はじめての よしぎゅう   .....脱力系のふぉんとでご覧頂けると幸いです。

  ってなわけで、行ってまいりました、吉野家です。 以下、迫真のレポートをこれへ。



敵を欺くにはまず味方から。


あぢが、ドキドキ胸きゅんの「ロストぎゅージン」にふさわしい舞台として        
目をつけたのは、華々しい河原町通りに面した明るい「河原町三条店」ではなく      
うらさびしい風情をふんだんに残した、吉野家「四条大宮店」なのでありました。     

皆が家路と急ぐ夕暮れ時、おそるおそる店内を覗く。ひ・・・・ヒトが少ない〜(爆)   
そもそもその日はおなかが空いていなかったので、とりあえず写真だけおさえとこ、    
くらいのつもりで、おもむろにデジカメを取り出す。と、
看板看板・・・と。       
外景も欲しいけどなー。これはバスの中からじゃないと撮れなさそうなので        
今回は見送るコトにした。<って、これも空恐ろしい考えだナ              

さて、入り口でもおさえるかなー。。。でもココからぢゃ店員さんに丸見えやし〜とか   
葛藤してたら何だかサッパリ判らない写真が撮れた。しかもフラッシュ切り忘れ(核爆)  
ぴゃかっ!っとかなった瞬間に自覚し、カバン抱えて脱兎の如く逃げたのは言わずもがな。 



いざ鎌倉。


そして決戦の火蓋は切っておとされたのである。ってか、牛丼食べるだけだろうが(爆)  
京都市バス26番で大宮へ乗りつけ、わき目もふらず、むかうは「吉野家 四条大宮店」ッ! 
ドアの前に立つ!・・・開かないッ!(何故爆) ハッ!これは・・・          
いきなり突入前に「押して下さいボタン」を見落とすという初歩的ワナに引っかかりつつ。 
いきなりクロウトぶりっこ失敗!しかし、落ち着いたフリを取り繕って
店内へ。      

ざっと見回すと客は五人。ぅ若い男性二人連れとおじさんが二人、持ち帰り客のおばちゃん。
空いていたので、奥に陣取ってみた。すみっちょスキは小市民の証である。        
ココなら店員の動きも見えるしね!(きらりんッ★)<言い訳臭い            

程なく何だか妙に弱々しげな店員さん(以下「あんちゃん」と呼称)の          
弱々しげで投げやりげな「いらっしゃいませ」の声と共にお茶が。            

  あんちゃん:「ご注文は?」                           

おお・・・・青い湯飲みにまさしく「吉野家」の文字。<当たり前            

  あんちゃん:「あのー。ご注文は・・・・」                    

聞けよヒトの話(爆)>俺                              

    あじぽん:「あ、並で。牛丼の並」                        
 あんちゃん:「並ですね。・・・なぁみいっちょー!」             
            ↑なんかいきなり大声(汗)          

をい!「とくもり!つゆだく!」は? 。。。あ、卵も忘れてやがるッ。。。       

華麗なる「ロストぎゅージン」 大 失 敗ッ!(爆)      

ま、出だしですっころんだし、今さら見栄はったってしょうがないしぃ・・・(苦笑)   
注文して間もなく、お持ち帰りのおばちゃんが去る。 ああ・・・行ってしまわはるぅ(笑)
入れ違いに並が届く。をお・・・これがまさしく(以下省略)              
デジカメ出して写真撮ろうかと思ったけど、さすがにやめました。だって冷めちゃうしぃ。 

短期決戦! 許された時間は5分だったな・・・・時計を見つつ、かっこむ。       
7分。ちっ<をいをい                                
その間に若者二人は去り、三人連れの若者達とパンクなにーさんが御来店。        

それを横目にコメツブ一粒ももらさじ、と平らげ、お茶のおかわりをいただく。      
すぐノド乾くヒトなので、お茶のおかわりしやすい雰囲気のお店はありがたい。      
うすくもなく、熱くもなく、適温でヨシ。ぷはあ、満足。                
滞在時間15分<長いって。。。 だってヒマそーだったからサ。            



闘い終えて、日が暮れて。


んで。残すはおあいそなワケだけど・・・・おあいそといえば。ばあやの説法再び。    

  お勘定はさ、                              
  きっちりちょうどのゼニを置いて、「ごちそうさま」            
  って去るといいかにゃ〜と思ったんだけど、                
  最初だからナ。                             
  間違えたりすると恥ずかしいからナ。                   
  「おいおい、ネエチャン、ぜんぜんたらねえよ。」             
  とか言われたりしてナ。                         
  「ごちそうさま」→「ごっつぉさん(短く)」が欲をいえば理想。      

出来ませんでした。<なにしにいったんだよぉ(爆)                  

っとまぁ、こんなトコロでしょうか。よかったー、恐くなくて(笑)           
ちょーど100円引きキャンペーン中だったため、しめて300円ナリ。         
税込みなのはええですなー。今度はサラダとお新香にも挑戦しよっと。          

結論! よしぎゅー、美味しいわ。うん。<そ・・・それだけ?(爆)



次の企画もあるにはあるのだけど・・・


前ページへ戻りますか?


◆ とっぷぺーじへ れっつらごぅ!◆

文責・あじぽん 1998/10/18 UpDate...