(c) 2001- Hajime NISHIDAI : All Rights Reserved.

Dai3 House



【 にしだいさんの Home へ戻る 】

ここまでおいでになったのは、 count 人めです。
お暇つぶし程度にしかなりませんが、ごゆっくり…。(カウント開始 2001. 2/1)


“だいさんネコの年賀状ぎゃらりい”

もともと Web Page を立ち上げるのに、“合唱団の電子広報”以外のコンテンツ …特に個人的な創作物の Page …を作ることはほとんど考えていなかったの ですが、1つだけ「もしかすると、作ってもいいかな?」と思っていたものが、 この『年賀状ぎゃらりい』。 足掛け6年目にして、ついに開設です。 (2001. 2/1 記)
最初の6年分をアップしてから ほぼ1年あまり放ったらかしにしておりましたが、 このお正月休みでようやく次の8作を。“母屋の奥”へもどうぞ。(2002. 1/6 追)

茶 室

だいさんねこが生まれた頃

母屋のおもて

 トレースと切り張りの頃 

母屋の奥

だんだん自筆に…

離 れ

年賀状じゃないのを

PC部屋

CGになってから


…少しお話などを…

種の起原

先に白状してしまうと、この『だいさんねこ』なるもの、オリジナルは 私(西台)の創作ではありません。さかのぼること もう二十数年(!) になりますが、 通っていた高校の1年後輩 ふじい けいこさん の筆から生まれた『ねこ達』の 中の一匹だったのです。 この『ねこ達』はみんな彼女の友人知人の“分身”、 彼女の観察眼のたまものか不思議に特徴を捉えて笑いを誘うものでした。

ふじいさんは当時 高校の“漫研”の部員。私はコーラス部員で、元々は接点がほとんど無いはず だったのですが、彼女とコーラス部の後輩連中が親しかったこと・その年の学園祭実行委員に 腐れ縁の「I川氏」と私が3年生では只2名だけ Full Time で参画していたこと等があって 面識ができ、『Iかわねこ』『だいさんねこ』が他のねこ達に仲間入りしたのでした。

その頃のねこ達の“住み家”は主に後輩連中の雑記帳やノートの隅っこなどで、 『だいさんねこ』も私の手元にはたった1匹だけ…コーラス部の定期演奏会の入場整理券の ウラに書いてもらったものがあるだけ…でした。高校を卒業する直前になって、私はこの ユーモラスなねこ達を手元に集めたいと思い、後輩連中に頼んで借り集めて 『だいさんねこ』を中心に切り貼りでまとめてコピーさせてもらったものがあります。 卒業後しばらくはこのコピー紙面1枚だけで、『だいさんねこ』がそれ以上に増えることは ありませんでした。
あ そうそう、卒業して4年目くらいだったと思います、コーラス部のOB会でお揃いの Tシャツとトレーナーを作ろう!ということになって、ふじいさんに“ねこ猫ねこ”で 当時のメンバーのイラストを書いてもらったのでした。その時に1匹だけ『だいさんねこ』 も増えていましたね。


年賀状デビュー、そして…勝手に増殖

1984年…元旦の夜に父方の祖父が他界しました。午前中には 挨拶の電話を交わした位で、全くの突然の…大往生でした。 祖父は“画家”でした…画業で生計を立てるには至っておりませんでしたが… こつこつと自分の作品を書きためていました。そして実は、親族一同が 祖父の水墨を原画にして毎年の年賀状を作っていたのです。
その年の暮れ、わが家では「正月早々のことだったから、ご挨拶ご遠慮をする までもないだろう…。」ということで、年賀状の準備をすることになったの ですが、図案を考えようというのに苦心惨憺。 なにせずっと “ありもの”の原画をいただけば済んでいたのですから、絵心の無い者では すぐには思い付きません。(困った事に、祖父の画才を受け継いだ者が 親族にほとんどいない、というのも事実…)私の父親は、自分で何かの図案を 考え始めていたのですが、祖父のものならまだしも“わざわざ親父の絵柄”に 便乗するのは、ピンときません。 自分らしいネタはないものか…と 考えていた時、ふいと思い付いたのが『だいさんねこ』の複写でした。

1985年 1月。『だいさんねこ』の年賀状デビューです。この時はなんと ガリ版刷り!。そうです、ロウ原紙にヤスリ板,鉄筆、そして謄写版に インキローラー。。。「プリントゴッコ」を使いはじめるのも翌年からで、 最初の年は本当に有り合わせの(レトロきわまりない)道具で始まったのでした。
でも、『年賀状の図案』のアイデア方針は この最初の1枚でほとんど 決まってしまっていました。
  ●干支を登場させる
  ●諺なり、有名な語句なり、時勢のハヤリ言葉などを織り込む
あと、年によっては「西台の何かの近況を表す絵柄」になっていたりします。最初の 1枚も「裏の近況」が入っているものでした。(ネタばらしは、ねぇ。…ウシさんにでも 尋ねて下さいね。)

最初は「まあ、干支のひと回りでもシリーズにしてみようか…。」と 12枚で終わりにするつもりだったのですが、実は12枚めの「ねずみ年」を書いている 最中に、次の年のネタを思い付いてしまったのです! ちょっと迷いました。  『模写とコラージュ』で始まったものですが、続けて書いているうちに“自分で” 書いている(つもりの)部分が増えてきたように思えて、止めるのが惜しいと思って しまいました。…結局、えいやぁ!で二回りめに突入です。

実はこの12枚目、自分の干支なのですが“駄ネタ”だったということも。書きながら “これで終わりにするのは悔いが残るなぁ…”と思ったのも事実です。

こうして、勝手に数を増やす事になってしまった『だいさんねこ』、無事に次の「ねずみ年」 までネタが続くのかは定かではありませんが、とりあえず年に1枚ずつ増殖中です。

前口上が長くなってしまいました。とりあえず『だいさんねこ』の百面相!?を ご覧下さい。


【 にしだいさんの Home へ戻る 】