可能性を示唆した。
 鄭副会長は「スイスの報道によると、FIFAはブラッター会長の任期中、5億ドルの財政損失を被った。FIFAの名誉回復のために徹底的な調査が必要」と語った。
 また、今月末に当地で行われる会長選に関し、「(立候補者の)ハヤトウ副会長(カメルーン)は、当選したら、2006年ワールドカップ(W杯)からアジアの出場国枠を2.5から5に増やすと約束した」などと述べ、同氏への投票を呼び掛けた。 (了)[時事通信社 5月8日 12:48更新]
狐と狸の化かし合いですかねえ?
6月1日
開幕戦のフランス―セネガル戦は1-0でフランスが敗れるという大波乱で始まった。
セネガルは戦前フランス領だったことから、地元では新聞に「歴史を作った」と書かれるほどの、独立時並みの狂喜乱舞ぶりだ。
ところで、開幕戦と言えばこんな噂話があった。
【日本を手玉に取る「辣腕」 W杯を仕切る韓国・鄭夢準氏】
 観客動員のため、中国戦を韓国に引っ張ったのも、この男の力だった。
 FIFA会長選、大統領選出馬の噂もあるが、まずはW杯成功がカギだ。

 12月1日の韓国・釜山(プサン)でのW杯組み合わせ抽選会を前に、
「抽選用のボールが、韓国側に都合のいいよう、事前に細工されるのではないか」
「韓国での開幕戦は、(前大会優勝の)フランスと中国の対戦らしい。開会式には中国の江沢民(チアンツーミン)主席が出席するからだ」
という「怪説」が、共催する日本組織委周辺で出回ったという。
 ふたを開けてみれば、韓国は強豪ポルトガルと同じ組。日本の方が決勝トーナメントに進みやすそうな顔ぶれの組に入った。中国とフランスは別の組だ。冗談半分とはいえ、悪質なデマだった。

 ○中国戦開催を「予告」
「彼の腕力だったら、やりかねない、という不信感とも恐怖心ともとれる見方があるんです」
と関係筋はいう。韓国組織委員長で、国際サッカー連盟(FIFA)副会長、鄭夢準(チョンモンジュン)氏(50)のことだ。
 今大会では、中国が日本ではなく韓国でリーグ戦を行うことが抽選会3日前の会議で決まったが、事前の根回しでまとめたのは鄭氏だ。韓国はW杯のチケット販売が低調で、中国人観戦客の大挙来訪を期待している。鄭氏は発表前日に韓国放送局のインタビューで、決定を「予告」してみせた。
 抽選会で、鄭氏と日本サッカー協会の岡野俊一郎会長という「開催国の代表」ふたりがクジを引いたのも異例なことだった。
「公正さに誤解を生む恐れがあるので普通、関係者は参加しない。今回は鄭氏がどうしてもやりたいと主張し、岡野氏は嫌がったが、押し切られた。しかしグループ割りの抽選は最後まで拒否し、グループ内の試合順を決める2次抽選に出ることで妥協した」(関係筋)
 韓国有数の企業グループ「現代(ヒョンデ)」を一代で築いた故・鄭周永(チョンジュヨン)氏の六男で、現代重工業の大株主。ソウル大卒で、米有名大学の国際政治学の博士号を持つ。4期目の国会議員でもある。
「地元の蔚山(ウルサン)はグループの工場が立ち並ぶ『現代城下町』。無所属なのは、選挙で大物政治家に頼らずに勝てるから」(韓国人識者)
 人呼んで「蔚山の王様」だ。

 ○赤字なら失敗の烙印
 W杯開催に動き出したのは93年、韓国サッカー協会会長に就任してから。94年、アジア地区代表のFIFA副会長選に立候補し、32の加盟国・地域のうち日本と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を除くすべてを回り支援を要請、当選した。最近の著書で、鄭氏は、
「(ソウル五輪実現の立役者だった父と)行動をともにして、大きなことを成すためには、(大義)名分と人間関係がいかに重要であるかを悟った」
と振り返っている。
 2002年W杯は当初、FIFAで絶対的な権勢を誇っていたアベランジェ会長(当時)が支持する日本の単独開催が有力と見られた。が、副会長として理事会入りした鄭氏は、アベランジェ氏との対立を深めつつあった欧州サッカー連盟のドン、ヨハンソン氏と親交を深める。開催問題は96年5月のFIFA理事会で、日韓の共同開催で決着したが、鄭氏は、
「アベランジェを牽制するため、韓日共催という新しいカードを握った改革派の勝利」
と書いている。翌月、マレーシアで開かれたアジアサッカー連盟総会のパーティーで、鄭氏は「仇敵」アベランジェ氏の誕生日を祝おうと呼びかけ、壇上に引っぱり出した。そのしたたかさに比べ、日本の出席者は黙々と料理を口に運ぶだけだったという。
 来年、ソウルで開かれるFIFA会長選か、「次かその次」の韓国大統領選に出る、との噂が絶えない。本人もインタビューで「出ない」とは明言しない。しかしまずは、W杯の成功が不可欠だ。
「何もかも恵まれた目立ちすぎる男に、世間はそう寛容ではない。国の威信がかかるW杯終了までは、みんな足を引っ張らないが、大会が盛り上がらず、失敗の烙印が押されれば、非難が集中するだろう」(韓国人識者)
 W杯は彼にとって、将来がかかる一大勝負かもしれない。(編集部 小北清人)
(AERA 2001.12.17)
いや、「悪質なデマ」じゃなくて「本当の話」だろうが。
・開幕戦に前回優勝国を持ってくるための作為。
・隣国中国からの観客を見込んでの作為。
どちらも予測されていたとおりなんですけど。朝日も何だかなあ…さすが赤寄り。
5月31日